彼氏への謝り方。lineで謝る時に大切な3つのこと【体験談】

「彼氏と仲直りできるlineの謝り方を知りたいです」という、あなた。

 

彼氏と仲直りするためには、まず 彼氏が怒っている原因を理解することが必要です。

 

なぜなら、彼氏が怒っている原因を理解できていないと、ラインの謝り方の一つである反省を伝えることができないからです。

 

その上で、lineでの謝り方は3つあります。

① 素直にシンプルにストレートに謝る

② 言い訳をしないで反省していることを伝える

③ 愛情を伝える

Sponsered Link

彼氏が怒っている原因を理解する

彼氏と仲直りをするためには、彼氏がなぜ怒っているのか?を正確に理解することが必要です。

 

自分では気が付かないところで、彼氏を傷つけてしまっている可能性もあります。

 

女性と男性では考え方や感じ方において異なる点も多いものです。

 

自分の考えと彼氏の考えが違うことで、喧嘩になったり、謝っても気持ちが通じなかったりすることもあります。

 

ですので、なぜ彼氏が怒っているのか、自分の言動や行動を思い返してみましょう。

 

心理学の本にも男性心理について次のように書いてあります。

おそらく、女性のあなたがいったことに原因があるはずです。男性のプライド、自尊心、男としての立場のような、繊細で崩れやすいくせに偉そうな心のヒダのような部分に、たぶんあなたは一撃を入れたのでしょう。

普段なら気にもしない部分ですが、会話の所々で男性のそんな気持ちのヒダが目を覚ますことがあります。単純な例ですが、「俺、頭よくないから」と普段は自分でいっているくせに、女性から「あなた頭悪いんじゃない?そんなことも知らなくて」といわれたら、意地を張りたくもなります。

そんな些細なことなんです。打算も悪気もない、単純なのです。そして哲学も思想もない、ただの意地を張った言葉なのです。

女性も、自分の言動を反省しましょう。愛しあっていると、気づかないうちに相手を傷つけてしまうことは結構多いのですから。

『「男」についての100の質問』より引用 松本一起著 三笠書房

もし、「彼が怒ってる原因が思い当たらない」場合は、彼氏に聞いてみることです。

 

その際には、謝りたい気持ちと彼氏への愛情を示すことを忘れないようにしましょう。

 

lineでの謝り方で大切な3つのこと

lineでの謝り方で大切なことは、次の3点です。

①「素直にシンプルにストレートに謝る」

②「言い訳をしないで反省していることを伝える」

③「愛情を伝える」

まず、lineで次のようにシンプルにストレートに謝罪の気持ちを伝えましょう。

 

「本当に、ごめんなさい。反省しています」

 

そのうえで、“何を反省しているのか”“今後注意したいこと”を伝えましょう。

 

そうすることで、あなたの誠意が伝わるでしょう。

 

長文を書いても誠意が伝わるとは限りません。

 

言い訳に聞こえてしまう可能性もあります。

 

また、仲直りをするには、ラインで彼氏を責めないことが大切です。

 

なぜなら、彼を責めると彼氏の気持ちを逆なでしてしまい仲直りしずらくなってしまうからです。

 

また、言い訳をしたり、自分の非を彼氏のせいにしたりするようなことを書かないようにしましょう。

 

また、彼氏が怒っていてなかなか許してくれないのは、あなたの言葉や行動に”深く傷ついているから”かもしれません。

 

あなたの愛情が感じられず、悲しい思いをしていて悲しみが怒りになってしまっているのかもしれません。

 

その場合は、次のように彼氏への愛情をきちんと伝えることが大切です。

「あなたとケンカをしている状態は、とても苦しくていや」

「あなたに嫌われてしまうのかと思うと、悲しくてつらいです」

「こんなことで二人の関係を壊したくない」

といったように、彼への思いをしっかり伝えましょう。

Sponsered Link

会って謝る

lineの文章だけでは、どうしても気持ちがうまく伝わらないこともあるものです。

 

もし、あなたがそう感じたら、彼氏に会って謝りましょう。

 

lineで直接会って謝りたいことを伝え、返信を待ちましょう。

 

会って謝るときにも、仲直りをするにはlineのときと同じです。

 

素直な気持ちで謝り、彼氏への愛情を伝えましょう。

 

彼氏と仲直りができた体験談

私(Y.M:女)は彼氏と喧嘩をしても素直に謝れない性格でした。

 

自分が100%悪くて喧嘩をしても、自分から謝るのは負けだと思っていたのです。

 

心の広い彼氏だったので、そんな私を許してくれていました。

 

ある日、電話で話をしていたときに言い合いになってしまい、腹を立てた私は「もういい!」と言い放ち電話を切ってしまいました。

 

原因は私のわがままでした。

 

自分勝手な私は、すぐに折り返しの電話がかかってくると思っていたのですが、時間が経ってもかかってきません。

 

次の日も電話もメールもありません。

 

さすがに焦った私は、メールで「ごめんなさい」と一言だけ書いて送りました。

 

それからすぐに電話があり、仲直りができました。

 

後で聞いたのですが、彼氏は「メールに一言だけ書いてあった『ごめんなさい』に、反省の色が見えたからすぐに許した」と言っていました。

 

いろいろ書かなかったことで、気持ちがまっすぐに伝わったということでしょう。

 

私は謝り方がわからなかったので、一言しか書けなかったというのが本当のところだったのですが。

 

もちろん、ケンカの内容や性格などにもよりますが、そのときはそれで仲直りができて心からホッとしました。

 

まとめ

 

本気で謝っていても、その気持ちが彼氏に伝わらないこともあります。

 

特にlineやメールの文章だけでは誤解を招くこともあり、思いが伝わらないこともあります。

 

そのようなときはシンプルな文章で素直に謝ることです。

 

それでも仲直りできないときは、直接会って話をするようにしましょう。

 

また、大好きな彼氏が怒っている状態というのは、苦しいものです。

 

しかし彼の傷が深いほど、「ごめん。ごめん」などといった軽い言葉では仲直りをするのは難しいでしょう。

 

自分が悪い場合には、誠意を持って謝ることです。

 

あなたの思いが彼氏に伝われば、必ず仲直りができるはず。

 

雨降って地固まると言われるように、もっと深い絆ができるでしょう。

 

謝ることは決して負けることではありません。

 

自分の非を認められる大人の女性になりましょう。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link