彼女を怒らせた時の男性心理って?【体験談】

「彼女を怒らせたときの男性心理が知りたい」という、あなた。

 

男性が彼女を怒らせた時の心理は、次の5つのいずれかが考えらます。

① 「ヤバい!」と焦る気持ち

②「ムカつく!」と怒った気持ち

③「申し訳ない!」と反省する気持ち

④「なんで怒るかわからない。面倒臭いけど謝るか」

⑤「こんなので怒るなんてカワイイな」

 

男性は彼女を怒らせて焦ることもありますが、反省していないことや、自分が悪いと自覚していない時もあります。

 

ここでは、実際に彼女を怒らせた経験がある、私(d.r:男)と管理人(男)が、それぞれどういう心理なのか?を詳しく解説します。

Sponsered Link

焦る気持ち

男性が彼女を怒らせたことに焦る気持ちです。

 

「悪いことをした」と思っていますが、それ以上に「早く仲直りしないとヤバい!彼女と別れたくない、許してほしい」という気持ちが強いです。

 

男性がすぐに必死になって謝ってきたら、このパターンの心理だと思っていいでしょう。

 

実際に私(d.r:男)も、彼女を怒らせて焦ったことがありました。

 

「別れる!」とまで言われたので、話し合いをしてどうにか説得しました。

 

「そのまま許してもらえないんじゃないか」と思って、ずっと不安だったのを覚えています。

 

ムカついて怒っている気持ち

彼女を怒らせたときに、男性もムカついて怒っている気持ちです。

 

この心理になった時の男性は、「なんで、怒ってるの?俺の方がムカついてるのだけど!」と思っています。

 

つまり、その時の男性は彼女が怒っている理由がわからず、全く反省もしていないし「自分が悪い」とも思っていません。

 

もし、あなたが怒っているのにも関わらず、男性がlineを未読無視をしたり「明らかに男性の口調や表情が怒りの声や顔をしている」ならば、このパターンの心理の可能性が高いです。

*関連記事:ケンカした彼氏がlineを未読無視する心理とは?【体験談】

 

実際に管理人(男)も、彼女が怒っているときに自分も怒っている気持ちの時がありました。

 

彼女に、あからさまに怒った態度をだしていました。

 

そのような時は、男性を放っておきましょう。

 

あなたが怒り続けても、男性も怒りが増幅する可能性が大きいです。

 

そして、少し離れて時間をおきましょう。

 

時間を置くことで、男性が冷静になり自分の非に気づく可能性もあります。

 

しかし、もし男性から謝罪の言葉が無い場合は、あなたと男性がお互いに冷静になってから、あなたから謝ってみましょう。

 

そうすることで、男性も謝ってくれるかもしれませんし、あなたの気持ちを聞く姿勢ができます。

 

その上で、「なぜ怒ったのか?」理由を伝えてあげたら良いでしょう。

*関連記事:喧嘩して音信不通の彼氏の心理って?仲直りするには?体験談

 

「申し訳ない!」と反省している気持ち

男性が彼女を怒らせたとき、「申し訳ない!」と反省している気持ちです。

 

「彼女を怒らせたのは、自分の〇〇の行動が悪かった」と自分自身で反省していて、自分に非があることを認識しています。

 

もし、男性があなたに「本当にごめん。自分の〇〇の行動が悪かった」と言ってきたなら、この心理のパターンです。

 

実際に管理人(男)も、このような気持ちになり、彼女に謝った経験があります。

 

このような時の男性は、彼女に「許してほしい」気持ちが強いです。

 

もし、男性が反省を踏まえて「今後は●●」すると言ってきたなら、寛大な気持ちで許してあげて下さい。

 

または、あなたが望む何かを「買ってくれたら許してあげる!」と言ってあげて、笑いで仲直りの方向に向かいましょう。

 

面倒で煩わしい気持ち

なぜ彼女が怒るのかわからず、「面倒で、煩わしい」と感じる心理です。

 

そんなときの男性は、「とりあえず謝って収めておこう」と思っています。

 

中には彼女と喧嘩して謝らず、そのまま放置する人もいるでしょう。

 

実際に私(d.r:男)も、「こんなことで怒るの?」と思って「煩わしい」と感じた経験があります。

 

恋人同士といっても他人ですから、価値観が異なります。

 

相手と接する距離感も違うでしょう。

 

当然怒るポイントも異なるので、このようなすれ違いが生じてしまいます。

 

こんなので怒るなんてカワイイな

彼女の怒る内容によっては、男性が全く反省しないことがあります。

 

女性が嫉妬して怒ったときによくありますね。

 

私(d.r:男)も、ネットで他の女性と仲良くしているのを見た彼女が不機嫌になったとき、つい「かわいい」という気持ちが先行してしまうことがありました。

 

あなたの彼氏が自分の不満を理解してくれない理由は、「かわいいと思う」気持ちか、「軽く考えている」といったことが原因かもしれません。

 

「本気で不愉快だ」ということを伝えた方がいいでしょう。

Sponsered Link

彼女を怒らせた男性の体験談①

管理人(男)も彼女を怒らせた経験があります。

 

彼女とベッドで寝っ転がっていた時、突然、自分の手を嚙まれてしまいました。

 

彼女は怒っているのですが、自分は何故怒っているのか?さっぱりわからず、とてもムカつきました。

 

自分も、かなり怒っていて態度に出ていたのを覚えています。

 

しかし、彼女も怒っているため二人とも無言で一緒にいました。

 

そのまま、彼女にほっとかれたため、じょじょに冷静になることができ、自分の非がわかり彼女に謝り仲直りすることができました。

 

また、別のケンカもありました。

 

彼女との約束の時間に自分が大幅に遅れて、とても怒らせたため、彼女の気持ちに共感して即座に反省して謝り「今後は必ず遅刻しないようにする」と伝えました。

 

なかなかすぐには許してくれませんでしたが、その後に、彼女に「●●を買ってくれたら許す」と言われたため、喜んでそのモノを買い仲直りすることができました。

 

彼女と喧嘩して怒らせた男性の体験談②

私(d.r:男)は彼女と喧嘩して怒らせたことがあります。

 

高校のときの彼女なのですが、メールでやり取りしながら、よくうっかり寝落ちすることがありました。

 

彼女に「いきなり返信がなくなるのは寂しいから、眠い時は先に言ってほしい」と言われ了承したものの、その日にまた寝落ちしてしまったんです。

 

自分としては、「疲れているからうっかり寝るのは仕方ないだろう」という気持ちだったのですが、彼女はそうでないみたいで、かなり文句を言われました。

 

理不尽さを感じつつも彼女のことは好きだったので、結局後日謝って、以後本当に気を付けるように言いました。

 

正直彼女が好きだったから自分から謝ったものの、気持ちがそこまでなかったら「面倒だ」と思って引いていたと思います。

 

今となれば彼女の言い分も理解できますが、若い当時は「困ったな」という印象が強かったです。

 

お互いに事情がありますし、彼女側と彼氏側で認識のズレがあるので、相手が思うような反応をしないときは気を付けた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

彼女を喧嘩で怒らせた時の男性心理は、焦り、怒り、困惑、楽観といった心理があります。

 

これらを参考にして、彼氏の気持ちを考えてみてください。

 

いずれにしても、お互いの気持ちをしっかり話し合うのが大事です。

*関連記事:彼氏と仲直りできるLINEの謝り方とは?【体験談】

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link