好きな気持ちが止まらない。どうしたらいい?【体験談】

「好きな気持ちが止まらない・・・。好きで好きでしょうがない。この気持ちを、なんとか止めたいけれど、どうしたらいいの?」という、あなた。

 

「好きな人を、どうしようもなく好きすぎる」気持ちのときってありますよね。

 

好きな気持ちが止まらないのは男でも女でも同じです。

 

一度、好きな気持ちが芽生えてしまったら止めることは困難です。

 

ですので、好きな気持ちをムリに止めないでも良いのです。

 

しかし、もしあなたが本当に好きな気持ちを〝止めたい〟なら、2つ方法があります

① 好きな彼と会わない

② 好きな気持ちを自分自身に向ける

Sponsered Link

好きな気持ちをムリに止めない

好きな気持ちが止まらないのであれば、ムリに気持ちを止めないで、一生懸命好きな気持ちを続けることも大切です。

 

ムリに止めなくても良いのです。

 

あなたの好きな気持ちが止まるまで好きな人を好きでいることは、誰にも迷惑をかけません。

 

それは、あなた自身の気持ちだからです。

 

「止めたい」と思うから悩むのです。

 

好きな気持ちが止まらなくても、『永遠と言うことはありえない』と思ってください。

 

いつの日か、どんなカタチで終わるのか分からないけれど、終わりはきます。

 

それは、あなた自身に新しい好きな男性ができるのかもしれない。

 

もしかしたら、あなたの好きな相手が気持ちを受け止めてくれるかもしれない。

 

または、残念ながら、彼氏のあなたを「好きだ」と思う気持ちが止まってしまうかもしれません。

 

未来の二人気持ちや心理は誰にもわかりません。

 

好きな彼と会わない

「好きな気持ちが止まらないけれど止めたい」ときは、好きな彼との連絡を遮断して会わないことです。

 

好きな彼と会わないことや連絡を一切絶つことで、相手に対する好きな気持ちは弱くなります。

 

ですが、あなたの好きな気持ちが弱くなるまでは、辛い日々を過ごさないといけません。

 

「好きなのに会えない。好きなのに連絡を取れない」ことで、〝狂いそうになる〟こともあるかもしれません。

 

思わぬ行動を起こしてしまう人もいるでしょう。

 

好きな気持ちが止まらないことは、依存症になる薬のようなものだからです。

*関連記事:彼氏を好きすぎるとき、どうしたらよい?【体験談】

 

Sponsered Link

好きな気持ちを自分自身に向ける

好きな気持ちが止まらない時は、その気持ちとエネルギーを自分自身をもっと好きになる方向に向けることです。

*関連記事:好きな人を好きすぎる時、どうすれば良い?

 

好きな気持ちが止まらないのに気持ちを我慢しすぎることは危険です。

 

例えば、世の中にいるストーカー。

 

きっと、そんな人たちも好きな気持ちが止まらない恋愛感情があったのです。

 

ですが、どこかでストップを無理やりかけられてしまう。

 

その人の気持ちは関係なしに、好きな人への好きな気持ちが止められないまま関係をセーブされます。

 

例えば、突然の別れなどですね。

 

しかし、その残った強い好きな気持ちは、どこに向かえば良いのでしょうか?

 

その答えは、相手に気持ちを向けるのではなく自分をもっと好きになる方向に向けることです。

 

ストーカーは異常だと怖がられますが、誰でも起こりえる過剰な愛情です。

 

しかし、その愛情は相手を本当に思う好きな気持ちというよりも、自分自身だけを思う愛情です。

 

好きな気持ちが止まらなかった体験談

私(女)は過去に妻子ある男性を好きだったことがあります。

 

同じ職場なので、どうしても毎日のように顔を合わせます。

 

更に彼には妻子があり、自由に会えないから余計に、好きな気持ちが止まらなくなるのです。

 

その体験から言えることは、自分自身で好きな気持ちを抑えることなんて出来ないんです。どうしたって。(もちろん人それぞれです)

 

でも、自分では好きな気持ちを止めることは出来ないけれど、いつか好きな気持ちが止まる日は訪れるのです。

 

それは突然でした。

 

彼が体調を崩して、しばらく入院をすることになったのです。

 

そのとき、会社の仲間とお見舞いに行ったんですが、彼の妻と子もいました。

 

もちろん、当たり前の光景なのですが、現実を目にすると何とも言えない敗北感があります。

 

結局、もともと奥さんは飲食店で働く御主人を良いと思っていなくて、「身体も壊したことだし仕事を辞めてくれ」と頼んできたそうです。

 

私の好きな気持ちが止まらなかった彼は、奥さんの言う通りになり職場を辞めました。

 

結局、彼の携帯番号やメールアドレスも変わり、二度と連絡が取れない状態になったのです。

 

もしかしたら、奥さんの第六感的なモノが働き、私達を遠ざけたのかもしれません。

 

私の好きな気持ちよりも、奥さんの好きな気持ちの方が勝っていたのかもしれません。

Sponsered Link