忙しい彼氏との上手な付き合い方7つ【体験談】

「忙しい彼氏との付き合い方は、どうすればいいですか?」という、あなた。

 

忙しい彼氏との上手な付き合い方は、7つあります。

① 彼氏は会えなくても平気?忙しい彼氏の心理を知る

② 彼氏が癒されるメールやラインを送る

③ 連絡はタイミングを考える

④ 会えたときには思い切り楽しむ

⑤ デートは彼氏の希望を優先してあげる

⑥ 彼氏と会えない時間は自分のために使う

⑦ 彼氏を疑わない

 

仕事に励む彼氏は男らしい、と考えましょう。

 

そして、彼氏と会えない時間は自分の時間を楽しむことが大切です。

 

自分の有意義な時間を過ごすことで、あなたに心のゆとりができ彼氏と会えたときにも彼氏を癒してあげられるでしょう。

Sponsered Link

彼氏は会えなくても平気?忙しい彼氏の心理を知る

仕事で忙しいからと言われると、彼女としては「あなたは会えなくても平気なの?」と寂しくなってしまいますね。

 

しかし、それは違います。

 

寂しいと思う前に、仕事で忙しいと言う男性の心理を知っておきましょう。

 

心理学の本には、次のようなことが書かれています。

男性がテレビを見ているときに話しかけると、生返事だったり、聞いていなかったりしてイライラした経験のある人も多いのではないでしょうか。一方、女性はテレビを見ながら料理をし、携帯メールに返信しながら相手の話を聞くといったことも器用にできます。一般的に男性よりも女性のほうが、一度に複数の仕事を処理する「マルチタスク」能力が高いのです。

『面白いほどよくわかる!「男」がわかる心理学』より引用 齊藤 勇著 西東社

男性は一つのことに集中すると、ほかのことが考えられなくなってしまうのです。

 

仕事で忙しい彼氏は、仕事に夢中でほかのことに頭が回らない状態なのでしょう。

 

それはあなたへの気持ちが冷めてしまったわけではなく、目先のことに集中しているだけです。

 

それは男性と女性の脳や考え方の違いとしか言えません。

 

男性と女性は違うのだ、ということを理解しましょう。

 

仕事と彼女のことは別なのです。

 

仕事が一段落ついたとき、今度はあなたに会いたくてたまらなくなるでしょう。

*関連記事:彼に会いたい気持ちを我慢する3つの方法【体験談】

 

彼氏が癒されるメールやラインを送る

忙しい彼氏には、心が癒される内容のメールやラインを送ってあげましょう。

 

仕事で忙しいということは、体も心も疲れているはずです。

 

ミスをして上司に注意されたり、自分に自信を失くしてしまったりしているかもしれません。

 

食事もとれなかったり、睡眠時間が減ったりしている可能性もあります。

 

彼氏の大好きな映画を観る時間も、スポーツジムに行って体を動かす時間もなく、ストレスを溜めているかもしれませんね。

 

そんな彼氏の疲れを癒してあげましょう。

 

少しでも会えるなら、手作りのお弁当を作ってあげたり、マッサージをしてあげたりできますね。

 

会えないなら、「体を大事にしてね」と優しいいたわりの言葉をかけてあげるだけでも、彼氏の心にしみるものです。

 

日帰り温泉の予約など、彼氏が楽しみにできるデートプランを提案してみるのもよいでしょう。

 

彼氏を心配している、というあなたの彼への思いを伝えましょう。

 

その気持ちだけで、彼氏は癒され、彼女のありがたみを感じるでしょう。

 

連絡はタイミングを考える

彼氏への連絡は、タイミングを考えましょう。

 

仕事で忙しいと考えられる時間は連絡をしないことです。

 

夜もあまり遅い時間は避けましょう。

 

疲れている彼氏は少しでも早くベッドに入りたいものです。

 

タイミングが難しい場合は、「返信はいらないからね」と一言添えて、メッセージを送りましょう。

 

どうしても声が聞きたくなったら、電話をしてもよいでしょう。

 

しかし話は短めに。

 

体や心が疲れているときは、大好きな彼女が相手でもメールやラインの返信が面倒になってしまうこともあります。

 

特にタイミングが悪いと、イライラしてしまうことも。

 

そう思われないような気づかいができると良いですね。

Sponsered Link

会えたときには思い切り楽しむ

彼氏と会えたときには、彼氏と一緒にいられる時間を心から楽しみましょう。

 

会えない時間が長かったり、デートをドタキャンされたりしていると、イライラが溜まってしまいます。

 

せっかく会えても、そのイライラを彼氏にぶつけてしまうことも。

 

しかし、疲れている彼氏にイライラをぶつければ、彼氏もイライラしてケンカになってしまいます。

 

「ケンカするんだったら、デートなんかしないで家で寝ていたいよ!」などと言われてしまうかもしれません。

 

それはお互いイヤなものです。

 

会えない時間が長いほど、彼氏に伝えたい話もたくさんあるはずです。

 

彼氏と会える貴重な時間は、笑いながら、楽しい話をしながら、過ごしましょう。

 

デートは彼氏の希望を優先してあげる

デートでやっと会えるからと、あなたが張り切りすぎてはいけません。

 

あなたの希望もあるでしょうけれど、仕事で疲れている彼氏の希望を優先してあげましょう。

 

無理をさせても、疲れている彼氏はあなたについていけないかもしれません。

 

「普段、会えずに寂しい思いをさせている」という罪悪感がある彼氏は、あなたの希望を叶えようとするでしょう。

 

しかし、疲れていると、心から楽しめないものです。

 

彼氏と会えるなら、どんなデートがしたいか聞いてみましょう。

 

もし彼が「家でまったりしたい」と言うなら、そうしましょう。

 

料理を作ったり、映画を観たり、のんびり過ごしましょう。

 

ストレス解消をしたと言うなら、一緒に運動をしたり、スパを予約してあげたりするのもおすすめです。

*関連記事:彼氏のためにできることって、どんなこと?【体験談】

 

彼氏と会えない時間は自分のために使う

彼氏と会えない時間は、自分のために有効に使いましょう。

 

仕事で忙しい彼氏と付き合うには、心のゆとりが必要です。

 

会えない時間を、「寂しい」「今度はいつ会えるのだろう?」と彼氏のことばかり考えていては、心にイライラや寂しさばかりが溜まってしまいます。

 

そうならないためには、一人の時間を楽しく過ごすことです。

 

趣味に没頭したり、フィットネスクラブに行ってダイエットをしたり、読書をしたり、自分の好きなことや自分を磨くために時間を使いましょう。

 

彼氏にとっても、自分に会えないからとメソメソ泣いてばかりいる彼女より、自分の時間を楽しんでいる女性の方が魅力的ですよね。

 

「どうしても会えないの!?もう愛情はないの!?」と責め立てる彼女はうっとうしいと思ってしまいますが、一人でも充実した時間を過ごす彼女は魅力的に感じるものです。

 

「他の男性に取られてしまうかも…」と焦ってしまうかもしれません。

Sponsered Link

彼氏を疑わない

彼氏に「仕事で忙しい」と言われると、「本当なの?」と疑いたくなる気持ちはわかりますが、疑わないようにしましょう。

 

疑えばキリがありません。

 

疑えば、自分が不安になるだけです。

 

不安になれば、しつこくメールをしたり、返信を強要したりしてしまうでしょう。

 

仕事で忙しい彼氏は、それに対応してくれないものです。

 

そうなればますます悲しくなり、気持ちが荒んでいってしまいます。

 

不安な気持ちを持ったままでは、彼氏に優しくできません。

 

そんな女性は魅力的ではありませんね。

*関連記事:彼を信じる方法とは?【体験談】

 

忙しい彼と付き合った女性の体験談

私(Y.M:女)の彼氏(現:夫)も仕事が忙しい時期がありました。

 

毎晩帰りが夜中になってしまい、彼は胃に穴をあけてしまうほど仕事に追われていました。

 

まだ結婚前で一緒に住んではいなかったので彼の元気な顔を確認できず、彼の体の心配ばかりしていました。

 

彼に健康でいてもらいたかったので、自分なりに一生懸命調べて、胃によい食べ物とか、ストレスの解消とか、簡単にできるストレッチとか、電話で伝えていましたね。

 

土・日は二人とも会社がお休みだったので、それまでは金曜の夜から会っていましたが、そのときは日曜だけ会うことにしました。

 

土曜日はゆっくり寝ていてほしかったからです。

 

その代わり日曜日は朝から出かけました。

 

私も仕事が忙しかったこともあり、土曜日はゆっくり寝たり、美容院に行ったりして、のんびり過ごして翌日のデートに備えました。

 

いつも休みの日は必ず会っていた二人でしたが、そのときはちょうどよい頻度で会っていたと思います。

 

まとめ

 

好きな彼氏と会えないのは寂しいものですね。

 

しかし、そんなときこそ、相手の立場になってみましょう。

 

彼氏は仕事で大変な思いをしていたり、疲れていたりするのではないでしょうか?

 

そんな彼氏には、優しく接してあげること、癒してあげることです。

 

彼氏にイライラや寂しさをぶつけないためにも、一人の時間は有意義に過ごすことを心がけましょう。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link