彼氏を好きなのに、うまくいかない。どうしたらいい?【体験談】

「彼氏を好きなのに、うまくいきません。どうしたらいいの?」と、悩むあなた。

 

彼を好きなのにうまくいかない時は、次の5つを試してみて下さい。

① 彼氏と自分の違いを確認する

② 本音を言える関係になる

③ 自分の求めることを彼氏に伝える

④ 「愛されたい」と思いすぎない

⑤ 彼氏と話し合う

Sponsered Link

彼氏と自分の違いを確認する

あなたが彼氏に求めることと、彼があなたに求めていることが違う場合があります。

 

それを認識しないと、恋愛はうまくいきません。

 

例えば、「あなたが好きだからいつでも一緒にいたい」と思っても、彼は「好きだけど、お互いの時間を大切にしたい」と思っているかもしれません。

 

きっとあなたは、「休みの日も一緒にいたいのに、彼は自分の趣味に楽しんでいる…。それって私のことは好きじゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、そうではないのです。

 

彼の方は、あなたの時間が大切だから、いつも一緒ではなく一人の時間を作っているのです。

 

あなたへの愛情が小さいわけではなく、恋愛観の違いによるものです。

 

あなたが「あれ?」と思うことがあれば、それは愛情の差ではなく、考え方や感じ方の違いによるもの。

 

それをまず認識してみましょう。

 

本音を言える関係になる

彼氏と本音を言いあえる関係になりましょう。

 

本音を言える関係でないと、付き合っていても楽しくないし長続きしません。

 

「本当は〇〇してほしいのだけれど、遠慮して言えない」、または、「言うと嫌われてしまいそうだから言えない」ということはありませんか?

 

我慢しているとストレスになり、「どうして私ばかり我慢してなきゃいけないの?」と思ってしまいます。

 

しかし、我慢しているのはあなただけでない可能性も。

 

彼の方もあなたに嫌われたくないから、本音を言わず我慢しているかもしれません。

 

そして彼も、「なぜ自分ばかり…」と思っているのかも。

 

「嫌われたくない」と思う気持ちは誰にでもあるものです。

 

しかし、それが本当に嫌われることかどうかは、言ってみないとわかりません。

 

遠慮しているつもりが、実は相手を傷つけていることもあります。

 

心理学の本には、次のように書かれています。

心理的な要因ですれ違ってしまう場合は、コミュニケーション不足以外の原因も考えられる。「愛している」という言葉が恥ずかしくて言えないでいると、相手が「愛されていないのでは?」と思い込むなど、心のすれ違いが生じる。ただしこの場合は、「愛している」と言葉にできない側にだけ問題があるのではない。「愛している」と言ってもらえなければ愛されていないという思い込みが、すれ違いを生んでいるとも言えるのだ。

気持ちのすれ違いを防ぐには、自分の固定観点にとらわれず。相手の気持ちになって考えることが大切だ。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤勇著 朝日新聞出版

誤解をしないためにも、お互いに本音を言うようにしましょう。

 

自分の求めることを彼氏に伝える

付き合い始めの頃は、相手の気持ちも考え方もわかりません。

 

彼もそのせいで戸惑ったり、悩んだりしているのかも。

 

それなら、彼氏に求めることを伝えましょう。

 

例えば、「友達とばかり遊んでいないで、私との時間を増やしてほしい」、「友達には、きちんと自分を紹介してほしい」、「1週間に1回でいいから、「好き」と言ってほしい」など、あなたが彼氏に求めることをきちんと伝えましょう。

 

言葉にしないと、わからないこともたくさんあります。

 

もちろん、それが相手にとって迷惑になることだったり、重荷になることだったりするのはよくないので、それも確認しましょう。

 

さらに、彼があなたにして欲しいことを聞いてあげることが大切です。

 

「愛されたい」と思いすぎない

付き合っている彼には、「自分を愛してほしい」と思うのは当然ですが、自分ばかりが愛されたいと思いすぎるとうまくいきません。

 

例えば、「自分だけを見てほしいから、友達とは連絡を取り合わないで」、「私が好きなら、スマホに履いている女性からの連絡先は消して」などといった愛情は、独りよがりのものです。

 

もし、何度も好きな人とうまくいかないのなら、あなたに問題があるのかもしれません。

 

あなたの愛し方が彼を幸せにしないのかもしれません。

 

自分の愛し方を振り返ってみましょう。

*関連記事:「彼氏に愛されたい」あなたが愛されるためには?【体験談】

 

彼氏と話し合う

彼氏と話し合い、お互いに理解しあって歩みよることで、うまくいく可能性があります。

 

例えば、「ご飯を音を立てて食べない」ことや、「なるべく人の悪口・影口は言わないこと」等です。

 

それらのことなら努力しやすく解決しやすいことです。

 

しかし、好きな彼氏とうまくいかない原因が、お互いが思う〝常識・性格・価値観〟が合わない場合は別れることをオススメします。

 

それらは、努力をしてどうにかなるものではないからです。

Sponsered Link

彼氏を好きなのに上手くいかない理由とは?

あなたが好きな彼氏なのに、上手くいかないことで悩む理由は「性格が彼氏と合わないと頭ではわかっているけれど好き」という葛藤があるからかもしれません。

 

もし、お互いの根本的な性格や価値観が合わない場合、どんなに表面で合わせようとしていても、どうしても、すれ違いが出てきます。

 

そのような付き合いを継続するのは、とても難しい事です。

 

彼氏かあなたのどちらかの大きな忍耐が必要です。

 

また、お互いに変わろうとしても根本の性格を変えるのは簡単ではありません。

 

ですので、しんどい思いが続きます。

 

そのような場合は、お互いを尊重して別れも考えても良いのではないでしょうか?

(好き同士なので辛いと思いますが、遅かれ早かれそのようなことになることが多いです)

*関連記事:付き合うのがしんどいとき、どうすれば良い?5つの対処法

 

性格などが合わず愚痴を言い続け、渋々結婚生活を続けて一生を終える人も実際にいます。

 

あなたは彼と、どのような未来を望んでいるのでしょうか?

 

好きな彼氏なのに、うまくいかないのは「あなたとピッタリ合う男性ではないですヨ。」と神様が教えてくれているのかもしれません。

 

「好きだけど別れる」ことは、あなたと彼氏の幸せのために、おかしいことではありません。

 

好き同士なのにうまくいかずに別れた体験談

好き同士なのに上手くいかなかった体験が管理人(男)にもあります。

 

管理人の元彼女は「普通の家庭があれば良い」という考えで、管理人はフツーではイヤなタイプです。

 

また、別の元彼女は「今すぐにも一緒に住みたい希望がある」でしたが、自分は「彼女自身の問題を片付けてから同棲生活などに進みたい」というズレがありました。

 

どちらのケースもお互いに好きでしたが、後にうまくいかずに別れることになりました。

 

好きな人と別れることは辛い事ですが、今思うと「それで良かったのだ」と思えます。

 

無理に付き合っていても、お互いが不幸だからです。

 

お互いが好き同士だからといって、恋人関係がうまくいくわけではないのです。

 

好きだけどうまくいかなかった女性の体験談

私(Y.M:女)にも、過去に緊張してしまったあまり、付き合ってもうまくいかなかった経験があります。

 

恋をした男性と交際できることになり、有頂天になった、まではよかったのですが、男性とお付き合いをしたことがなく、どうしたらよいかわかりませんでした。

 

二人きりで会っても、緊張して話もできません。

 

彼が一生懸命話しをしてくれているのですが、こんなことを言ったら変だと思われてしまう、嫌な女性だと嫌われてしまうのでは、とおびえ、会話さえ成り立たなかったのです。

 

それでも彼はデートに誘ってくれました。

 

笑うことさえうまくできなかった私は、どんなに無愛想だったことか。

 

でも、大好きだったことは確かなのです。

 

その気持ちは彼には伝わりませんでした。

 

彼もそれほど大人ではなかったのでしょう。

 

まとめ

 

好きで付き合ってもうまくいかないな、なんだかギクシャクして楽しくない、などと思うこともあるでしょう。

 

それはお互いが本音で向き合っていないからかもしれません。

 

また、相手の気持ちになっていないのかもしれません。

 

「好きならこうなはず」という思い込みも、うまくいかない原因となります。

 

恋愛観は人それぞれです。

 

相手の愛し方を理解し、自分の愛し方も理解してもらえるよう、二人で話し合うことも大切です。

 

あなたの疑問と悩みが解決し笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈ってます。

Sponsered Link