「嫌いになったわけじゃない」と言う男性の5つの気持ち【体験談】

「『嫌いになったわけじゃない』と彼に言われました。そう言う男性の気持ち(心理)って?」という、あなた。

 

男性が「嫌いになったわけじゃない」と言う時の気持ちは、次の5つのいずれかが考えられます。

① 好きな気持ちが薄れてきた

② 冷めてしまった

③ 他の子と遊びたくなった

④ 穏便に別れたい

⑤ 彼女の希望に答えられない

 

ここでは、実際に彼女に「嫌いになったわけじゃない」と言った経験のある管理人(男)と(d.r:男)の体験などをもとに解説します。

Sponsered Link

好きな気持ちが薄れてきた

男性が女性に「嫌いになったわけじゃない」と言うシチュエーションは、別れるときか女性が不安になって男性に問い詰めるときくらいでしょう。

 

実際に、私(d.r:男)も彼女に問い詰められた経験がありますが、そのときは本当に彼女を嫌いだったわけではありませんでした。

 

以前よりも好きな気持ちが薄れて塩対応気味になってきただけで、別に彼女を嫌っているわけではなかったのです。

 

イメージとしては、プラスの気持ちが減ってゼロに近づいてきたけど、マイナスの気持ちは全くないという感じです。

 

女性からすればプラスの気持ちが減ってマイナスの気持ちが増えたから対応が悪くなった、と考えたくなるでしょうが、実際はそうとも限らないのです。

 

本当に嫌っているわけではないので、「嫌いになったわけじゃない」という返答になってしまいます。

 

カップルならマンネリ気味になっているので、いつもと違うデートをする、少し距離を置いてみるといった対策をとるといいでしょう。

 

冷めてしまった

男性の気持ちが冷めてしまって彼女を好きではなくなってしまった時、「嫌いになっわけじゃない」ということもあります。

 

実際に管理人(男)も彼女への気持ちが冷めてしまったとき、「嫌いになったわけじゃない」と言った時もありました。

 

つまり、そのときの心理と気持ちは「冷めてしまって彼女を好きではなくなっていた(恋愛的な意味で)」のです。

 

10歳年下の彼女でしたが、彼女から管理人が甘えられるだけで自分が甘えることが困難でした。

 

ただ彼女の人柄や性格、外見は嫌いではありませんでした。

 

他の子と遊びたくなった

男性が他の子と遊びたくなって対応が悪くなった、もしくは別れるというパターン。

 

好きな子がいても、ふとしたときに他の子が欲しくなるときが男性にはあるんです。

 

私(d.r:男)も、彼女がいるときに「世の中魅力的な人がたくさんいるのにずっとこの子とだけしか遊べないのか」と考えてしまったことがあります。

 

彼女と喧嘩して気持ちが萎え気味だったということもありますが、比較的一途な方の私(d.r:男)でもそんなことを考えてしまうことがあるのですから、他の男性ならなおさらです。

 

もしあなたが彼を束縛しすぎているなら、あまりやりすぎない方がいいでしょう。

 

かえって自由を求める気持ちが強くなりますから。

 

また、別れ話をされたとしても、一度距離を置いてからまたアタックすれば、満足した彼が戻ってくれる可能性は十分にあります。

 

穏便に別れたい

男性が、できるだけ彼女を傷つけず穏便に別れるために言うこともあります。

 

下手なことを言ったら揉めるので、「嫌いになったわけじゃないよ、お互いのために別れるんだよ理解してね」などと言って収めます。

 

本当は彼女にウンザリする気持ちがあっても、逆恨みされたら面倒なので「嫌いになったわけじゃない」と言ってごまかしているわけです。

 

この場合は脈なしのことが多く、うまく気持ちを切り替えた方がいいでしょう。

 

彼女の希望に答えられない

男性は彼女の希望に答えられない気持ちの時、「嫌いになったわけじゃない」という言葉を使います。

 

実際に、管理人(男)が2年ほど付き合い同棲していた彼女と結婚寸前までいき別れた時のことです。

 

そのときの彼女に悪い部分も全く無く、嫌いになって別れたのではありません。

 

彼女の希望は付き合い続けて「結婚すること」でした。

 

管理人はサラリーマンの仕事を辞めて独立することを考えていました。

 

ですので、彼女の付き合いを継続し結婚する希望に答えることは、しばらく困難でした。

 

そしてそれは、「彼女にとってプラスにもならない」と考えたのです。

 

また住む場所から離れて他県に行くことで、彼女と一緒にいる時間が無くなることもわかっていました。

 

それらを考えて、彼女を「嫌いになったわけじゃない」けど別れを選びました。

 

彼女には引き止められましたが、やはり自分自身の目標などへの気持ちが固まっていたので彼女の元に戻るのは不可能でした。

Sponsered Link

「嫌いになったわけじゃないけど別れたい」と言われたら、どうしたらいい?

もし、あなたの気持ちが「彼との付き合いを継続したい」と思っていたとしても、本当に彼を思うなら別れるか、一度距離を置くことを考えたほうが良いです。

 

あなたの彼氏が管理人の体験のような状況で「嫌いになったわけじゃない・・・」と言うのなら、彼なりにあなたのことを考えて悩み、別れを決断している場合もあるからです。

 

彼を好きな気持ちが沢山あったり、長く付き合っていると、別れるのはカンタンではないし辛いですよね。

 

しかし、一度、そうなってしまった状況で付き合いを継続しても、おそらく二人の関係は上手くいかないのでは?と感じます。

 

なぜなら、彼の気持ちが〝あなたとの付き合い以外に集中したいことがある〟可能性もあるからです。

 

あなたは辛いと思いますが、辛い気持ちは時間が解決してくれます。

 

そして今は彼の気持ちを受け止めて、時間がたった後、もしかしたら復縁の可能性もあるかもしれません。

*関連記事:彼氏に距離を置きたいと言われたら、どうしたら良い?

 

「嫌いになったわけじゃない」と言った男性のエピソード【体験談】

私(d.r:男)は当時付き合っていた彼女に「嫌いになったわけじゃない」と言ったことがあります。

 

結構ベタベタな方だったのですが、あまり自分から連絡しなくなったのです。

 

彼女に飽きてきた気持ちもありましたし、わがままばかり聞く立場に嫌気がさしたという事情もあります。

 

周りに他にもいい子がいたので、ちょっと目移りしてしまいました。

 

浮気したわけではないのですが、それまでの、彼女しか見えないという状態ではなくなっていました。

 

そんな私(d.r:男)の変化を敏感に感じ取ったのか、あるとき彼女に「嫌われている気がする」と喚かれました。

 

嫌いになったわけじゃないと言って軽く流そうとしたのですが、そういうわけにもいかず、結果的にお互いのことを話し合ってかろうじて丸く収まりました。

 

まだ別れ話じゃないなら、好きか嫌いかだけではなく、日頃思っていることについても聞いてとことん話し合うといいでしょう。

 

まとめ

 

「嫌いになったわけじゃない」と言う男性は、あなたと付き合いを継続するよりも、〝仕事や趣味などに集中したいことがある〟可能性があります。

 

または、他に気になる女性がいる場合です。

 

そのいずれかでもない場合は、彼のあなたへの気持ちが〝冷めてしまっている〟こともあり得ます。

 

彼女からの気持ちがあり過ぎて彼が満たされてしまうと、気持ちが冷める男性もいます。

 

また、男性が「嫌いになったわけじゃない」と言うのは、本音と方便の場合があります。

 

今までの言動と合わせて考え、どちらなのか見極めるといいでしょう。

 

そして、もしあなたが彼を大好きだとしても、一度、彼の気持ちを受け入れて理解することに努めて下さい。

 

彼との距離を置いてみてください。

 

そうすることで、もし別れてしまっても、将来に復縁の可能性もあるかもしれません。

*関連記事:彼氏に完全に冷められたら、どうしたらいい?4つの対処法【体験談】

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link