なぜ?好きと言うのが恥ずかしいの?その3つの理由とは?

「好きな人に『好き』って言うのは、なぜ恥ずかしいのだろう?」と、疑問に感じているあなた。

 

恥ずかしくなる理由は、3つあります。

① 好きな気持ちがあらわになるから

② 相手の気持ちに気を揉みすぎる

③ 慣れていないから

また、性格がシャイなので「好きって言うのが恥ずかしい」場合もあります。

Sponsered Link

 

好きと言うのが恥ずかしい理由①:「気持ちがあらわになるから

好きと言うのが恥ずかしい理由は、大切に温めていたものがあらわになって、ソワソワするからです。

 

「◯◯さんが好き」というのは、数ある感情の中でも自分だけが知っている、特別な秘密な場合が多いですね。

 

それを自らアピールするのは、切り札を使ってしまったも同然です。

 

1ミリたりとも気を抜いてないのに、全部見透かされている気分になります。

 

また先に告白することで、自分の大事なものをうっかり公開してしまった気にもなり、ソワソワシして恥ずかしい気持ちになります。

 

好きと言うのが恥ずかしい理由②:「相手の気持ちに気を揉みすぎる

好きと言うのが恥ずかしい理由は、自分の好きな気持ちを相手に表現し、相手のリアクションに気を揉みすぎてハラハラするから「恥ずかしい」のです。

 

例えば、次の気持ちのように、不安材料が先回りした結果、前もって「恥ずかしい」という感情が湧き起こってくるケースもあります。

「自分は相手を好きだけど、相手は自分に興味がないかも・・・」

「勝手に舞い上がっているのは私だけで、案外アッサリふられたりして・・・」

「好きって言って断られたら、後悔しそう・・・」

「告白して失敗したら、その場にいるのは気まずい・・・」

 

好きと言うのが恥ずかしい理由③:「慣れていないから」

好きと言うのが恥ずかしい理由は、慣れないことをやりドキドキするから「恥ずかしい」のです。

 

ハグ&キスの欧米文化と違い、シャイ大国に生まれた日本人は、愛情表現に慣れていません。

 

慣れないことは、人間だれしも緊張しますし恥ずかしい気持ちになるものです。

 

例えば、買ったばかりの洋服を着て、初日に落ち着かない気持ちになるのと同じです。

 

それと同様に、好きな人に「好き」って伝えるところを想像しただけで、身体中がムズムズするのです。

 

もし、好きな人と普段から友達ライクな関係性であれば、「好きと言うのがキャラじゃない」ケースもあるので、なおさら恥ずかしいのです。

 

ガラにもなく真剣な気持ちを伝えるのですから、多少の照れ隠しも仕方ないでしょう。

Sponsered Link

 

好きと言うのが恥ずかしい体験談

私の友人(男)が、いまさら言うのもおかしいくらい長い付き合いの彼女に、恥ずかしい気持ちを持ちながら、改めて「好きだよ」と伝えた話です。

 

彼曰く、会話やデートの主導権は、いつも彼女にあったそう。

 

リードするのはいつも彼女なので、なかなか好きと言い出せなかったそうです。

 

「きっと馬鹿にされるだろうな」と思いながらも、なんとか恋愛系の会話にこぎつけた彼。

 

トークの後半でさりげなく「(でもやっぱり)好きだよ」というニュアンスを伝えたそうです。

 

好きと言う気持ちを伝える恥ずかしさのあまり、婉曲表現になってしまったせいで、彼女の方もうっすらと「・・・今の、告白された?」とモヤモヤ。

 

いまだに「友達以上、恋人未満」の絶妙な関係が続いているそうです。

 

まとめ

 

「好き」という感情は特別ですが、「恥ずかしい」という気持ちはあって当然です。

なぜ?好きな人に「好き」と言えないの?その理由って?

 

しかし、「フラれたらどうしよう」「慣れてないからキンチョーする」と、パニックになっていても始まりません。

 

「恥ずかしい」というマインドを捨て、「好き」を伝えることに専念してください。

気持ちを伝える6つの方法とは?

好意を伝える3つの方法とは?体験談

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link