嫉妬をしない5つの方法【体験談】

「嫉妬をしない方法を知りたいです」という、あなた。

 

嫉妬をしない方法は5つあります。

 

① 自分が嫉妬された時のことを考える

② 相手のどのような行動に嫉妬をしているのかを分析してみる

③ 一人の時間を楽しむ

④ 嫉妬する相手を知る

⑤ 自信を持つ

 

ここでは、実際に嫉妬をしなくなった経験がある私(Y.M:女)と(T:女)、(A.M:女)の体験などをもとに解説します。

Sponsered Link

自分が嫉妬された時のことを考える

あなたにそのつもりはないのに、相手の嫉妬心から「浮気などを疑われた」時のことを考えてみましょう。

 

相手があなたに強く嫉妬し、腹を立てられれば「そんなことないのに…」と、あきれてしまうでしょう。

 

相手も同じことです。

 

嫉妬心から、ありもしない疑いをかけられ勝手に怒っていれば、反論する気力もなくなります。

 

かわいい嫉妬はうれしいものですが、しつこく何度も疑ったり、本気で怒ったりしていれば、あなたと一緒にいたくなくなってしまうでしょう。

 

心理学の本には、次のように書かれています。

自分がつき合っている人が、ほかの異性と楽しげに歩いているのを見たら、心穏やかではいられないだろう。もし、そういう場面に遭遇しても嫉妬心が生じないようなら、恋人に対する自分の気持ちを疑った方がいい。このように、男も女も嫉妬は愛情のバロメーターである。ただし、あまりにも強い嫉妬は、相手の行動を縛りつけ、結果的に感情のもつれを生む恐れがあるので注意したい。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇監修 朝日新聞出版

嫉妬心をあらわにすれば、自分の気持ちは楽になるかもしれません。

 

ですが、相手には負担になることもあります。

 

嫉妬で頭に血が上らないよう、冷静に状況を把握することが大切です。

 

相手のどのような行動に嫉妬をしているのか?を分析してみる

相手のどういった行動に対して嫉妬をしているのか?を、分析してみましょう。

 

例えば、「相手が他の異性と楽しそう」=「その人に気がある」と思い込んでしまうのは早とちりです。

 

自分が「誤解しているだけ」なのですから、嫉妬をする必要はありません。

 

それを自分自身が納得するためにも、嫉妬の原因となった相手の行動や状況をよく考えてみましょう。

 

その状況は、自分にもよくあることではないですか?

 

だからといって、その相手に気持ちがいっているわけではありませんよね?

 

そのように分析することで、嫉妬心を抑えられるでしょう。

 

1人の時間を楽しむ

嫉妬をしないためには、あなたの1人の時間を大切にすることが必要です。

 

一人でいる時間を大切にして、自分の時間を充実させることで嫉妬は些細なことに思えてくるのです。

 

例えば、もしあなたが恋人のことばかり考えて彼氏に嫉妬してしまっては、彼氏はあなたのことを重く負担に感じてしまうでしょう。

 

ですので、一人の時間は恋人のことを忘れ、趣味や好きなことに時間を使って下さい。

 

「そんなことを言われても、どうすればいいか分からない・・・」と言うあなたは、まず部屋の掃除をすることお勧めします。

 

フローリングをキレイにしたり、ベランダ、網戸、換気扇などもキレイにするのも良いですね。

 

部屋の中が綺麗になると、部屋の中で1人の時間を過ごすことが楽しくなるはずです。

 

一人の時間を楽しむ結果、嫉妬は抑えられます。

 

嫉妬する相手を知る

相手を知らないからこそ、気になったり嫉妬したりすることは多くあります。

 

ですので、あなたは嫉妬する相手と話し合い、相手をよく知るようにして下さい。

 

例えば、彼氏の人間関係、特技、好きなこと、結婚願望の有無、(よければ恋愛歴も)などを聞いてみるのです。

 

友人関係などは、昔の写真などを見せてもらうのも良いですね。

 

また、あなたが嫉妬するポイントを、相手に伝えて知ってもらうことも必要です。

 

相手があなたの嫉妬するポイントを知ることで、嫉妬させないように努力してくれるはずです。

 

そうすることで、2人が理解し合い信頼感が生まれ嫉妬を抑えることができます。

*関連記事:彼氏の過去が気になるとき心が楽になる方法とは?

 

自信を持つ

嫉妬をしないためには、自信を持つことが大切です。

 

なぜなら嫉妬は、誰かと自分を比べて落ち込んだり、恋人に対して悪い想像をしてしまう〝ネガティブな気持ち〟が原因で生まれるものだからです。

 

例えば、もしあなたが「彼氏に嫉妬してしまう」なら、ネガティブな気持ちにならないためにも、あなたは彼氏と過ごした時間を思い出して、「愛されている」という実感を忘れないようにしてみて下さい。

 

あなたの彼氏は、「あなたに魅力を感じたからこそ付き合っている」という事実に、もっと自信を持つべきなのです。

*関連記事:彼を信じる方法とは?【体験談】

 

そして、彼氏から感謝されることも、あなたが「愛されている」という自信を与えてくれます。

 

ですので、不安な気持ちになった時こそ、彼氏に喜ばれるような愛情表現をしてみて下さい。

 

例えば、料理、お迎え、部屋の掃除、マッサージ、サプライズのプレゼント、彼氏に感謝されることなら何でも良いのです。

 

彼氏から感謝されれば、あなたの幸福感は満たされて自信に繋がります。

*関連記事:彼氏のためにできることって、どんなこと?【体験談】

 

嫉妬される彼氏の気持ちとは?

彼氏は彼女のあなたに嫉妬されると、「重い女」という気持ちになってしまいかねません。

 

あなたが嫉妬心をぶつけても、彼氏があなたを「愛しているよ」と言ってくれている内は良いかもしれません。

 

しかし、あまりにもあなたの嫉妬がひどいと彼氏の心も離れてしまう可能性があります。

また、もしからしたらあなたは「彼氏の元カノに嫉妬してしまい、元カノの存在を否定してしまいたい」気持ちもあるかもしれません。

 

ですが、「彼氏の元カノの存在を受け入れられない」ということは、彼氏の過去を否定することにもつながります。

 

あなたがそのような気持ちだと、彼氏も「自分の全てを受け入れてくれていない」=「彼女に愛されてないのでは・・・?」と、あなたとの関係に不安な気持ちになってしまいます。

 

つまり、嫉妬の気持ちを彼氏に出し続けることは、彼も苦しい気持ちになり、いつか彼氏の気持ちが本当に離れてしまいかねないのです。

 

ですので、彼氏のためにも自信を持ってください。

 

きっと、あなたなら大丈夫です。

 

嫉妬する気持ちを我慢しないで彼氏に伝えよう

嫉妬を抑えるためには、嫉妬の気持ちを我慢しないで、彼氏に気持ちを吐き出すことも必要です。

 

嫉妬を我慢するばかりなのは良くありません。

 

その理由は、イライラを溜め込んで突然爆発しては、二人の関係にヒビが入ってしまうからです。

 

また、彼氏が全く無自覚で、あなたに嫉妬させるような行動をとっている場合もあります。

 

ですので、自分の心に余裕があるうちに、冷静になって相手に気持ちを伝えておきましょう。

 

そうすることで、あなたの嫉妬心も少しは解消されますし、気持ちが伝われば彼氏も理解して行動を改めてくれるはずです。

Sponsered Link

彼氏への嫉妬を抑えて楽な気持ちになれた女性の体験談

私(T:女)も、女性が多い職場で働く彼氏に嫉妬した経験があります。

 

彼は休日も女性から仕事の電話があったり、女性ばかりの飲み会に誘われることも多く、その度に私は嫉妬で苦しくなっていました。

 

はじめは彼に気持ちを伝えて解消していましたが、仕事なのでどうしようもありません。

 

そこで、私は嫉妬であまりにも卑屈な気持ちになるので、嫉妬を抑えるために考え方を変えることにしました。

 

彼について知っていることや、自分が「愛されている」と感じた事実だけを信じることにしたのです。

 

例えば、「彼はあくまで仕事で女性と接している」、「女性が多い職場にいても、彼は私を選んだ」、「彼は私が作った料理を喜んでくれる」等です。

 

嫉妬が完全になくなることはありませんが、冷静に考えることで以前より楽になることができました。

 

また、次の本を読んで「彼氏に嫉妬や愚痴を言うブスになりたくない」と思ったことが嫉妬を抑えられるようになったきっかけです。

男性脳は、あなたの愚痴なんか聞いちゃいないのである。(中略)愚痴を言えば言うほど、彼の脳裏の幻想の「あなた」がブスになる。恨みがましい目の、うっとおしい女になってゆく。

〝「愛され脳」になれる魔法のレッスン〟より引用 黒川伊保子著 講談社+α文庫

 

彼氏の元カノに嫉妬してしまったら、どうしたらいい?【体験談】

もしかしたら、あなたは彼氏の元カノと自分を比べてしまっていませんか?

 

比べることで、嫉妬心が生まれてしまう気持ちはよくわかります。

 

ですが、比べなくて良いのです。

 

あなたはあなたですし、彼氏はあなただから好きなのです。

 

あなたには、あなただけの良さがあります。

 

人は人。過去は過去です。

*関連記事:彼氏の過去が気になるとき心が楽になる方法とは?

 

そして、彼氏の元カノに嫉妬してしまう気持ちになる理由は、あなたが自信が持てていないからです。

 

実は、私自身(A.M:女)も以前、自信がない時がありました。

 

「自分なんかどうせ…」と悩んでいたのです。

 

その時、知人から聞いた言葉です。

 

「隣の芝生が青く見える(元カノに嫉妬する)なら、自分の芝生に花を植えれば良い」

 

つまり、「何か一つでも努力や工夫をして、自分自身に自信を持つようにしよう」ということです。

 

自信を持つことで、元カノへの嫉妬心は減っていきます。

 

嫉妬しなくなった女性の体験談

私(Y.M:女)も自分は嫉妬深いなあ、と思うことがあります。

 

20歳の頃は、「彼氏は私だけを見ていないと絶対イヤ」と思っていたので、ちょっと他の女性と談笑していたりすると気分が悪くなり、彼に文句を言っていましたね。

 

私が嫉妬して、「浮気するつもり?」と言うと、あきれ顔で「そんなわけないじゃん」と言われていました。

 

飲み会で酔った彼が女の子の肩を抱いた写真を見つけて、烈火のごとく怒った私はその写真を丸めてゴミ箱に捨てたこともあります。

 

しかし、自分だって他の男性と談笑することはあるし、仕事上二人で食事をすることもあります。

 

酔っぱらって、彼氏ではない男性と腕を組むくらいはありました。

 

でも、特別その男性を好きではないのですよね。

 

痛くない腹を探られるほど、イヤなことはありません。

 

疑われれば、こちらが苦しくなるんですよね。

 

それを理解してから、むやみに嫉妬しなくなりました。

 

まとめ

 

嫉妬をしてしまう、あなたの気持ちはよくわかります。

 

しかし、嫉妬の原因を知り、対策をあなたが実行することで、嫉妬をなくすことはできます。

 

大切な人と良い関係でいるために、上記のことを是非試して乗り越えてください。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔で幸せになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link