「この人と結婚するんだろうな」と思ったキッカケ5つ【体験談】

「結婚するかもしれない相手には何か感じるもの?直感って当たる?」と結婚のきっかけについて知りたいというあなた。

 

結婚する相手に感じる直感や、結婚のきっかけは5つあります。

① 何でも話せる

② 自然体でいられる

③ 何度別れても、その人に戻る

④ 結婚する相手とはスピリチュアルなこともある

⑤ 結婚後は努力が必要

 

結婚する相手には、今までと違う感覚があることも少なくないようです。

 

その人といると安心したり、自然体でいられたりするなら、結婚相手の可能性が高いでしょう。

 

ここでは、実際に「彼と結婚するかもしれない」と思った男性と結婚した私(Y.M:女)の体験などをもとに解説します。

Sponsered Link

何でも話せる

結婚するかもしれない相手には、何でも話せてしまうことが多いです。

 

それは居心地がよかったり、話していて楽しかったりするからでしょう。

 

「こんな話をしたら、嫌われてしまうかも」などと考えることもなく話ができる相手なら、長時間一緒にいても苦痛ではないですよね。

 

結婚するかもしれない相手とは、価値観が似ている、共通点が多いという特徴もあります。

 

価値観が似ていたり、共通点が多かったりすれば話も弾むものです。

 

ただし、価値観が似ているから結婚後がうまくいくとは限らず、価値観が違うから結婚してもうまくいかないとは言えません。

 

「価値観が違うからこの人とは結婚しないだろうな…」と思っていても、一緒にいて居心地がよければ結婚する可能性があるということです。

 

自然と家族の話ができたり、子どもなど結婚に関係する話が出ても気まずい雰囲気になったりしないなら、その人は結婚相手かもしれませんね。

 

心理学の本には、次のようなことが書かれています。

人はプラスのことがあるから頑張ろうと思う「到達型欲求型」タイプと、マイナスな事態になるのがイヤだから頑張ろうと思う「回避欲求型」タイプのふたつのタイプが存在する。カップルの場合、お互いに異なるタイプの方が、長続きするという指摘がされている。両者のタイプが異なることで、お互いがアクセルとブレーキのような関係となり、最良の選択をすることが可能なのだ。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇監修 朝日新聞出版

 

自然体でいられる

背伸びすることもなく、無理をして恰好つけることもない、ありのままの自分でいられる相手とは、結婚の可能性が高いでしょう。

 

結婚するかもしれない相手には、「無理をせずに自分をよく見せようとしなくても大丈夫」と自然と思えてしまうのです。

 

付き合う前でも、相手はそれをわかってくれているから。

 

異性でそう思える相手は、決して多くはないものです。

 

そう思える相手は、将来の結婚相手かもしれません。

 

何度別れても、その人に戻る

自分に好きな人ができたり、相手が仕事で忙しくなったり、さまざまな理由で別れてしまうこともあっても、時間が経つとその人とまた付き合うことになる、ということもあるでしょう。

 

一度、また二度など複数回別れた相手でも、その人に戻ってしまうのは、やはり、その人と一緒にいる自分が好きなのです。

 

その人といるのが自然なのでしょう。

 

それが縁というものかもしれません。

*関連記事:縁がある人の特徴9つ【体験談】

 

結婚する相手とはスピリチュアルなこともある

結婚相手にはスピリチュアルな感覚を覚えることも多いものです。

 

「初対面なのに懐かしい感じがする」、「会った瞬間にビビビッと来た」ということもあるようです。

 

家族構成が似ていたり、小さい頃よく行った旅行先が同じだったり、そんな不思議なことも。

 

また、「この人にはなぜか優しくしてしまう」など周りの人とは違う思いを持つこともあります。

 

結婚する相手とは、その人との結婚後の生活が簡単にイメージできるとも言われています。

 

「この人と結婚するかも」と思うのは、そのためかもしれませんね。

 

結婚後は努力が必要

「この人と結婚するんだろうな」という直感があり実際結婚したとしても、必ずしも幸せになれるとは限りません。

 

結婚を継続するには努力が必要だからです。

 

結婚はお互いを人間として成長させてくれるものです。

 

スピリチュアルの世界では、「成長のために人は結婚をする」とも言われています。

 

知らない者同士が同じ家で生活をしていくのですから、楽しいことばかりではすみません。

 

パートナーが病気になったり、仕事がなくなったり、悲しくてつらいことが山のようにあります。

 

それを二人で乗り越えていくことが必要です。

 

そのためには、相手への思いやりや忍耐が必要ですね。

 

それができなければ、結婚をしても別れがやってくるでしょう。

 

本にも次のように書かれていますので、ご紹介します。

素晴らしい関係というのはお互いに築いていくものです。「出会い」が大切なのではありません。人は常に変わり、パートナーも常に変化していきます。まわりの状況も変化していきます。

お互いに人生経験を通して成長していく中で、互いのニーズがかみ合っているか常に確認しあい、お互いにつくり上げていく、というスタンスが大切なのです。

『世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業』より引用 著者 Nami Barden・河合克仁 すばる舎

Sponsered Link

「結婚するかもしれないな」と思っていた男性と結婚した女性の体験談

夫と初めて会ったとき、私(Y.M:女)には他に好きな人がいたこともあり、夫に全く何も感じませんでした。

 

友だちとして付き合っていたときも、男性として見られず、まして結婚なんて考えたこともありませんでしたね。

 

彼に対するときめきやドキドキはありませんでしたが、一緒にいる時間が増え、自然と付き合うようになりました。

 

ドキドキがなかったせいか、気持ちが冷めるということがなく、それがよかったのかもしれません。

 

彼とは長い時間一緒にいても、疲れることも、飽きることもなかったのです。

 

今思うと、不思議なこともありました。

 

大学の選考科目で彼が希望した科目にならなかったせいで(そんなことはあり得ないケースでした)、私と同じクラスになり、席が隣同士になったこと、それが出会いでした。

 

彼の親と私の親の姉妹構成が一緒で、そえぞれの年齢も同じ、というのも考えればすごい偶然です。

 

何より、私が「彼と結婚するかもしれない」と思ったのは、好きな人が何度できても、最終的には彼の元に戻ってしまうことがわかったときですね。

 

まとめ

 

何でも話せたり、本来の自分でいられたり、「この人といると何となく幸せ」と感じられる相手なら、それは将来結婚する相手かもしれません。

 

そういった相手でないと、結婚しても幸せにはなれませんよね。

 

すでにそんな人と出会っていても、自分では気づいていない可能性もあります。

 

また、付き合っている相手といるときの自分を思い出してみましょう。

 

もし、本当に結婚することになれば、「結婚するかもしれない」と思ったときの居心地のよさを、お互い忘れないようにしたいものですね。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link