「好き」と言ってくれる彼氏の心理と気持ちって?

「『好き』と、たくさん言ってくれる彼氏の心理(気持ち)を知りたいです。『好き』と言ってくれると嬉しいですが、毎回言われると『本当に?』と思ってしまいます」という、あなた。

 

「好き」と言ってくれる彼氏には〝3つの心理(気持ち)〟があります。

① 不安な気持ち

② 好きすぎる気持ち

③ 愛情を求める気持ち

 

ですので、好きと言ってくれる彼氏には、私も「好きだよ」と言ってあげて下さい。

 

そして、もしあなたが「好きばかり言う彼氏を疑ってしまう」気持ちなら、そんな時は彼氏の「好き」と言う言葉だけではなく、彼氏の「好き」と言う心理と彼氏の行動や態度も、しっかりと見極めるようにしましょう。

 

そうすることで、彼氏の本当の気持ちも見えてきます。

Sponsered Link

不安な心理

「好き」とたくさん言う彼氏の心理は、彼女の気持ちに不安をもっている気持ちの場合があります。

 

あなたの気持ちに不安なため、彼自身の不安を紛らわせるために、とにかく自分の愛情を伝えようと一生懸命なのです。

 

そんな時は、あなたの気持ちを彼氏に伝えて、彼氏の不安を減らしてあげるのも良いですね。

 

もしかしたら、あなたは彼氏に「好き」と言われれば言われるほど、あなた自身の複雑な気持ちから「好き」と言わなくなってしまっていませんか?

 

実は、彼氏はそんなあなたの態度から「不安な気持ち」になり、「好き」と言っている可能性もあります。

 

ですので、時々で良いので「好き」と言葉にして、彼氏の不安を取り除いてあげましょう。

 

もし、あなたが「彼氏に『好き』と言葉にするのが恥ずかしい」気持ちになる時は、ボディタッチを増やす事で彼氏に伝わる時もあるので、試してみるのも一つの手です。

 

ただ、「言葉にしないと気持ちは伝わらない」という言葉もあります。

 

好きすぎる心理

「好き」ばかり言う彼氏の心理は、本当にあなたにベタ惚れで、好きな気持ちがありすぎて「好き」と言っている場合もあります。

 

貴方のことが好き過ぎて、気持ちが溢れてしまっている気持ちです。

 

例えば、ずっとあなたのことが好きで「やっと付き合えた」場合、嬉しくて幸せで、とにかく「好き」と言いたい気持ちです。

 

そして、彼氏が彼女に「好き」と言い過ぎるときは、「彼女のことしか頭にない」場合もあります。

 

「暇さえあれば、彼女のことを考えている」ため、「好き」と言い過ぎてしまう。

 

彼女に依存している状態とも言えます。

 

そんな時は、「彼氏自身の楽しみを見つけてもらう」のも一つの方法です。

 

愛情を求める心理


彼氏が「好き」とたくさん言ったり「大好き」と言うときの心理は、愛情を求めている気持ちの場合もあります。

 

「こんなに大好きなのだから、自分をもっと好きになって!」と思っているのです。

 

または、「好きと言うことが愛情表現だ」と思っている可能性もあります。

 

もし、あなたが「彼氏に、たくさん「大好き」と言われて違和感を感じる・・・」のなら、「本来、愛情表現とは、そうではないのでは?」と、あなたが感じている証拠です。

 

そのように思ってしまう時は、彼氏のあなたへの行動を見極めるようにしましょう。

*関連記事:彼氏が好きな彼女にする行動とは?【体験談】

 

言葉とは裏腹に、本当の好きとは違うケースも考えられます。

Sponsered Link

「好き」ばかり言う彼氏には「好きだよ」と言ってあげよう

「好き」と言ってくる彼氏には、できるだけ彼氏の気持ちに答えてあげて、「好き」と言ってあげましょう。

 

ただ、「好き」という言葉を口に出すのは、何だか気恥ずかしいものですよね。

 

特に長く付き合ったりすると、なかなか「好き」と口に出さなくなるカップルも多いのです。

 

しかし、「好き」と口に出して言うことは、とても大切です。

 

好きな気持ちを言葉にしないと、いつの間にか少しずつ気持ちがすれ違っていたり、すれ違っているように感じることもあるからです。

 

気付けば2人の関係修復が難しくなり、別れてしまったり離婚してしまうカップルもいます。

 

とは言え、「あまり頻繁に『好き』ばかり言われると、重たく感じる」気持ちになるときもありますし、その気持ちを「彼にわかってほしい」ですよね。

 

そんな場合は「恥ずかしいから、そんなに言わなくていいよ。私も好きだし」と優しく言ってあげると、彼に伝わります。

 

もしくは、「1日1回は、LINEで好きって送ってね」なんておねだりすると、男性も嬉しくなり、あなたの言うことを聞いてくれるでしょう。

 

「好き」と言ってくれない男性が多い

世の中には、彼女になかなか「好き」という言葉を使ってくれない男性が多いものです。

 

なぜなら、男性は基本的に恥ずかしがり屋で、自分の感情を言葉にすることが苦手だからです。

 

そして、「言わなくても、わかっているだろう」「好きじゃなきゃ、付き合ってない」と言う男性もいます。

 

ですから、「好き」とたくさん言ってくれる、あなたの彼氏はとても貴重です。

 

「好き」と言われたら注意すべき彼氏の態度とは?

「好き」とばかり言ってくれる彼氏は、言葉通りあなたを「好きで好きで、たまらない」のかもしれません。

 

しかし、そんな彼氏でも、一部の男性には注意すべきタイプがいます。

 

それは「一途過ぎる」思いが故の「周りが見えない」・「あなたのことを全て知りたがる」タイプです。

 

あなた以外の「周りが見えない」ことで、自分が周りにどう見えているかがわかっていないのです。

 

ですので、自分が「ストーカー」と化していても、気付いていない可能性もあります。

 

また、「あなたのことを全て知りたがる」タイプの男性は、逆に「知らないこと」があると「裏切られた」と解釈し、逆上する可能性も秘めているのです。

 

「一途」なことは、「浮気症」な男性より良いように思えます。

 

しかし、一歩間違うと、あなた自身が危険な目に合う可能性があることも忘れてはいけません。

 

ただし、一途な「好き」と言葉にしてくれる男性全てが危険と言う訳ではありません。

 

彼氏の「好き」と言う心理と気持ちを、しっかりと見極めれば、彼氏があなたを幸せにしてくれるかどうかがわかります。

Sponsered Link

「好き」と言わない男性の心理

あまり、彼女に「好き」と言わない男性もいます。

 

彼女に気持ちを表す「好き」と言う言葉を、「ここぞ」と言う時に言う男性です。

 

その理由は、毎回「好き」と言えば言う程、真実味が薄れてゆくからです。

 

「好き」と言う愛情表現を行動で示したいタイプの男性です。

 

まとめ

 

何度も「好き」と言ってくる彼氏には、彼の気持ちを受け止め、あなたからも愛情表現をするよう努めましょう。

 

また、彼には「そんなに頻繁に言わなくても伝わってるよ」と優しく伝えましょう。

 

好きな相手に「好きだ」と伝える習慣は、とても大切です。

 

2人の気持ちの意思表示があることで、2人の関係が円滑になるからです。

 

多くの男性は、「好き」と言ってくれないことが多いです。

 

ですので、好きと言ってくれている彼に感謝を忘れないようにしてくださいね。

 

ただ、彼氏に「好き」と会うたびに言われていると、「本当に好きなのかな?」と不安になる気持ちもわかります。

 

しかし、男性は意外と単純です。

 

彼氏の態度や行動を見れば、彼氏があなたを本当に思っているかどうかは自然と見えてきます。

*関連記事:彼氏が好きな彼女にする行動とは?【体験談】

 

そしてたまには、あなたから「好き」と言葉にしてみれば、照れる彼氏の見たことのない一面が見れるかもしれません。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、彼氏と笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link