失恋 好きな人 片思い

好きな人を忘れるには、どうしたらいい?

投稿日:2017年11月23日 更新日:

「好きな人を忘れるには、どうすればいいの?」と悩む、あなた。

 

好きな人を忘れる方法は、3つあります。

① 連絡先を消し、思い出の品を捨てる

② 会わない

③ 自分の好きな事や楽しい事に没頭する

Sponsered Link

 

好きな人を忘れるには?:「連絡先を消し思い出の品を捨てる」

好きな人を忘れるには、好きな人からのプレゼントや一緒に写っている写真、携帯の連絡先、LINEのIDなど、すべて消して捨てましょう。

 

好きな相手を思うと捨てるのは辛いことですが、いつまでも持っていると忘れる事はできません。

 

しかし、あなたが好きになれた相手です。好きになれた事、幸せな気持ちをくれた事には変わりはありません。

 

ですので捨てる際は、感謝しながらお別れをしましょう。それが好きな人を忘れる為の第一歩です。

 

好きな人を忘れるには?:「好きな人に会わない」

好きな気持ちが忘れられないと、好きな相手がいる職場の集まりなどに無意識のうちに足を向けてしまうかもしれません。

 

しかし、それでは「好きな人を忘れたい」と思っていても、忘れる事はできません。

 

相手から直接誘われるのも勿論ですが、友人などにも、好きな人がいる集まりには勇気を出して断りしましょう。

 

「好きな人を忘れる」と決意したのならば、あなたからは関わらないことです。

Sponsered Link

 

好きな人を忘れるには?:「好きな事や自分磨きに没頭する」

あなたの好きな事、楽しいと思えることは何ですか?

 

もし、好きなことや楽しい事があるなら、その好きな事に没頭してみてください。

 

そうすることで、結果的に好きな人を忘れる事ができます。

 

もし、あなたが「好きなことは、特に無い・・・」場合は、恋愛以外に目を向けてみて下さい。

 

あなた自身が「楽しい!」と心から思えることを探してみてください。

 

例えば、あなたの興味のあることを調べてみてチャレンジすることで見つかる可能性もあります。

 

また、あなた自身を磨くために〝ジム等に通う〟のも一つの手です。

 

例えば、ダイエットをしたいなら、体重目標を決めてジムに通ったり、運動をするのも良いですね。

 

または、あなたが興味のある何かの教室に通うのも良い方法です。

 

その他にも、恋愛以外の映画のDVDを借りて来たり、友人と買い物に出かけたりすることもできます。

 

気付いたら好きな人の事を考える時間が減っていき、結果として好きな人を忘れる事ができます。

 

まとめ

 

好きな人を忘れるために一歩前に足を踏み出すことは、とても勇気がいることです。

 

ですが、一歩前に行けたら二歩目三歩目はカンタンになっていきます。

 

そして、好きな人を忘れるための行動をすることで「忘れなきゃ」と思いつめるのではなく、「忘れられたら良いな」と、少しづつ気持ちが楽になっていきます。

 

「あの人が好き」という気持ちを、「あの人を好きで良かった。ありがとう」と感謝でき、過去形に出来るのです。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれるハッピーな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link

-失恋, 好きな人, 片思い

執筆者:

関連記事

失恋した彼を見返すには、どうすればいい?【体験談】

「失恋した。彼を見返したい!」という、あなた。   彼を見返すためには、あなた自身が「幸せ」になる事です。   悔しい気持ちをバネにして努力することで、今よりもっと綺麗に輝き幸せに …

好きな人がいるのに他の人に告白されたらどうしたらいい?

「好きな人(Aさん)がいるのに、他に好きになってくれる人(Bさん)がいる。どうしらいいの?」と、悩むあなた。   そんなときは、難しく考えることはありません。   もし、あなたがA …

彼氏と別れたあとの過ごし方とは?

「彼氏と別れたあとの過ごし方がわからない・・・」あなた。   彼氏と別れて急に一人になると、寂しいですし、どう過ごして良いか戸惑いますよね。また、別れた後は「辛い気分を紛らわしたい」気持ちに …

両思いなのに恋人になれない5つの理由とは?

「両思いなのに、なぜ恋人同士になれないの・・・?告白してくれない理由って?」と、疑問のあなた。   その理由は、5つあります。 ① 告白のタイミング見計らっている ② 男性の優先順位 ③ 両 …

好意を伝える3つの方法とは?体験談

「好意を伝えるには、どのように伝えたらイイのだろう?」と、悩むあなた。   男性に好意を伝える方法は、3つあります。 ① 性格や持ち物を褒めてプチ告白する ② 一緒に歩く時に、彼の服を一つま …