嫉妬を抑える方法。苦しい嫉妬心が楽になった体験談

「嫉妬ばかりしてしまいます。嫉妬を抑える方法はありますか?」と、悩むあなた。

 

嫉妬を抑えるためには、あなたの考え方を変えることです。

 

例えば、彼氏が他の女性と話していても、彼氏について知っていることや、自分が「愛されている」と感じた事実だけを信じることにしましょう。

 

つまり、嫉妬を抑える方法は3つあります。

① 恋人に「愛されている」自信をもつ

② 恋人を知り理解し合う

③ 一人の時間を楽しむ

Sponsered Link

自信を持つ

嫉妬を抑えるためには、恋人に「愛されている」という自信を持つことが大切です。

 

なぜなら、嫉妬する原因はネガティブな気持ちが原因で生まれるものだからです。

 

例えば、誰かと自分を比べて落ち込んだり、恋人に対して悪い想像をしてしまうことから嫉妬心が生まれます。

 

ネガティブな気持ちにならないためにも、あなたは恋人と過ごした時間を思い出して、「愛されている」という実感を忘れないようにしてみて下さい。

 

あなたの恋人は、あなたを「魅力的に感じたからこそ、現在付き合っている」という事実に自信を持ってよいのです。

 

そして、恋人から感謝されることも、あなたに「愛されている」という自信を与えてくれます。

 

ですので、嫉妬心からネガティブな気持ちになった時こそ、あなたは恋人に喜ばれるような愛情表現をしてみて下さい。

 

例えば、料理、お迎え、部屋の掃除、マッサージ、サプライズのプレゼント、恋人に感謝されることなら何でも良いのです。

 

恋人から感謝されることで、あなたの幸福感は満たされて自信に繋がります。

 

自信を持つことで、嫉妬心は減っていき無くす事ができます。

(※)もしあなたが「恋人に感謝されるためにできることを具体的に知りたい」という気持ちの場合は、次の記事を参考にして下さい。

彼氏のためにできることって?彼氏が喜ぶ8つのこと

癒したい彼女へのプレゼントは何がいい?体験談

 

恋人を知り理解し合う

恋人とあなたがお互いをよく知り、理解し合うことで信頼感が生まれれば、嫉妬は抑えることができます。

 

ですので、あなたは恋人とお互いのことをもっと話し合い、よく知るようにして下さい。

 

例えば、彼女(彼氏)の人間関係、特技、好きなこと、結婚願望の有無、(よければ恋愛歴も)などを聞いてみるのです。

 

友人関係などは、昔の写真などを見せてもらうのも良いですね。

 

それに加え、出来れば「あなたが嫉妬するポイント」を、相手にも知ってもらうことも必要です。

 

勿論、お互いにプライバシーはありますので、知る必要のないこともあります。

 

しかし、知らないからこそ気になったり嫉妬したりすることは多くあります。

 

例えば、このサイトの管理人(男)の体験で、彼女を信頼していたので嫉妬を抑えられた体験があったそうです。

「ある時、彼女が『同級生の女友達と泊まりの旅行に行く』ことがありました。もし、彼女を信じる気持ちと、彼女の友人の女性を知らなければ「女同士の旅行だとしても心配になり嫉妬していた」と思います。しかし、彼女から「友人の女性のことを聞いていて知っていた」ので、嫉妬をすることは無かったです』

 

恋人に依存せずに1人の時間を楽しむ

嫉妬を抑え、恋人からいつまでも愛されるためには「1人の時間を大切にする」ことが必要です。

 

つまり、自分の時間が充実すれば、嫉妬など些細なことに思えてくるのてす。

 

あなたが恋人に嫉妬してしまう気持ちはよくわかります。

 

しかし、あなたが恋人のことばかり考えて、相手に依存してしまっては、恋人はあなたのことを重く負担に感じてしまうでしょう。

 

ですので、一人の時間は恋人のことを忘れ、趣味や好きなことに時間を使って下さい。

 

「そんなことを言われても、どうすればいいか分からない・・・」と言うあなたは、まず部屋の掃除をすることお勧めします。

 

フローリングをキレイにしたり、ベランダ、網戸、換気扇などもキレイにするのも良いですね。

 

あなたの部屋の中が綺麗になると、部屋の中で1人の時間を過ごすことが楽しくなるはずです。

 

一人の時間を楽しむと、結果、嫉妬は抑えられます。

 

嫉妬する気持ちを我慢しないで伝えよう

嫉妬を抑えるためには、嫉妬の気持ちを我慢しないで気持ちを吐き出すことも必要です。

 

嫉妬を我慢するばかりなのは良くありません。

 

その理由は、イライラを溜め込んで突然爆発しては、二人の関係にヒビが入ってしまうからです。

 

また、恋人が全く無自覚で、あなたに嫉妬させるような行動をとっている場合もあります。

 

ですので、自分の心に余裕があるうちに、冷静になって相手に気持ちを伝えておきましょう。

 

あなたの嫉妬心も少しは解消されますし、気持ちが伝われば、恋人も理解して行動を改めてくれるかもしれません。

Sponsered Link

嫉妬を抑えて楽な気持ちになれた体験談

私(T:女)も、女性が多い職場で働く彼氏に嫉妬した経験があります。

 

彼は休日も女性から仕事の電話があったり、女性ばかりの飲み会に誘われることも多く、その度に私は嫉妬で苦しくなっていました。

 

はじめは彼に気持ちを伝えて解消していましたが、仕事なのでどうしようもありません。

 

そこで、私は嫉妬であまりにも卑屈な気持ちになるので、嫉妬を抑えるために考え方を変えることにしました。

 

彼について知っていることや、自分が「愛されている」と感じた事実だけを信じることにしたのです。

 

例えば、「彼はあくまで仕事で女性と接している」、「女性が多い職場にいても、彼は私を選んだ」、「彼は私が作った料理を喜んでくれる」等です。

 

嫉妬が完全になくなることはありませんが、冷静に考えることで以前より楽になることができました。

 

また、次の本を読んで「彼氏に嫉妬や愚痴を言うブスになりたくない」と思ったことが嫉妬を抑えられるようになったきっかけです。

男性脳は、あなたの愚痴なんか聞いちゃいないのである。(中略)愚痴を言えば言うほど、彼の脳裏の幻想の「あなた」がブスになる。恨みがましい目の、うっとおしい女になってゆく。

〝「愛され脳」になれる魔法のレッスン〟より引用 黒川伊保子著 講談社+α文庫

 

まとめ

 

嫉妬をしてしまう、あなたの気持ちはよくわかります。

 

しかし、嫉妬の原因を知り、対策をあなたが実行することで、嫉妬を抑えたり嫉妬心をなくすことはできます。

 

大切な恋人と良い関係でいるために、上記のことを是非試して乗り越えてくださいね。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔で幸せになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link