「波長が合うね!」と言う男性の心理って?【体験談】

「『波長が合う』と言う男性の心理って、どんな気持ちですか?」という、あなた。

 

男性が「波長が合うね」と言う時の心理は、次の3つの気持ちが考えられます。

① 「相性がいい」と思う気持ち

② 嬉しい気持ち

③ 女性からの好感度を上げたい

 

ここでは、実際に好きな女性に「波長が合うね」と言った経験がある私(d.r:男)が、詳しく心理を解説します。

Sponsered Link

「相性がいい」と思う気持ち

「波長が合うって具体的に何が合うの?」と思う方もいるでしょう。

 

男性が波長が合うと言うときは、「お互いの相性がいい」とか「感覚が合う」という意味で使っています。

 

「気が合う」と言い換えてもいいでしょう。

 

価値観が似ているとか、共通点が多いと感じるときに「波長が合う」と言うんです。

 

実際に私(d.r:男)も、女性と「相性がいい」と感じたときに「波長が合うね」と言った経験があります。

 

特に深い意味はなく、スピリチュアルなことを意識しているわけではありません。

 

「考え合うじゃん!」くらいの気持ちです。

 

嬉しい気持ち


シンプルに嬉しくなって、「波長が合うね」と言った心理です。

 

①の心理と重なる部分もあります。

 

きっとあなたも好きな人と共通点が多かったり、同じことを考えていたりしたら嬉しいでしょう。

 

男性も同じで、やっぱり同じところがあったり、「フィーリングが合う」と感じると嬉しくなります。

 

その嬉しい気持ちを確認するように、「波長が合うね」と言いいます。

 

女性に「確かに!そうだね!」と言われ、共感されるのを期待しているわけです。

 

私(d.r:男)も、相手と同じことを考えているのが嬉しくなって、「波長が合うね」と言ったことがあります。

 

基本的に好意的に返してくれますが、女性によっては「えー、そうでもないよ」と言われてもガッカリしたことも…。

 

男性が「波長が合うね」と言うときは、肯定的な反応を期待しています。

 

もしあなたが相手の男性と「仲良くなりたい」なら、好意的な反応をしてあげるといいでしょう。

 

女性からの好感度を上げたい気持ち

実は男性の中には、好感度を上げるテクニックとして「波長が合うね」と言う人がいます。

 

人は「共通点が多い」とか「考えが近い」と感じると、親近感が湧いて相手を好意的に感じます。

 

それが、「好感度を上げたいなら共通点を探せ」と言われるゆえんです。

 

なので、あえて口に出し相手に「気が合うのかも」と意識させることで、好感度が上げられるわけです。

 

私(d.r:男)も、雰囲気を盛り上げるために「波長が合うね!」とか「考え似てるね」などと言ったことがあります。

 

このように、好感度を上げたいために意図的に狙って言う男性もいることを、頭に入れておいた方がいいでしょう。

Sponsered Link

「波長が合うね」と言った男性のエピソード【体験談】


私(d.r:男)は、好きな子に「波長が合うね」と言った経験があります。

 

当時好きだった子で、狙っていたのでよく電話もしていました。

 

その子と話すときに、「波長が合うね」と言ったんです。

 

「波長が合うね」と言った理由は、話していると同じことを考えているのが増えたのと、言葉遣いが似てきたと感じたためです。

 

自然と出た言葉でした。

 

もちろん「なんか使う言葉似てきたね。うつったかも」など他の言葉も言ったりもしましたが、その会話の中で「波長が合うね」とも言ったんです。

 

感覚が合うのを確認するように言い、相手も「そうだね」と言って肯定してくれたので、すごく嬉しくなった記憶があります。

 

まとめ

 

男性が女性に波長が合うねと言うのは、「相性がいい」と感じている「嬉しい」といった心理があります。

 

また、好感度を上げるためにあえて口にする男性もいます。

 

もしあなたが、男性と「親密になりたい」気持ちなら、好意的に返すといいでしょう。

*関連記事:恋愛の男性心理(男の気持ち)を、まとめて解説

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link