彼氏に不満を伝える方法とは?【体験談】

「彼氏に不満を言えないです。つい我慢して不満を溜め込んでしまいます。不満を伝える方法はありますか?」と、お悩みのあなた。

 

不満を溜め込むことは、あなたにとっても彼氏にとっても良くありません。(実際に私も(T:女)も彼に不満が言えなくて溜め込み感情が爆発した経験があります)

 

不満を言えないあなたが彼氏に不満を伝える方法は、普段から思っていることを小出しにして彼に言うコトで〝不満を伝える練習〟をすると良いでしょう。

 

また、彼に不満を伝えるときは、あらかじめあなたの言いたいことをノートに書いて整理したり、彼を尊重する態度をとることがオススメです。

 

どうしても口に出して彼に不満が伝えづらいなら、LINEや手紙も利用してみて下さい。

Sponsered Link

不満は小出しにして彼氏に伝える

彼氏にあなたが不満に思っていることを小出しに言っていくことは、「不満や本音を伝える練習」になります。

 

彼に伝える不満の内容は、本当に小さなことからで大丈夫です。

 

例えば、「ドアは静かに閉めてほしい」・「靴はそろえてほしい」などですね。

 

きっとあなたも彼氏に、「指摘するほどの不満でもない」と思って飲み込んできたことがあると思います。

 

しかし、こうした彼の態度で気になったことは、なるべくその場で彼に伝えるようにしてみて下さい。

 

重大な不満ではなく些細なことであれば、あなたも不満を伝えやすいはずです。

 

また、彼氏に些細な不満を言うコトは悪いことではありません。

 

不満を溜め込みすぎると、あなた自身がツラくなりますし、感情が爆発してしまうこともあります。

 

ですので、小さなことから少しずつ、彼に本音を伝える努力をしていきましょう。

感情を出すことは必ずしも悪ではなく、むしろ我慢して無理に押さえ込むほうが長い目で見ると有害

“すぐ感情的になる人”より引用 片岡珠美著 PHP新書

 

不満や本音の言いたいことは整理する

もしあなたが、「不満や本音を言って2人の雰囲気が悪くなるのが心配」という気持ちで、彼に不満を言えずにいるのなら、不満を伝える前にあなたの言いたいことをノート等に書いて整理しておくと良いでしょう。

 

なぜなら、回りくどく長い話し方で彼氏に不満を伝えることは、二人の雰囲気を悪くする原因になるからです。

 

不満は言いにくいものですが、回りくどい説明をしては男性には伝わらず、彼をイライラさせてしまいます。

 

ですので、彼氏に何が言いたいのかをハッキリさせて整理してから、端的に不満を説明するようにしてみて下さい。

 

また、不満を伝える時には、過去のことを蒸し返してネチネチと彼を責めないようにすることも大切です。

 

不満だけを端的に伝え、その後は根に持たず、スッパリと忘れましょう。

 

後腐れない不満の伝え方をすれば、ずっと雰囲気が悪いままになることはありません。

 

不満を言うときは彼氏を尊重する

きっとあなたの気持ちは、「彼氏に不満を伝えることで、二人の関係が壊れることも心配している」気持ちかもしれません。

 

しかし、あなたに彼を好きな気持ちや、彼を尊重する態度があれば、関係が壊れる心配をする必要はないでしょう。

 

なぜなら、彼氏に不満を伝えることは、別れ話や彼の人格を否定することではなく、「二人の未来を良くするための行動」だからです。

 

きっとあなたは自分のためだけでなく、彼のことを思うからこそ不満を伝えたいのではないでしょうか?

 

ですので、あなたの思いを伝えるためにも、「好きだから不満を伝えている」・「嫌いになったわけではない」ということは必ず彼に伝えましょう。

 

そして、不満を言うときは、命令口調になったり責めるのではなく「今後は~してくれると助かる」といった優しい口調を心がけて下さいね。

 

不満を伝え、お互いが納得できるように妥協点を探るのも、二人の今後のためには大切なことです。

Sponsered Link

LINEや手紙を活用して不満を伝える

もしあなたが「どうしても彼氏に不満を言いづらい」なら、彼に直接言うのではなく、LINEや手紙などに頼っても良いですね。

 

もちろん、直接顔を合わせ、彼の反応を見ながら話をするのが一番良いことは言うまでもありません。

 

しかし、あなたが直接会うと感情的になって泣いてしまったり、不機嫌な態度をとる可能性が高い場合は、LINEや手紙を利用すると良いでしょう。

 

文字を書くことで、あなたも気持ちの整理ができますし、彼も冷静に内容を受け止めることができます。

 

そして、あなたの気持ちが落ち着いたら、直接、彼にも向き合ってみて下さいね。

 

彼氏に不満が言えなかった体験談

私(T:女)も、彼氏に不満を言うことができず、苦しんだことがあります。

 

些細な生活習慣の違いや、価値観が合わないと感じることがあっても、「彼に嫌われたくない」・「心の広い彼女でいたい」という気持ちあり、我慢していました。

 

ただ、彼には「茶碗に米粒を残したままご飯を終える」という、私にはどうしても理解できない癖がありました。

 

私はこれを見るたびに不満でイライラしていましたが、自分では我慢できていたつもりでした。

 

しかし、ある日突然、今までの不満を我慢していた色々な気持ちが爆発してしまい、米粒を残すことについて彼を罵倒し、彼の親や彼の人格まで否定してしまったのです。

 

本来なら軽い注意で済むことを徹底的に責めたことで、彼には引かれてしまいましたし、関係を修復するのに時間もかかりました。

 

不満を溜め込んで爆発するのは最も良くないことです。

 

ですので、それ以降は、不満を溜め込まず、少しずつ彼へ不満を伝えるようにしています。

 

まとめ

 

彼氏に不満を言えず、「自分さえ我慢すれば丸くおさまる」と思うあなたの気持ちはよくわかります。

 

しかし、不満を言わずにストレスが溜まるのは精神的によくありませんし、我慢するだけの一方的な関係では、彼と長く付き合っていくことはできません。

 

不満は小出しにして、彼と上手にお付き合いして下さいね。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔で幸せになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link