二股する男の6つの心理とは?【体験談】

「二股する男の心理を知りたいです」と、疑問のあなた。

 

二股をする男性の心理は6つあります。

① 一人の恋人を選べない

② 二股に罪悪感が無い

③ 自信が無く複数の女性と接触していたい

④ 色んな女性と接してみたい

⑤ 「モテたい」という願望の気持ち

⑥ そもそも二股している意識が無い

(※)ここでは、バーテダーの男性AKさんの実際の二股体験等を元に二股する男性の心理をお届けします。

Sponsered Link

一人の彼女を選べない気持ち

二股をする男性の心理には、一人の恋人を選べない気持ちがあります。

 

「どちらの恋人も本命」という気持ちです。

 

例えば、次のような気持ちです。

「A子さんは家庭的で優しい女性で一緒にいて癒されるから結婚も考えられるし大切。だから本命」

「B子さんは、家庭的ではないけれど一緒にいて楽しくて刺激的。好きな気持ちを持って情熱的に付き合えるから本命」

 

2人の女性のタイプが違うので、男性が求める女性のニーズを補い合います。

 

二股をする男性にとっては、2人を愛することで心が安定するのです。

 

また、男性心理の本にも次のようにでているので紹介します。

二股をかけている女性に優劣をつけられないのは、彼が「どちらの女性も同じように好き」と本気で思っているから。両方の女性を、体目的だけではなく精神的な部分でも大切だと考えているのです。

〝男の「心理」を知りたいときに読む本〟より引用  潮凪洋介著 三笠書房

 

罪悪感が無い

二股をする男の心理には、罪悪感という気持ちがありません。

 

また、男性の中でモテる人の中には、二股をしても「しょうがない」という気持ちで済ましている人がいます。

 

これは心の中では「女性が自分に近づいてくるからしょうがない」と思っています。

 

自分がモテることを知っているのでしょう。

 

つまり、「二股が悪いと言うならば、自分に寄ってくる女性たちが悪い」と考えています。

 

それぞれの彼女に対して罪悪感がゼロと言うと言いすぎになりますが、それ以上に「しょうがない」の気持ちの方が強いのです。

 

そして二股に止まらず、三股四股と発展することもあります。

 

自信がない


二股をする男性は自分に自信がない男性もいます。

 

過去に浮気をされたことや、意味も分からず別れを告げられたことなどの経験を持っているのでしょう。

 

このような経験があると、彼女を信じきれなくなり、保険の意味で他の女性とも付き合い二股になる男性もいます。

 

実際に僕(男)も付き合っていた彼女に、違う彼氏がいたことを知った時がありました。

 

彼女の方が二股していたのです。

 

その後は心の傷も癒えて来てから新しい彼女を作りました。

 

しかし、どこか「この彼女もいつかはいなくなるかも」という気持ちと心理が残っていたのです。

 

ですので完全に二股までいきませんでしたが、他の女性にもアンテナを張っていたことがあります。

 

このような心理状態から、本命彼女がいても保険としてもう一人の彼女を作ってしまうのです。

Sponsered Link

色んな女性と接してみたい


男性の中には、積極的に二股をしている男性もいます。

 

実は二股を望んでいるわけでは無いのですが、「結果的にそうなった」という事です。

 

例えば、あなたの周りの人にも色んなことに興味を持つ人っていませんか?

 

それと同じように、女性に対しても色んな女性と接してみたいという気持ちが強いのです。

 

女性がカフェで「色んなものを少しずつ食べたい」と思うような感じです。

 

そうしたらあれもこれも美味しくて、二品も三品もおかわりしてしまったという結果に。

 

その感覚を女性に対して持っている男性が、結果的に二股をしてしまうのです。

 

何に対しても詳しい男性には要注意です。

 

モテたいという願望が強い

男たる者、女にモテてなんぼという気持ちは少なからずあります。

 

男性の中には、何人の女性と関係を持ったかと言うところに、ステータスを置く男性も少なくありません。

 

その気持ちがあるがために、「複数の女性とのお付き合いをしたい」と考えているのです。

 

正直言うと、過去にそこまでのモテた経験が無い方の心理と言えるでしょう。

 

もしかしたら、その心理の男性は周りにはモテる男友達が多かったのかもしれません。

 

自分もモテたい願望が芽生えてきてしまった結果が、二股をさせてしまったのです。

 

モテるという定義は人それぞれあります。

 

「常に彼女がいる」、「狙った女性を必ず彼女にする」、「大切な一人の女性に思われて、その女性を本当に大切にできる男性」などあるでしょう。

 

しかし、わかりやすい表面的なモテたい願望がある男性にとっては、「色んな女性と接触している」事がモテる定義なのです。

Sponsered Link

二股している意識が無い

二股している男性に二股の意識が無い心理です。

 

つまり、それぞれ付き合っているはずの彼女たちとは「友達」感覚なのです。

 

このような男性は、女性と友達として食事に行ったり買い物にも行きます。

 

プレゼントも渡したりもします。

 

つまり、男性にとっては友達感覚なのに女性にとっては恋人同士と同じことをしているのです。

 

それが続いているだけなのです。

 

そしてそのような相手がもう一人いる、そう意識しています。

 

実際に僕が誰とも付き合っていない頃に、彼女を作りたいと考えていたときがこういう状態でした。

 

数人の女性と接触して、恋人同士のような関係でいた状態です。

 

この時に相手の女性が「付き合っている」と認識していれば、僕も二股と言うことになるでしょう。

 

このように、自分では全く二股をしていると思っていない男性も実際に存在します。

 

二股している彼氏が最後に選ぶ一人の女性とは?

二股をかけている男性も、いつかは誰かと真面目に付き合いたいという時が来ます。

 

男性が年齢を重ねて精神的にも成熟し、女遊びを止めるときが来るのです。

 

また、二股をかける状態と言うのは時間もお金も必要ですし、何より心身の疲労が大きいのです。

 

疲れてしまい、最後には「落ち着きたい」と思うようになります。

 

その時に付き合っている複数の女性の中から誰を選ぶのか?

 

それは自分のことを見守ってくれている人です。

 

自分が二股をしていることを知っても、それでも一途に見ていてくれた女性を本当の彼女と思うでしょう。

 

ただ、決してあなたに都合よく男性に合わせるだけでOKと言うことではありません。

 

貴女自身の都合も優先させて良いですし、時に厳しいことを言っても良いのです。

 

ただ男性が「落ち着きたい」と思うまでには時間を要することもあります。

 

そこまで待っていられるかは、貴女の気持ち次第です。

Sponsered Link

二股されやすい女性の特長って?

二股をされてしまう女性には、いくつかの共通点がある事が分かっています。

 

そこで、これから二股をされやすい女性の特徴を挙げていきましょう。

 

・何でも彼の言うことを受け入れてしまう

男性が二股をしてしまう場合、その時の彼女が自分の言うことを受け入れてしまっている傾向があります。いわゆる優しすぎる性格と言えるでしょう。

例えばデートに遅刻をしても、「しょうがないよ、気にしないで」で済ませたりはしていないでしょうか。

一回だけならまだしも、それが続けば流石に注意をしなければいけません。

しかしそれも受け入れてしまったら、何をしても彼女は離れないと安心してしまうのです。

例え二股がばれても「許してくれる」とさえ考えさせるのです。

悪いことをしたら反省させるくらいの彼女でないと、彼氏は安心して他の女性を見てしまうでしょう。

 

・ワガママな部分が強い

女性の多少のワガママなら、男性にとっては可愛いものと感じています。

しかしワガママの度合が大きいと、流石にストレスが溜まってしまい他の女性に癒されたいと感じるでしょう。

上記の優しすぎるとは反対の状況で、彼氏に二股をかけられてしまうのです。

ですので、細かいところに厳しすぎるような女性も危険です。

めんどくさいと思うようになり、彼氏は二股を考えてしまうでしょう。

 

・男性の欲望があまり好きではない

恋人同士の繋がりと言うと、それは心の繋がりとは思います。

もちろん間違ってはいませんが、彼女が男性の欲望に答えてくれないと、彼氏は、その穴埋めとして他の女性を求めてしまうのです。

ちなみに、逆の場合も同様です。体力が続かないので、安らげる女性を求めるようになるでしょう。

 

二股をされても良いと思う女性はいませんよね。

 

そのために上記の特徴をご自身で考えてみて、二股をされない女性になることが大切です。

 

まとめ

 

二股をする人の心理を知ることで、人を見る目を養うことも大切です。

 

ただ、二股をしないような人に恋人として選ばれることや選ぶこと、また、選ばれるために自分を磨き続けることも大切です。

 

以下の記事では、彼氏に二股された時の対処法を解説しています。

彼氏に二股された!どう対処したらいいの?

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link