束縛がひどい彼氏の心理って?どう付き合えば良い?【体験談】

「束縛がひどい彼氏の心理って、どんな気持ちですか?、どう付き合っていけばいい?」という、あなた。

 

過剰に束縛をする彼氏の心理は4つあります。

① 自信がないので浮気されるか心配

② 過去に浮気された経験があり不安

③ 自分を好きでいてくれるか常に確認したい

④ 彼女が好きすぎて、すべてを知っておきたい

 

そして、束縛がひどい彼氏との付き合い方は3つあります。

① 言葉や行動で愛情を伝える

② 自分の行動をこまめに連絡する

③ 彼氏を褒め自信をつけさせる

 

しかし、もしあなたが束縛する彼氏を「 怖い」と感じたら別れることを考えましょう。

Sponsered Link

自信がないので浮気されるか心配

束縛がひどい彼氏の心理は、自分に自信がなく彼女に浮気をされるのが心配な気持ちがあります。

 

自分に自信がないため、「彼女が他の男性を好きになってしまうのではないか?」、「自分から離れていってしまうのではないか?」と、常に心配してしまい束縛をしてしまうのです。

 

そして、いつも誰かと自分を比べ、イケメンではない、スポーツができない、スマートな振る舞いができないなど、あらゆることにおいて自分を否定してしまうのです。

 

それを心理学では「自己肯定感が低い」と言います。

 

心理学の本には次のように書かれています。

自己肯定感が低い人は、恋愛面でもダメな恋愛を繰り返してしまいがち。ダメ男・ダメ女ばかりとつき合っているようであれば、それは、自己肯定感が低いことが原因かもしれない。恋人と一緒にいてもつねに不安がつきまとい、相手の望むことならなんでも叶えてあげたいと思ってしまう。そんな行動をするクセがついていれば、それは恋愛依存症である可能性が高い。

恋愛に臆病になってしまい「自分程度の人間を本気で愛してくれる人などいるはずがない」と思ってしまうこともある。自分で自分のことが認められないため、その分パートナーから強く認められたいという願望を持つのである。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇監修 朝日新聞出版

 

過去に浮気された経験があり不安

彼が過去に浮気をされた経験があると、「また浮気されるのではないか?」と不安な気持ちになり、過剰に束縛してしまうことがあります。

 

以前につき合っていた彼女から受けた心の傷が癒えず、浮気されたシチュエーションがオーバーラップしてしまうのでしょう。

 

例えば、「以前の恋人は飲み会で会った男性と浮気をしていた」、「自分に嘘をついてほかの男性と会っていた」など、その時の記憶がよみがえり、あなたも同じことをしているのでは?と思ってしまうのです。

 

自分を好きでいてくれるか常に確認したい

束縛がひどい彼氏は、自分に自信がないため「彼女が自分に飽きていないか、好きでいてくれるのかを常に確認したい」という心理があります。

 

しつこいくらい自分のことが好きかどうかを聞いてきたり、他の男性と比べてどっちがいいか聞きたがったり、それはまるで子どものように映ることもあるでしょう。

 

あなたから、「大好きよ」「私にはあなたしかいない」という言葉がないと、不安でたまらないのです。

 

さらに、その心理は「自分が好きなら他の男性がいる場所になんか出かけないはず」、「自分が嫌がることはしないはず」、「自分の言う通りにしてくれるはず」という強い思い込みになり、束縛につながってしまうのです。

 

彼女が好きすぎて全てを知っておきたい

彼女のことが大好きなので、彼女のことは自分がすべて把握しておかないと気が済まないのです。

 

自分と離れている時間に何をしているのかが気になり、連絡が取れないと不安になり、何度もラインやメールをしてしまいます。

 

彼女がどこで何をしているかを把握しておかないと、不安でたまりません。

 

好きすぎるあまり、些細なことにも嫉妬します。

 

自分が不安にならないよう、自分の把握できる範囲に彼女を置いておきたいという願望が束縛につながってしまうのです。

Sponsered Link

束縛がひどい彼氏との付き合い方①:「言葉や行動で愛情を伝える」

あなたから彼氏に言葉や行動で沢山の愛情表現をして、彼氏を安心させてあげましょう。

 

例えば、次のように伝えます。

 

「私はあなたの側にいる。だから不安な気持ちにならなくて大丈夫」ということを伝えて下さい。

 

そうすると、彼氏もあなたと同じ方法で愛情表現をするようになり束縛は軽減されます。

 

彼の「彼女はいつ、自分から離れて行ってしまうのだろう?」「自分は本当は彼女に嫌われているのでは?」という不安な気持ちを、少しでもやわらげてあげることが必要です。

 

また、1日に何回も「好きよ」と言葉にしてあげたり、「会えないと寂しいね」と言ってあげたりしましょう。

 

「今度のデート、すごく楽しみ」「早く会いたいなあ」など、彼氏への好意をこまめに伝えてあげてください。

 

一緒にいるときにはできるだけくっついたり、腕を組んだり、スキンシップを大切にしましょう。

 

暗い顔をして気を引かせようとしたり、遠回しな愛情表現をしたりする必要はありません。

 

伝わりにくいと、誤解させたり、変に勘ぐってしまったりして逆効果です。

 

ストレートにわかりやすく、伝えてあげましょう。

 

いつも笑顔でいることも忘れないようにしましょうね。

 

束縛がひどい彼氏との付き合い方②:「自分の行動をこまめに連絡する」

できるだけ自分の行動は、こまめに彼に伝えましょう。

 

メールやラインはこまめに送り、彼からの連絡には早めに返信してあげてください。

 

仕事などで連絡ができない場合は、あらかじめ彼に理由を伝えておきましょう。

 

連絡が取れないと悪い妄想を膨らませ、束縛がひどくなります。

 

飲み会などに参加する場合は、時間や場所、誰が参加するかを伝えると同時に、飲み会の様子を写真で送ってあげると安心します(その場合、男性は写さないなど嫉妬の原因になりそうなものは除外しましょう)。

 

反対に、彼の行動についても詳しく聞いてみるといいですよ。

 

彼は聞かれれば「自分に興味を持ってくれている」と感じられ、安心します。

 

また、彼と同じ行動をすることで、彼の行動によって、彼女がどのような思いをしているかに気づいてくれる可能性もあります。

 

束縛がひどい彼氏との付き合い方③: 「彼氏を褒め自信をつけさせる」

彼氏に自信を持ってもらいましょう。

 

そのためには自己肯定感を上げることが必要です。

 

自己肯定感を高めるには、もちろん本人の努力が必要ですが、あなたのサポートが重要です。

 

まずは彼氏を褒めること。

 

例えば、「優しい」、「思いやりがある」、「彼女のことを大切にしてくれる」、「マメだから助かる」、「清潔感がある」など、ちょっとしたことでもいいので、こまめに褒めてあげましょう。

 

また、彼氏に「ありがとう」と感謝の気持ちを常に言ってあげてください。

 

「ありがとう」と言われると、うれしいものですよね。

 

彼女から「ありがとう」と言われると、「自分は彼女を喜ばせることができる男性なんだ」と思えます。

 

自分に自信を持てない彼氏には、自分の存在価値を認めてくれる彼女が必要なのです。

 

「ありがとう」を何度も言って、彼氏に自信をつけさせてあげましょう。

 

さらに、彼氏の不安や嫉妬を、広い心で受け止めてあげてください。

 

きっとあなたは、彼氏の甘えた言動や窮屈にさせる行動にイライラすることもあるでしょう。

 

「すべて我慢しましょう」とは言いません。

 

できるだけ喧嘩にならないよう、優しく対応してあげましょう。

 

彼氏への愛情があるなら、それも含めて彼氏を包み込んであげてください。

 

束縛がひどい彼氏を「怖い」と感じたら、別れることを考える

彼氏の束縛がひどすぎて、「怖い」、「我慢の限界」と感じたら、別れることを考えましょう。

 

少しの束縛は悪いことではありません。

 

愛情の裏返しでもあります。

 

しかし、限度というものがありますよね。

 

度が過ぎれば、ストーカーなどに発展する危険性がないとは言えません。

 

精神的なことは、あなたの愛情だけでは改善できないこともあります。

 

また、彼氏の束縛や独占欲、嫉妬心も彼氏の一部です。

 

それを含めて愛せるのか、それとも彼との将来が見えないのか、一度離れて考えてみるのも選択肢の一つです。

Sponsered Link

束縛がひどい彼氏と付き合った女性の体験談

私(melaniee:女)も彼氏の束縛がひどくて悩んだ経験があります。

 

しかし、私も彼氏と同じように束縛することで彼氏が気付き、ひどい束縛が少なくなりました。

 

彼氏も非常に束縛は、例えば異性への嫉妬はもちろん同性の友達に嫉妬をすることもありました。

 

私は彼氏の言うままに異性と関わることは一切やめました。

 

それ位に彼氏のことが好きだったからです。

 

ですが、同時に彼氏にも同じようにしてもらうようにしたのです。

 

そうすることで、彼氏は自分の異常さに気付き、束縛もあまりひどくはなくなりました。

 

彼氏は、「私に束縛されて自由がなくなる位なら、束縛はやめよう」と思えたようでした。

 

彼氏の束縛がなくなってからも、基本的には嫉妬深い人などで喧嘩になることもあります。

 

けれど、その後は「好きだからここまで嫉妬してくれるんだ」と前向きに捉えるようにして対処していました。

 

私の場合は、彼氏を失いたくなくて束縛も受け入れました。

 

ですが、代わりに彼氏に束縛の無意味さを分かってもらうように工夫しました。

 

彼氏が束縛のひどさを自覚することで、今後の行動も変わってくるものです。

 

束縛された経験がある女性の体験談

私(Y.M:女)が夫と付き合う直前のエピソードです。

 

二人で遊んだり食事をしたりしている間柄でも、まだ交際しているつもりのなかった私とすでに彼氏気分の彼とでは、気持ちに温度差がありました。

 

ある日、飲み会に出かけた私は、終電を逃してしまいました。

 

何度も彼から電話の着信があったものの、折り返して電話をすることもしませんでした(ひどいですね)。

 

始発に乗り、一人暮らしの部屋に帰った私は、建物の前にいる彼氏を発見しギョッとしました。

 

電話にも出ない私を心配し、友達を誘い車で1時間の私の家に来て私の帰りを待っていたのです。

 

どうやら5時間くらいずっと待っていたようです。

 

相当怒っている様子の彼。

 

「彼氏でもないのに」と怒られることに怒っている私。

 

30分くらい押し問答をした後、「とにかく心配したんだよ」と言い、彼は自宅に帰っていきました。

 

そのときは束縛されているようで窮屈に感じたのですが、後になって考えてみると、電話もせず心配をかけ不安にさせてしまったのだな、と思いました。

 

まとめ

 

好きな相手のことは、多かれ少なかれ束縛したいものです。

 

特に相手の気持ちがわからなかったり、愛されているのか不安だったりすると、「束縛したい」と思ってしまうでしょう。

 

彼の束縛がひどいのは、「彼を不安にさせてしまっているから」ということもあります。

 

まずは彼に愛情をしっかり伝えましょう。

 

しかし、束縛がひどすぎて疲れてしまうようなら、一度彼から離れてみるといいかもしれません。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link