男性が好きだと気づく瞬間。10のパターン【体験談】

「男性が女性を”好きだ”と気づく瞬間って、どんな時ですか?」という、あなた。

 

男性が女性を好きだと気づく瞬間は10のパターンがあります。

① 嫉妬したとき

② 幸せそうな顔を見て嬉しい気持ちになった時

③ 女性が困っていることを助けようとしている時

④ 女性に意識させられたとき

⑤ 女性に好意を示されたとき

⑥ 女性を目で追っていることに気づいたとき

⑦ 「目を見れない」と思ったとき

⑧ 優先されて当然と思っていることに気づいたとき

⑨ 付き合わないのを想像して寂しいと思ったとき

⑩ 連絡が来なくてそわそわしたとき

 

ここでは、実際に女性を「好きだ」と気づいた瞬間があった経験のある管理人(男)と(d.r:男)の体験などをもとに解説します。

Sponsered Link

嫉妬したとき

男性は、嫉妬したときに女性を好きだと思うことがあります。

 

嫉妬する自分を自覚することによって、「嫉妬するということは女性が好きなんだ」と思い、自分の気持ちを理解するのです。

 

実際に私(d.r:男)も、女性が他の男性と会って話をしたと聞いて嫉妬した経験があります。

 

そのときに「こんなに苦しくなるって、自分はそんなにこの子のことが好きなのか…」と思いました。

 

男性が女性を好きと自覚するのは、ネガティブな感情がきっかけになることもあるわけです。

 

幸せそうな笑顔を見て嬉しい気持ちになった時

女性が笑顔で幸せそうな顔をしているのを見て嬉しい気持ちや幸せな気持ちになった時、好きだと気づくことが男性にはあります。

 

もし好きな女性ではないなら、「笑ってて幸せそう」な気持ちだけのはずです。

 

実際に管理人(男)も、職場で幸せそうに笑っている女性の笑顔を見た時に、とても嬉しい気持ちになり好きなんだと気づいたことがあります。

 

女性が困っていることを助けようとしているとき

女性が何かの問題に悩んでいたり、困っているときに助けようと自分が行動しているときに好きだと気づく時があります。

 

管理人も、ある女性が他の男性とのことで悩んでいる話を真剣に聞いてた瞬間に、好きなんだと気づいたことがあります。

 

女性に意識させられたとき

相手の女性に意識させられたときに、好きだと気づくこともあります。

 

世の中の男性は鈍感や、好きだと認めたくない心理などから自分の気持ちと向き合えないことがあります。

 

そんな男性に女性からアプローチすることで、うまくいくケースもあります。

 

実際に私(d.r:男)も、高校時代、仲が良かった後輩女子に「先輩のことをクラスメイトに話したら付き合わないの?とか言われたんですよ。なんでみんなそういうこと言うんですかね?」と言われて、その女性を恋愛的に意識するようになった経験があります。

 

恋愛のような話題を出されて、「付き合うか…」と考えて意識してしまったんです。

 

後のことを考えると、相手の女性の作戦だったのかなと思います。

 

女性に好意を示されたとき

女性にハッキリと「好き」と言われるとか、褒められるといったことをされて好きだと気づくこともあります。

 

厳密には、気づくというよりは好意を示されて自分も好きになる、と言った方が正確かもしれません。

 

いきなり好きと思わなくても、好意を示されたことがきっかけでだんだん好きになる男性心理が働くパターンもあります。

 

女性に意識させられたときと同じように、女性の言葉がきっかけになっています。

 

男性との関係が進展しないときは、自分から動くのも一つの手でしょう。

 

女性を目で追っていることに気づいたとき

男性が女性を好きになったときの行動として、女性を目で追うというものがあります。

 

好きな子をつい見てしまうのは自然な行動です。

 

そんな自分に気づいたときに、女性を好きだと気づくことがあります。

 

実際に私(d.r:男)の場合は、(d.r:男)学生時代に好きな子を見てしまうことがありました。

 

その子が動くとつい見てしまうんです。

 

「どうしてもあの子が気になってしまう…」そう思ってから自分の気持ちに気づきました。

 

また、管理人も職場の好きな女性を目で追ってしまっていた時がありました。

Sponsered Link

「女性の目を見れない」と思ったとき

女性と話したときに、相手の目を見れないと思って、好きだと思うケースもあります。

 

私(d.r:男)も相手の女性に対して「かわいすぎる」「ドキドキしてしまう」と感じた経験があります。

 

「これは好きなんだな」と思って好きを自覚しました。

 

自分が冷静でいられないことから、好きに気づくことがあるわけです。

 

優先されて当然と思っていることに気づいたとき

嫉妬に近い男性心理ですが、優先されて当然と思っていることに気づいたときに、好きだとわかることがあります。

 

私(d.r:男)の体験談で言えば、仲良しの女性に対して私が「今夜電話で話したい」と言っていたのに返信がなく、女性が他の人と予定を入れて遊びに行っていたことがありました。

 

自分としては電話してもらえるものだと思い込んでいましたし、遊びに行くなら一言もらえるものと考えていました。

 

返信が来ず待ちぼうけのような状態になったので、女性の行動にイライラしました。

 

しかし、「なんで自分はこんなにイライラしているんだろう?」と考え、自分の気持ちに気づけました。

 

「優先されて当然という意識があったんだ」「あれ、これって好きになってる?」と思い、自分の好きな気持ちに気づけました。

 

付き合えないのを想像して「寂しい」と思ったとき

女性といつか離れるとか、付き合わず関係が終わることを想像して寂しさを感じ、好きを自覚するケースもあります。

 

私(d.r:男)の場合は、仲が良かった女友達と「いつか縁が切れるのかな」とか、「相手に彼氏ができたら疎遠になるのか」などとふとしたときに考え、付き合えないのを想像し寂しさを感じました。

 

「それは嫌だな」と思って、相手の子が好きだ、付き合いたいと思って気持ちが燃えることがありました。

 

連絡が来なくてそわそわしたとき

連絡が来なくてそわそわしたときに男性が女性を好きだと気づくこともあります。

 

私(d.r:男)には毎日LINEしている仲良しの女性がいたのですが、ある日連絡が来ませんでした。

 

普段はあまり意識したことがなかったのですが、いざ連絡が来ないと、そわそわして「どうしたんだろう」「まだ来ないのかな」などと考えうろたえてしまったんです。

 

そうやってそわそわしているうちに、女性を好きなんだと自分で思いました。

 

連絡に限らず、いつもやっていることが止まったときに動揺し、好きの感情に気づくケースがあります。

 

いつもと違うことが起きたからこそ、自分の気持ちに気づけるわけです。

Sponsered Link

女性を好きだと気づいた男性のエピソード【体験談】

私(d.r:男)は女性を好きだと気づいたことがあります。

 

当時私は、職場で一緒に働いていた女性に褒められて、年甲斐もなく喜ぶことがありました。

 

最初は感じがいい同僚という認識でしたが、好意を示してくれてたくさん褒めてくれるその女性の言葉が嬉しく、好きを自覚していきました。

 

その人にいい言葉をもらえるように頑張っている自分に気づいたんです。

 

最初はただいい印象だなと思っているだけでしたが、あるとき恋愛的に好きなんだと理解できました。

 

まとめ

 

男性が女性を好きだと気づく瞬間はたくさんあります。

 

中には女性の行動に影響されるケースもあるので、気になる男性にはいつもと違うことや駆け引きのようなことをして好きに気づいてもらうのもいいでしょう。

*関連記事:恋愛の男性心理(男の気持ち)を、まとめて解説

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link