年下の彼女がいる彼氏の悩みって?【体験談】

「年下彼女と付き合う彼氏の悩みってあるのでしょうか?」と、疑問のあなた。

 

彼氏(男性)によって悩みは違いますが、実際に年下の彼女と付き合っていたときの管理人(男)の悩みを、2つお届けします。

① 甘えられない

② 彼女のワガママが多くなり依存される

Sponsered Link

甘えられない

年下彼女の彼氏だった管理人の悩みは、「年下の彼女なので甘えられない」ことが悩みでした。(あくまでも管理人の場合です)

 

ただ、彼女との年齢差が10歳あったのと、大学生の22歳で、正直「仕方ない」とも思っていました。

 

彼女は実家暮らしで自立していなかったので、余計にそう思って付き合っていました。

 

年下の彼女といっても、もし彼女が26歳位の社会人なら気持ちは違います。

 

彼女が甘えられるような、大人の女性になってきている場合もあるからです。

 

ですので、年下彼女でも社会人になっていると付き合っていて楽でした。

 

彼女のワガママと依存が悩み

年下の彼女と付き合っていて悩んだのは彼女の依存とワガママでした。

 

例えば、6歳ほど年齢が離れた年下の彼女と付き合った時は、彼女のワガママが行き過ぎていたり、彼女の日々の楽しみが自分に「依存してしまうようになった」ことが悩みの種でした。

 

どうしても、好きな彼女なので出来る限りワガママは聞いてました。

 

ですが、きっとそれが良くなかったのかもしれません。

 

彼女のワガママを聞き続けて答えていった結果、彼女に依存されだした時は、彼女を好きでも「離れたいし別れたい」気持ちになりました。

 

また、彼女に依存について話しても、彼女は「理解できてなかったこと」も悩みでした。

 

ただ、年齢の離れた年下の彼女なので、同年齢の女性と付き合うよりも〝なんでも許せる気持ち〟になれます。

 

そして、年下なので〝怒る気にならない〟というのが本音でした。

Sponsered Link

 

まとめ

 

年下の彼女がいる彼氏の悩みは、彼女の年齢や状況・性格・学生か社会人か?等によって変わります。

 

ただ、年上の彼氏にしてみたら、〝悩み〟と言うほどのことではない可能性もあります。

 

その理由は年下の彼女と付き合うことで、悩みや問題になることも、その悩みを年上の彼自身が解決することができる場合もあるからです。

 

ですので、あなたは、年上の彼氏の感じていることは、あまり気にせず思いっきり甘えて良いのではないでしょうか?

 

ただ、それが行き過ぎると彼氏も人間なので「しんどいと感じることもある」かもしれません。

 

片方だけではなく、お互いに思いやれて配慮しあえる気持ちのバランスは、年上彼氏と年下彼女が付き合う上で大切だと感じます。

 

あなたの疑問と悩みが解決し笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link