「彼女にしてください」はアリ?告白のセリフより大切なことって?

「『大好きです。彼女にしてください』と告白をしようと思っています。でも好きな男性からの印象はいいのかな?もっと気持ちが伝わる男性がグッとくる告白って、ありますか?」と悩むあなた。

 

「彼女にしてください」という告白の言葉は、ストレートでとても良いですね。

 

ただ、告白のセリフよりも大切なことは今の2人の関係です。

Sponsered Link

「彼女にして下さい」という告白が良い時と悪い時

「私を彼女にしてください」「彼女にしてくれませんか?」という告白のセリフは、とても良い場合があります。

 

ただし、その告白が良いケースとは、あなたと大好きな男性が毎日のように挨拶をしつつ、〝くだらない会話も真面目な話もできる仲良い関係〟の場合です。

 

もし、あなたと好きな人とが〝目が合う程度〟や、〝多少の会話をした程度の関係〟であれば、いきなり「彼女にしてください」と伝えても難しいかも知れません。

 

その理由は、多少の会話をする関係では男性に驚かれるし、告白される男性が真面目な性格の人であれば、なおさら「チョット待って・・・」と、受け取る可能性があるからです。

 

あなた自身が思っているよりも、相手の男性は「あなたのことを知らない」可能性もあります。

 

例えば、あなた自身が〝告白される立場〟と想像して考えてみてください。

 

もし会話を多少する位の関係の男性に「彼氏にしてください!」と告白されたら、「え?どうしようかな?」と、少し戸惑ってしまいませんか?

 

あなたと大好きな男性が、〝仲良しで会話もできる友達〟だからこそ、友達と思っていた女性から、「彼女にしてください」と告白されることは、男性がギャップを感じて〝グッとくる効果〟があります。

 

ですので、もしあなたが「好きな男性と会話が少ない」場合は、いきなり告白をするよりも2人で〝食事などに出かける回数を増やす〟のが良いですね。

*参考記事:好きな人と遊ぶ時どこに行き、どのように過ごしたら良い?

 

そして2人が友達以上の関係になることが、〝失敗しない効果的な告白〟につながります。

*参考記事:気になる人にアプローチする方法とは?【体験談】

 

告白のセリフに悩む、あなたへアドバイス

男性を好きになると恋心が暴走してしまうのは、よくあることです。

 

ただ、好きだからこそ告白は失敗はしたくないですよね。

 

今、もしあなたの大好きな男性との関係が、そこまで仲良くない場合。

 

そして、あなたが「彼女にしてください」と告白して、「OKをもらえる関係になっている」と、自信をもてないなら、ワンクッションおいて、あなたの気持ちを落ち着かせましょう。

 

もし2人の関係が、男性からあなたへ「どこかに一緒にでかけよう」「いつもオシャレで可愛いね」など、あなたのテンション上がる言葉を言われているなら、「彼女にしてくだい」もアリです。

 

それらの言葉は男性にも好意がある可能性がある言葉であり、告白に成功する可能性が大きいからです。

 

ですので、まずは告白のセリフよりも、今現在の2人の関係で「彼女にしてください」が成り立つか?を、考えてみてください。

*参考記事:脈ありな男性の行動と会話5つ!

 

告白はLINEやメールでも良いの?

告白は手紙やメール、LINEでする女性も多いですよね。

 

ただ、告白をするなら「2人きりで顔を見て男性に伝えること」をお勧めします。

 

その理由は文字だけでは、あなたの気持ちが伝わりずらいからです。

 

また、「LINEやメールで告白するのは男性の表情や反応が分からない」からです。

 

男性から反応がすぐに来ないだけで、ネガティブな想像ばかり膨らませてしまうかもしれません。

 

告白するという胸キュンなシーンは、好きな男性に直接会ってこそ感じることができます。

Sponsered Link

告白で成功した体験談

私(S:女)の場合は、男性を好きになると、すぐに告白をしたくなります。

 

それこそ、あまり会話もしてない外見で好きになった程度でも、当って砕けろ精神で告白してました。

 

そんな学生時代を過ごしたせいか、告白した結果は半分が成功といった感じでした。(つまり半分は失恋です)

 

社会人になり少し男性のことを知り、〝心理作戦で告白すること〟を身につけました。

 

男性を食事に誘いプライベートで仲良くなり、友達としての関係を確実にしていきました。

そして好きな男性に、「好きな人いる?」や「彼女いる?」と、さりげなく会話で聞き出せるほど仲良くなれるようになりました。

 

オシャレなデートコースを紹介している雑誌を2人でいるときに見て、「ここの料理、めちゃ美味しそう。でも、1人で行っても寂しすぎるよね」と笑いながら、男性に何度となく露骨に「あなたと一緒に行きたい」にアピールをしました。

 

そうすると男性も「じゃあ、今度行こう」と言ってくれるようになったのです。

 

告白はしていないものの、デートのようなことは2人で重ねました。

 

そして帰り道ではじめて、好きな男性に告白しました。

 

好きな男性は、「彼女だと思っていたけど違ったの?」と、笑顔で返してくれました。

 

まとめ

 

告白をすることは、とっても勇気がいることですよね。

 

ただ、闇雲に「彼女にしてください」と、いきなり言うことは危険すぎます。

 

告白は勢いも大事ですが、告白する前の二人の関係や告白をする風景や時間など、全てのタイミングがマッチしてこそ、告白は素敵な時間になるのです。

 

あなたの疑問が解決し、大好きな彼の彼女になれますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link