告白されて『OK』のときの返事の仕方とは?【体験談】

「告白してくれた男性と付き合いたいけれど返事の仕方で悩んでます。『お願いします』だとカタイ気がするし・・・。なんて答えたら良いの?」と悩むあなた。

 

告白されたときのOKの返事の仕方は、あなたのありのままの気持ちで返事をすれば良いのです。

 

ですので、「お願いします」でも問題ありません。

 

「ありがとう。こんな私でもイイですか?」というのも、かわいい返事の仕方で良いですね。

Sponsered Link

告白されたときの返事の仕方で気おつけたいこと

告白してくれた男性は、飾らない〝ありのままのあなた〟を好きになったはずです。

 

だから「あなたと付き合いたい」と思って告白をしています。

 

「『お願いします』『宜しく御願いします』では、少し真面目すぎるかな?カタイかな?」と、思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

 

告白をしてくれる人は、至って真面目に告白しているのです。

 

「もしかしたら、振られてしまうかも?」と思って、不安な気持ち半分ありながら勇気を出して告白しています。

 

真面目な告白に対して真面目に返事するのが礼儀であり、当然ではないでしょうか?

 

例えば、もし告白してくれた人から「好きです。付き合ってもらえませんか?」と言われたとき。

 

「もちろん。了解でーす」など、ふざけた返事の仕方だとします。

 

そのような返事は、真面目に告白した人にとって〝バカにされているような気持ち〟になってしまいます。

 

ですので、告白の返事で「宜しくお願いします」と言うことは問題ありません。

 

告白されたときの返事の仕方で悩むあなたへアドバイス

告白されたときに、OKの返事の仕方で悩むことはヒトツもありません。

 

ありのまま素直な気持ちでOKの返事をすることが一番良いのです。

 

告白した相手は、特に情熱的なセリフを求めているワケではありません。

 

告白されたあなたは、「素敵な言葉でOKの返事をしたい」と思われているかもしれません。

 

ですが、告白した人は普通に返事してくれれば満足なのです。

 

「嬉しい。ありがとう。」だけでも、告白した相手にとっては嬉しいものです。

 

無理にウケを狙うことや、情熱的なセリフや飾ったコトバは逆に不自然です。

Sponsered Link

 

告白の返事の仕方が衝撃的だった体験談

私(女)が好きな男性に告白した時の話しです。

 

年上の先輩を好きになり、勇気をだして告白をしました。

 

その先輩は普段からクールで物静かでカッコイイ先輩でした。

 

デートの後に海を見ながら「好きです。付き合って頂けないでしょうか?」と先輩に言ったところ、「OK」の返事をもらいました。

 

告白の返事の後に「付き合っていいとも!」と言われたことが、衝撃的で忘れられません。

 

満面の笑顔で「OK」をくれた先輩でしたが、まさかのお笑い返し・・・?

 

好きな先輩としては、緊張している私をほぐすためにユーモアで返してくれた?のかもしれません。

 

ですが、なんだか「・・・」な気持ちでした。

 

「クールで物静かな先輩に恋していたのに・・・」という気持ちです。

 

もちろん、いつもクールで物静かな姿ばかりではないですが、でも、勇気を出して告白した瞬間は、「普通に返してほしかった」と思いました。

 

告白した場所や言葉は、何年も思い出に残り消えないものです。

 

だからこそ、良い思い出にしたかったですね。

 

まとめ

 

告白されるパターンは様々あります。

 

ラインやメールで告白をされること、電話で告白をされること、そして直接会って告白されること。

 

告白される環境はそれぞれ違うかもしれませんが、あなたに告白する側にとっては、真剣勝負です。

 

いつも仲良くしていてOKをもらえる相手だとわかっていても、告白するときは勇気がいるものだからです。

 

ですから、告白されて「OK」の返事をするあなたも真剣に答えるのが礼儀でありマナーです。

 

返事の仕方をあまり深く考えてしまうと、逆に違和感のある返事になってしまいます。

 

ですので、あなたのありのままで、素直に「宜しくお願いします。ありがとう」という気持ちを返事で伝えてあげてください。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link