付き合う前のデート間隔って、どれ位が良いですか?【体験談】

「付き合う前は、どれくらいの頻度でデートをすればいい?」という、あなた。

 

付き合う前のデートの間隔は、1~2週間に1度位の間隔をおススメします。

 

1,2週間位の間隔があることで、お互いに新鮮な気持ちでデートができて飽きづらいからです。

 

ですが、必ずしもそれがベストというわけではありません。

 

もし、お互いに「会いたい」と思える関係性であれば、間隔は気にしなくても良いのです。

 

つまり、一週間に2回デートをしてもOKな場合もあるということです。

 

しかし、相手の気持ちがそうでもない場合には、しつこく誘うと嫌われてしまうので、2~3週間間隔でデートに誘ってみてはいかがでしょうか?

 

ただし、あまり間隔が空きすぎると、相手の気持ちが冷めてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

 

ここでは、以下の6つの付き合う前のデートの間隔について具体的に解説します。

① デートの間隔は二人の関係性で決める

② 頻繁に会うと飽きられる?

③ デートの間隔が空きすぎると冷めてしまう?

④ デート日の提案は候補日を複数挙げる

⑤ 付き合う前の3回目にデートに誘うタイミングは、いつが良い?

⑥ 適度な距離感を保つことが必要な場合もある

Sponsered Link

デートの間隔は二人の関係性で決める

付き合う前のデートの間隔は、二人の距離感や相手に対する気持ちによって決めるとよいでしょう。

 

例えば、もし二人の気持ちが高まっていて、「会いたい」と思うなら我慢しないで会った方がよいです。

 

しかし、もし「少し考えながら会いたい」と思えば、もしくは相手が忙しそうだったり、あまり乗り気ではないようだったりすれば、間隔を空けてデートに誘ってみることです。

 

相手がどう思っているかわからない場合は、目安として社会人なら多くても1週間に1回か2週間に1回程度。

 

学生なら1週間に1~2回程度がよいでしょう。

 

学生の場合は時間の融通がききやすいので、デートの時間も取りやすいものです。

 

相手に少しでも気持ちがあれば、時間があれば会うでしょう。

 

社会人になると仕事の関係で、自由な時間が取りにくいもの。

 

無理にデートに誘っても断られる可能性があります。

 

相手の忙しさや時間の都合に合わせてデートの頻度を決めるとよいでしょう。

 

頻繁に会うと飽きられる?

好きな人には頻繁に会いたいものですね。

 

相手も同じくらい気持ちが高まっていれば、頻繁に会ってもよいでしょう。

 

しかし、あまり会う回数が多いと、飽きてしまうのでは?と不安になる人もいるでしょう。

 

会って楽しい時間を過ごせれば、飽きるということはありません。

 

頻繁に会うことで、お互いのことをよく知ることができるでしょう。

 

飽きてしまうようなら、付き合い出してもすぐに飽きてしまうということ。

 

早めにお互いの相性を知ることができるので、お互いが会いたいと思うなら、頻繁に会ってよいでしょう。

 

デートの間隔が空きすぎると冷めてしまう?

せっかく盛り上がっていたのに、1ヵ月も会わないと気持ちが冷めてしまうこともあります。

 

しかし、また会って楽しい気持ちになれば、好きな気持ちが盛り上がってくる可能性もあります。

 

その場合は、1回目のときよりも好きな気持ちが、より高まるかもしれません。

 

もし2回目のデートで気持ちが盛り上がらない場合は、残念ながら縁がなかったということでしょう。

 

デートの間隔が空きすぎると、その時間に他に気になる人ができてしまう可能性もあります。

 

デートの誘いが1ヵ月以上なければ、相手としても「それほど本気ではないのかも」と思ってしまう可能性も高いです。

 

ですので、デートの間隔は空きすぎない方がよいでしょう。

 

デート日の提案は候補日を複数挙げる

1回目のデートが成功し、2回目、3回目くらいまではデートの間隔を気にしてしまうものですね。

 

デート日を提案する際には、候補日を複数挙げてみることです。

 

数日後、1週間後、2週間後を目安に聞いてみましょう。

 

2~3週間先の予定はわからないかもしれないので、おおよそその日くらいと決めておくにとどめ、近くなったら確認してみると良いですよ。

 

数日後も候補に入れることで、あなたの会いたい気持ちも伝わります。

 

複数の候補日を挙げることで、相手の都合を考えてあげることもできますね。

 

相手も決めやすいでしょう。

*関連記事:2回目のデートで告白は早いですか?

 

付き合う前の3回目にデートに誘うタイミングは、いつが良い?

意中の人と付き合う前の、あなたは「デートに誘うタイミングに悩む」事もあるかもしれません。

 

例えば、「三回目のデートに誘おう」と思っても、「タイミングが分からない。断られたらどうしよう。失敗したらどうしよう」と言う気持ちから、「デートに誘えない」と思っていませんか?

 

気持ちはわかります。

 

デートに誘うタイミングは、あなたの意中の相手が、「そろそろ会いたいな?」というサインをLINEやメールで出してきた時か、または、あなたのタイミングで出来る限り、相手の時間にゆとりがある時を指定して、あなたから積極的に誘いましょう。

 

ただ、付き合う前なら「そろそろ会いたい」という相手のサインを出してくるタイミングを待つのではなく、積極的に誘うべきです。

 

なぜなら、「デートに断られるのも失敗するのも当たり前」だからです。

 

もし、3回目のデートに誘う事に失敗しても「繰り返さなければ良い」のです。

 

そして、一番注意すべきは「受け身になり過ぎない」事です。

 

言わなければ思いは伝わらないからです。

 

断られる事や失敗する事ばかりを考え、何も行動しなければ、相手にあなたの気持ちをわかってもらえる事はありません。

 

また、3回目のデートが一ヶ月後のタイミングに設定するのは、時間が空きすぎます。

 

どうしても、お互いに忙しいなら、その期間はメールやLINEで2人の気持ちを温める事は仕方ありません。

 

しかし、そうではなく会える時間があるなら、せっかく盛り上がっているかもしれない相手の気持ちが、「脈がないのかも・・・」と、冷めかねません。

 

その意味でも、タイミングを推し量るより、相手の時間を考えた上で、3回目のデートの間隔は1,2週間後に設定し、積極的に誘いましょう。

*関連記事:デートは何時からが良いですか?待ち合わせ時間の決め方

 

適度な距離感を保つことが必要な場合もある

デートは「受け身になり過ぎないで、自分から積極的に誘おう」とお伝えしました。

 

ですが、相手の気持ちによっては、あまり急に距離を詰めすぎてもいけません。

 

その理由は、もし相手が「ゆっくり二人の仲を深めたい」と思っている場合、急に距離を詰めすぎると逆に、引かれることもあるからです。

 

そんな時は、相手のペースに合わせて、しっかりと二人の仲を進めて行きましょう。

 

1回目では「名前の呼び方」を変えたり、次は「手を繋いだり」など、少しずつで良いのです。

 

そして何より注意すべきは、デートの回数や間隔に注意するのではなく、あくまでも相手の求めるデートの間隔と頻度です。

 

あなたが大切にしなければならないものを、間違えないようにしてください。

 

デートプランは、しっかり決めておく

デートを成功させるには、相手が快適な時間を過ごせるデートにすることです。

 

デートプランは、あらかじめ決めておきましょう。

 

しっかり決めておくことで、相手は「自分のために時間を割いてプランを練ってくれたのね」とうれしくなります。

 

ただし、決めたプランがすべて成功するとは限りませんね。

 

相手が少しでもがっかりしたり、イヤそうな雰囲気を出したりしたら、すぐに変更しましょう。

 

そのための代案も考えておくのがおすすめです。

 

初めの頃のデートはお互い緊張するものです。

 

できるだけ緊張しない雰囲気のデートがおすすめ。

 

自然が多い、適度に人がいる、静かすぎない、といった点に注意して場所選びをしましょう。

 

食事もカジュアルレストランのような、気楽に食事ができる雰囲気のお店がいいですね。

 

デート中にさりげなく、相手の行ってみたい場所やどんなデートが好きなのか?を聞いてみるのもおすすめです。

 

次回のデートプランを立てやすくなり、誘いやすくなります。

 

デート中は相手の様子を細かくチェック。

 

疲れていないか、何か困った様子はないかさりげなくチェックして、困っている様子があれば、声をかけてあげましょう。

 

また、好印象を与えるには、清潔感、さわやかさ、を心がけた服装にしましょう。

 

爪はきちんとカットし、靴の汚れなどもないか確認しましょうね。

Sponsered Link

付き合う前のデート間隔。男性の体験談

管理人(男)の場合は、付き合う前に週に2,3回会ってデートをしていました。

 

自分が大学生で相手の女性は仕事をしていましたが、彼女の仕事が終わった後の隙間時間を狙って会ってましたね。

 

あまり、デート間隔という意識はなく、超積極的に誘っていました。

 

ただ、相手が会ってくれるのは、お互いにコミュニケーションも頻繁にとっていて、仲が良かったからです。

 

そして、その後のお互いが社会人の彼女の時の場合も、週に2,3回夜に会うこともありました。

 

やはり、その彼女とも電話で長く話して、良い関係性ができていました。

 

お互いに時間の都合をつけて会いたい気持ちがあったため、デート間隔に悩むことはありませんでした。

 

付き合う前のデート間隔。女性の体験談

私(Y.M:女)の場合、旦那様とお付き合いをする前は、毎日会っていました。

 

同じ大学だったので、わざわざ約束をしなくても会える環境でもありました。

 

授業が終わって、「この後どうする?」「ご飯でも食べてく?」「うん、そうしよう」という自然な流れで、食事に行ったり、時間があれば遊園地に行ったりして、遊んでいました。

 

一緒にいて楽しかったし、友達感覚だったので緊張することもありませんでした。

 

最初はお友達として付き合っていたのですが、ずっと会っているうちに好きになったパターンです。

 

毎日会ってもいても飽きることもなく、イヤになることもありませんでしたね。

 

まとめ

 

デートの間隔よりも大切なのは、相手の気持ちと二人の関係性です。

 

相手を思いやり、理解しあって信頼関係ができているなら、お互いにデートを楽しめますし、その結果デートの間隔は短くなり回数は増えますし仲もさらに深まります。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔でハッピーになれるデートができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link