付き合ってないのにプロポーズする男性心理って?【体験談】

「付き合ってない男友達にプロポーズされました。なぜ?男性はいきなりプロポーズするの?その時の男性心理と気持ちって?」という、あなた。

 

付き合っていないのに、いきなりプロポーズする男性の心理は、3つ考えられます。

① 友達としてお互いを知っていて、この先の人生を「より近くでより深く支え合っていきたい」から、付き合う告白よりも「結婚した方が良い」という気持ち

② 「好き過ぎて愛しすぎている」からテンションが高くなって、いきなりプロポーズ

③ 曖昧な付き合いはしたくない。過去にツライ思い出があるから、いきなり結婚したい気持ち

Sponsered Link

付き合ってないのにプロポーズする男性心理

付き合ってない男性がプロポーズする心理の、は、彼にとってのあなたが、友達関係を演じながらも実は恋愛感情を抱いていた相手かもしれません。

 

友達同士の仲で男性の思いは募り、「付き合うよりも結婚したい」と思うようになった可能性があります。

 

もし、お互いの年齢が〝結婚してもおかしくない年齢〟なら、なおさらです。

 

③は、過去の恋愛で付き合っていたけれど、最終的に彼女に振られて結婚までいたらなかったツライ思い出があるので、「今回は失敗したくない」と思っているのかもしれません。

 

付き合ってないのにプロポーズする男性は、結婚願望が強いタイプです。

 

付き合ってない友達からのプロポーズ。その心理とは?

友達の男性側に結婚願望がないと「結婚しよう」という心理にはなりません。

 

自分の両親を見て「結婚は素晴らしいな」と思えば、「結婚したい」気持ちは強まりますし、過去の恋愛で長く付き合いすぎて結婚のタイミングを逃せば、同じ過ちは繰り返したくない心理もあります。

 

「付き合ってもないのに結婚を言うなんて結婚を甘くみている?」と思いがちですが、逆に彼は〝結婚をとても真剣に考えている〟のかもしれません。

 

少なくても男友達の心理に、遊びで付き合う気持ちはイチミリもないということです。

 

それは、あなたを結婚を視野に入れるほど〝大切にしたい女性と思っている〟ということです。

 

※ただし、次のような男性がいるのも事実です。

関連記事 : 付き合ってすぐ「結婚 したい」と話す男性心理とは?体験談

 

付き合ってないのに突然プロポーズされたら、どうしたら良い?

付き合っていないのに、いきなり「結婚しよう」と突然プロポーズされることは驚きますし困りますよね。

 

「断ったらお友達としてもいられなくなる」と悩む事もあると思いますが、焦って決断しても良い結果は待っていません。

 

恋愛に限らず、焦って出した答えは後に後悔に繋がりやすい傾向にあります。

 

ですので、答えをすぐに出すのではなく、じっくり考えて相手の気持ち、自分の気持ちと向き合い、良い結果に繋がるようにしましょう。

 

また、普通なら「付き合ってもいないのに結婚するなんて、ありえない」と思います。

 

しかし、付き合っていないイコール赤の他人というワケではないのです。

 

全く知らない者同士の関係で、プロポーズして結婚するワケではないはずです。

 

友達なり職場なりでの知り合い同士で付き合っていないだけで、恋人以上に相手を知っていることもあるのです。

 

「付き合ってください!」と言われて、数年付き合い結婚することが一般的ですが、友達や職場関係の男性から「結婚してください」とプロポーズされて結婚する人は実際にいます。

 

付き合った期間がない分、結婚して夫婦になりながら恋人関係にもなる。

 

だからこそ、ラブラブな時間をより長くでき付き合えるのかもしれません。

 

付き合っていない男性からのプロポーズされた体験談

私(女:ミツバチ)も付き合っていない男性(男友達)からお付き合いの告白ではなく、急なプロポーズされた体験があります。

 

その男性とは社会人になってから知り合いました。

 

私より2つ上で仕事も真面目にこなして、周りからの評価も高く先輩としてとても慕っていました。

 

先輩後輩としてというよりは、プライベートでも遊んだり、飲みに行ったりしていた為お友達という関係でした。

 

何年かその関係が続き彼が私に好意を抱いている事を人づてに聞いたり、彼から「付き合ってよ~」などと言われていました。

 

ですが、私の中では「お友達」だったので気づかないふりをして過ごしていました。

 

するとある日、いつものように二人で飲みに行った帰りにプロポーズをされました。

 

「結婚をして欲しい」と、真面目な彼はストレートに伝えてくれました。

 

真面目な顔をして、真面目なトーンで。

 

いつもの冗談混じりな言い方ではなく、本気なんだと伝わってきました。

 

ですが、お友達としてしかみていない男性で、なおかつお付き合いをしているわけでもないのにいきなりプロポーズ。

 

彼は、「お付き合いはしていないけど、何年も友達としてずっとそばにいて楽しい時も悲しい時も支え合っていたと思っている。良いところも悪いところも全て知っていて、この先の人生をより近くでより深く支え合っていきたいと思ったから付き合って欲しいと告白するのではなく、結婚をして欲しいとプロポーズをした」と言っていました。

 

彼が告白ではなく急にプロポーズをした理由はわかりました。

 

私自身気心が知れているので、彼といると楽で居心地が良く素の自分でいられていました。

 

お友達ではなく、恋人になるという事はハグをしたりキスをしたりお友達ではないスキンシップがしたいと思えるのかどうかが大切になってきます。

 

そのプロポーズを一旦保留にしてもらい、考えました。

 

確かに気心が知れて居心地は良いけど、今までお友達としての関係でしかなかったのに、いきなり結婚となると即決ができる訳もないので、時間をかけてしっかり彼の真摯な気持ちと向き合いました。

 

その結果、「まずはお付き合いから」とお願いをして、彼とお付き合いを開始しました。

 

お付き合い中はやはり居心地の良さは変わらず、むしろ私のことを大切にしてくれるのが伝わり私も彼の事を大切にしたいと強く思うようになり、恋人として楽しく過ごしていました。

 

ですが、何年かお付き合いを続けていく中で遠距離恋愛となってしまい、なかなか会う事もできずにそのまま破局となってしまいました。

 

お付き合い中もプロポーズを一度されましたが、その時は私の身内に不幸があったりタイミングがあわずお断り。

 

そんな事があって、彼が転勤で遠距離恋愛になって破局となりました。

 

「最初にプロポーズをされた時に受けていたらどうなっていたのかな?」と今でもふと思います。

 

でもあの時に焦って結婚を決めても、「お互いに思ってたのと違う」となった時に後悔をする事になるので、「やはり、お付き合いを挟んでよかった」と私は思います。

Sponsered Link

付き合ってないけどプロポーズされて結婚した体験談

私(女)の友達夫婦は、付き合っていないのに結婚に至りました。

 

同じ職場で上下関係の2人は、付き合っていないながらも一緒にいる時間も長かったのです。

 

仕事上で揉めることもあるけれど、パートナーとして気心が通じていました。

 

同じ職場で知り合った2人ですが、男性側が転勤になり二人は離れることになりました。

 

女性側も、3年以上一緒にパートナーとして頑張ってきた先輩の男性が転勤になることを言葉に出さないまでも非常に辛かったようで、元気がなくなっていました。

 

それは男性の先輩から見ても分かっていたようです。

 

仕事終りに先輩が食事に誘い、その帰り道で突然プロポーズしたのです。

 

「3年も一緒に仕事していると、やっぱり好きになるな・・・。いきなりだけど結婚してほしい。そして一緒に転勤先で暮らさないか?」

 

女性は突然のプロポーズに驚き半分、嬉しさ半分でした。

 

でも、ただ黙って頷いたそうです。

 

付き合っていないけれど一緒に過ごした時間は、付き合っているに相当する思いだったそうです。

 

彼女は仕事を辞めて男性と結婚をして、彼の転勤先で新婚生活をはじめています。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link