彼氏に「寂しい」と言えない時の気持ちの伝え方【体験談】

「彼氏に会えない時に『寂しい』と言えないです。でも、重くならないように彼に寂しい気持ちを伝えたいです」と、悩むあなた。

 

重くならない寂しい気持ちの伝え方は、素直になって前向きで具体的な気持ちの伝え方をすることで、結果的に、彼氏に気持ちが伝わります。

 

つまり、彼を困らせないような伝え方をすれば良いのです。

 

具体的に、寂しい気持ちを彼に伝える方法は3つあります。

① lineで可愛くすねる

② ポジティブに寂しさを伝える

③ 「少しだけ会いたい」と言う

*関連記事:「会いたい」と言えない。どうすればいい?【体験談】

 

Sponsered Link

「寂しい」と言えない時は素直になる

寂しいと言わないで我慢したり、彼氏に会えない時間が長いと見えない不安が襲ってきますよね。

 

彼から「会いたい」と言われないと、不安な気持ちに拍車がかかります。

 

しかし、あなた自身の気持ちを抑えることが良い結果に結びつくとは言えません。

 

ですので、気持ちに素直になり彼氏に表現することも大切なことです。

 

ラインで可愛くすねる

lineで可愛らしく、すねてみましょう。

 

例えば、「えー会えないの?寂しくて寂しくて痩せちゃうかもよ」とおどけてみせる。

 

頬を膨らませて怒って(怒ったフリ)みる。

 

泣き真似をして(彼に泣き真似だとわかるように)「寂しいよ~」と言ってみる。

 

または、「○○君の顔が見たい(><)」とストレートに伝えることもできます。

 

あなたの子どものような振る舞いで、ストレートに気持ちを伝えるのも一つの方法です。

 

ボジティブに寂しさを伝える

明るく、ポジティブに寂しいことを伝えましょう。

 

暗くなったり、しんみりしたりしてはいけません。

 

元気な声で「早く会いたいね!」と言ったり、「大好きな人に会えないってこんなに寂しいんだね!」と愛情を伝えながら寂しいことも言葉にしてみましょう。

 

または「行きたいところがあるの!次のデートがすっごく楽しみ!」と言ってみるのも良いでしょう。

 

大切なのは、あなたがポジティブな気持ちでいることが伝わるようにすることです。

 

きっと、彼は「会えない寂しさで彼女が悲しんでいる、でもどうようしようもない」という気持ちを抱えているはず。

 

そんな時、しんみりしたり責め立てたりする雰囲気を出すと、彼がつらくなります。

 

彼がつらくならないよう、「自分は大丈夫だよ!」と伝えてあげましょう。

 

それと同時に大好きだから会えないと寂しいけどね、ということも伝えてください。

 

寂しいのに、それを我慢して元気にふるまうあなたが健気で、かわいらしく映るはずです。

*関連記事:会いたい気持ちを我慢する3つの方法【体験談】

 

「少しだけ会いたい」と言う

寂しくて我慢できない時には、会いに行きましょう。

 

ただし、少しだけです。

 

彼の顔を一目見たらすぐに帰りましょう。

 

サプライズで会いに行くのもよいし、彼に「少しだけ顔を見たい」と伝えるのも良いでしょう。

 

会った時は笑顔を忘れないように。

 

笑顔で会い、笑顔で去りましょう。

 

寂しい時は会えない時間を充実させる

会えなくて「寂しい」と言えなときは、彼と会えない時間を充実させることも必要です。

 

「会えなくて寂しい」と落ち込んでいるだけでなく、彼と会えるその日に向かって楽しく時間を過ごすのです。

 

仕事に励む、友達と会う、エステに行く、スポーツジムに行く、読書をする、趣味やお稽古事をするなどできることはたくさんあります。

 

彼とのデートプランを立ててみるのもおすすめです。

 

自分が好きなこと、夢中になれることをしていれば、アッと言う間に彼と会える日がやってきます。

 

寂しさを感じている暇なんてないですよ。

 

楽しい時間を過ごしていれば、彼と会ったときも自然と素敵な笑顔で会えるでしょう。

Sponsered Link

彼に会ったときは無言でスキンシップ

会った時に行動で寂しさを伝えるのもおすすめです。

 

無言でギュッと彼に抱きついたり、くっついて離れなかったり…。

 

「どうしたの?」と聞かれたら「こうしていれば今までの寂しさが吹き飛んでいくから」と言いましょう。

 

彼と一緒にいる時は思い切り楽しく過ごす

彼と一緒にいる時は、寂しかったことを忘れ、楽しく過ごしましょう。

 

「どうして寂しい気持ちにさせるの?」と泣きついても、彼を困らせるだけです。

 

せっかく会えた時間にケンカにならないよう、楽しく過ごしましょう。

 

楽しく過ごすことで彼は思うはず。

 

「この女性に悲しい思いをさせてはいけない、寂しくさせてはいけない」と。

 

心理学の本には次のようなことが書かれていますので、ご紹介します。

悲しい話はやめましょう。二人でいるときこそ、何にもまして楽しいのですから。その瞬間を大切にしてください。そして、そういう幸せな光景をふとした瞬間に思い出したとき、胸にあたたかなものが広がります。大切な人がそばにいなくても一人ではないと気づいたら、さらに相手を愛おしく思えるでしょう。

『男についての100の質問』より引用 松本一起著 三笠書房

彼と楽しい時間を過ごせば過ごすほど、「会えない時間が寂しくなる」と思うかもしれません。

 

しかし、そうではないのです。

 

二人の時間が楽しいほど、一人でいても彼のやさしさや愛情を思い出し、温かい気持ちになれるのです。

 

それこそ、ケンカ別れした後の寂しさったらないですよね。

 

彼と会えない時間に寂しさを感じなくなるためにも、彼と一緒にいる時は楽しく過ごしましょう。

Sponsered Link

彼氏に「会いたい」と言えなかった女性の体験談

私(S:女)も、自分から「会いたい」と彼氏に伝えることができないタイプです。

 

その理由は、「会いたい」と言うことが荷物的な面倒な女性のイメージが強いからです。

 

自分が我慢することで、「彼が〝付き合いやすい女性〟と思ってくれるのでは?」と思っていたのです。

 

ただ、寂しいのでメールや電話はしつつも、やっぱり会えない期間に不安になりました。

 

「彼に他の女性が出来てしまったらどうしよう?」と思うようになったのです。

 

そんな不安で押しつぶされそうになるなら、「嫌われても良い」と開き直って、いきなり彼の家に休日行きました。

 

彼はびっくりしていましたが、すごく嬉しそうに部屋に入れてくれました。

 

彼自身も「『寂しい』と言わくなったから、俺への愛情が薄れてきたのかな・・・?と思っていた」そうです。

 

会えなくなくて寂しかった女性の体験談

私(Y.M:女)も彼(今の旦那さんですが)と会えなくて寂しいと感じたことがありました。

 

毎週末会っていたのに、彼の仕事の都合で1ヵ月会えないことに。

 

彼と会うのは私にとってエネルギーとなるものでしたから、会えないなんて困るのです。

 

週末の楽しみがなくなり、寂しさと退屈さで狂いそうでした。

 

そうだ!会いに行けばいいんだ!手土産も持って行こう!

 

と思った私は、彼に会えない1週間、マフラーを編み始めました。

 

手編みのマフラーなんてイマドキ流行らないですね(笑)。

 

編み物なんてしたことがありませんでしたが、本を見て、母親に聞きながら必死で編みました。

 

1週間はアッと言う間に過ぎ、その時は寂しさなんて感じる時間はありませんでしたね。

 

家も勤務先も離れていて、平日は会うことはなかったのですが、その時はどうしても顔を見たくて、私から会いに行きました。

 

マフラーを見た彼がとても感動していたのを覚えています。

 

私が手編みのマフラーなんて編むはずがないと思っていたので、ものすごいサプライズだったようです。

 

まとめ

 

寂しいけど彼にそれを言えない、という心理は分かります。

 

しかし我慢ばかりしていると、心が荒れてしまうかもしれません。

 

彼女に「寂しい」と言われて嫌な気持ちになる彼はいません。

 

ただ、泣き言を言われたり、責められたりすると、彼も困ってしまうでしょう。

 

明るく、ポジティブに、かわいいなあ、と思ってもらえるような伝え方が大切です。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link