好きな人を好きすぎる時、どうすれば良い?

「好きな人が好きすぎる」と悩むあなた。

 

わたし(女)にも、同じような経験があります。

 

片思いの好きな人のことが好きすぎるとき、その人は自分にとって憧れの存在で、芸能人やアイドルのように手の届かないような存在でした。

 

好きな人と両想いになりたくて辛いときは、あなたが本当に望んでいるものは何か?ということを、見極めてみましょう。

Sponsered Link

好きな人を好きすぎるときのあなたとは?

好きな人を好きすぎるとき、好きな人との絆や暖かい感情よりも、あなた自身の欠乏感のようなものを、感じていることが多いのではないでしょうか?

 

そしてその欠乏感は、〝自分の存在を忘れていたり置き去りにしているとき〟に訪れるのものだと感じます。

 

あなた自身の人生を生きれられていない時や、あなたの感情や気持ちをないがしろにした時にそのような状況になるのです。

 

あなた自身に、もっとトキメキを感じましょう♪

 

自分自身の味方でいよう

好きな人を好きすぎる時は、自分自身の考え方や行動・性格やクセに対して優しくなること、自分が苦しまないように楽にいられるように自分の声や考えに耳を傾けることです。

 

誰がなんと言おうと、あなた自身が自分の味方でい続けること。

 

このように、あなたが自分自身の味方〝一番の理解者になることで、自分に対して良い感情を感じることが出来ます。

 

あなたのなかに自分を否定する思考がなくなるので、あなたらしくいられ自分自身でいることが楽に感じられるようになります。

 

そうしていくことで、自分にとっての心地良さがどのような感覚なのか?がわかり、あなたが、ここち良く感じるものに反応することが出来るようになります。

 

そして、その心地良いものや環境を自らの意志で選択していきます。

 

そんなあなたにとって優しく理解のある自分でいることで、胸の高鳴り・トキメキを感じることができます。

 

その胸の高鳴り・トキメキは、あなたのなかで静かに感じるもので外側からはわからないようなこともあります。

 

つまり、あなたが、自分自身との信頼・絆のようなものを、たしかにそこに感じられるから、外側にアピールしたり〝多くの表現をする必要がなくなる〟ということにもなります。

 

「トキメキは静かに自分の内側で感じる」というようなイメージです。

Sponsered Link

 

好きな人と両思いになりたい時は、どうすれば良い?

好きすぎる人と両想いになりたいときは、まず〝両想いになりたい理由〟を見極めてみましょう。

 

そして、その理由が〝自分のなかの欠乏感から来るもの〟だと感じたのなら、好きすぎる感情が、あなた自身にむくように努力してみましょう。

 

自分に優しくなり、自分の味方・いちばんの理解者になり、あなた自身にトキメキを感じましょう♪

 

「好きな人と両思いのカップルになりたい」と感じた時、自分の心地よさを大切にしてみよう。

 

そこから、今以上に、見えてくるもの感じられることがあるかもしれません。がんばってください!

Sponsered Link