自分好きな人の5つの特徴【体験談】


「自分好きな人って、どんな人ですか?特徴を知りたいです」という、あなた。

 

自分好きな人の特徴は5つあります。

① 他人と自分を比べない

② 自然と前向き

③ 一緒にいると元気になる

④ 他人に優しい

⑤ 自分のことを客観的に見る

Sponsered Link

自分好きな人の特徴①:「他人と自分を比べない」

自分自身が好きな人は、自分を他人と比べることをしません。

 

むやみにうらやんだり、嫉妬したりすることがないのです。

 

その理由は、「他人は他人、自分は自分」と割り切れるからです。

 

割り切れるのは、自分に自信があるからです。

 

自信といっても自意識過剰なのではありません。

 

「あの人はこんなことがすごい」、と認められる気持ちがあります。

 

そのうえで、「自分はあの人みたいにはなれないけれど、こうはなれる。こんなことができる」、という自信があるのです。

 

人は、すべてにおいてパーフェクトな人はいません。

 

できることもあれば、できないこともあります。

 

自分が大好きな人はそれを理解しているのです。

 

自分に自信がある理由は、自分の心の状態(「必ず〇〇する」という信念)と経験に裏打ちされたものです。

 

そのため、「どうすればできるようになるのか?」を知っていて、「信念をもって努力して得ることができた」という経験からくる自信です。

 

その自信は、ちょっとやそっとのことで揺らぐことはなく、気持ちに余裕を与えてくれます。

 

その結果、他人と比較して自分ができないからと嫌な気持ちになったり、自信をなくしたりすることがないのです。

 

自分好きな人の特徴②:「自然と前向きになれる」

自分好きな人は自然と前向きになれるのが特徴です。

 

「やればできる、やらなければできない」ということを経験して知っているのも、自分が好きな人の特徴です。

 

そのため、「失敗しても嫌なことがあっても、何とかなる。何とかできる」と思っています。

 

無理に「前向きにならなくては」と思わなくても、気持ちに余裕があるため、さまざまなことに考えを巡らせることができるのです。

 

たとえできなくても、必要以上に落ち込むこともありません。

 

もちろんできないことに対して、そのままにしておくという無責任な人ではありません。

 

自分にできることとできないことを知っているので、必要以上に焦らないということです。

 

「自分の力はここまで」ということを理解していて、あとどれくらいがんばれば目標まで行ける、という判断ができるので、むやみに焦る必要がないのです。

 

自分好きな人の特徴③:「一緒にいると元気になる」

自分を好きな人と一緒にいると、リラックスできて心地よく元気になれるものです。

 

気持ちに余裕があり自然体なので、「一緒にいて堅苦しいとか疲れる」といったことがありません。

 

愚痴や誰かの悪口などもほとんどなく、前向き。

 

そのような人と一緒にいると楽しく、自分も前向きになれます。

 

つらいことがあったり、仕事などでミスをしたりして落ち込んでいるときでも、元気をもらえます。

 

自分好きな人の特徴④:「他人に優しい」

自分を好きな人は気持ちにゆとりがあるので、周りに優しくすることができます。

 

自分のことだけで精一杯だと、周りを見る余裕がありません。

 

そのため、他人の行動にイライラしたり、否定的な考え方になってしまったりして、気持ちが暗くなりがちです。

 

そのような状態では、周りの人の気持ちを考えたり配慮をしたりすることはできません。

 

自分を好きな人は常に心に余裕があるので、相手の立場に立って物事を考えたり相手が何を求めているのかを考えたりして、行動にうつせるのです。

 

自分好きな人の特徴⑤:「自分のことを客観的に見る」

自分好きな人は、自分自身を客観的に見られるのが特徴です。

 

例えば、自信があるからといって自意識過剰になったり、謙虚すぎて自分を卑下するようなことばかり言ったりしません。

 

もし、うまくいかないことがあっても、「だから自分はダメなんだ」と思わず、反省点を踏まえて原因を考えることができます。

 

何かに成功しても天狗になることはなく、「もっとできる人はいる、自分ももっと高い目標をかかげよう」と考えます。

 

周りのことも客観的に見ることができるので、ケンカや言い合いになったときでも、一時的に感情的になることはあっても、相手だけを責めず「自分に否はなかったか?なぜ相手は怒ったのか」と冷静に考えます。

 

その結果、同じ過ちを繰り返さず成長していけるのです。

 

自分のことが好きな人は、自信があるからといって自意識過剰になったり、謙虚すぎて自分を卑下するようなことばかり言ったりしません。

 

自分大好き人間は偽物もいる

自分を好きになることは悪いことではなく、よいことです。

 

ただし、「自分大好き」という人には、本来は自分に自信がなく、それをカバーするために見栄をはり、周りから「すごい人」と見てほしいという“偽物の自分大好き人間”もいます。

 

心理学には次のようなことが書かれています。

健全な自尊心を持っていない人は、さまざまな方法で自分自身に対する感情を改善しようとする。しかし残念ながら、それはうまくいかない。たとえば、こんな方法だ。

① 高価な物を所有する

② 他人に対して威張ったり支配したりする

③ 多くの人に好かれたり認められたりしようとする

高価な物を所有することはなんら間違っていないが、そうすることによって自尊心によい影響を与えることはできないし、他人に対して権力を行使したり支配したりしても、一時的に権力欲や支配力が満たされるだけだ。また、多くの人に好かれたり認められたりしても、人気者や八方美人になれるだけで健全な自尊心が育つわけではない。

以上の三つの方法はニセの自尊心を与えてくれるだけで、長期的に見ると気分がよくなるわけではない。というのも、それらは外部からの働きかけにすぎないからだ。健全な自尊心とは、自分の内部で明るく輝き続ける灯りのようなものでなければならない。

『心の持ち方』より引用 ジェリー・ミンチントン ディスカヴァー携書

Sponsered Link

自分を好きになる方法

自分を好きになるには、まず周りと比較するのをやめましょう。

 

幸せは他人によって決まるものではありません。

 

自分が決めることです。

 

周りを否定せず、短所を長所として見てみましょう。

 

デメリットをメリットとして考える習慣をつけるのです。

 

すべてにおいてそれができるとは限りませんが、少しでも不平や不満、悪口が減っていくでしょう。

 

それを自分に対しても行いましょう。

 

自分では短所だと思っていることが、誰かにとっては魅力的だったり、個性的でうらやましいと思われていたりするかもしれません。

 

自分の長所をしっかり認識してみることも大切です。

 

自分を知ることで、「自分もまだまだ捨てたものじゃない」と思えるはずです。

 

自分を好きな人は、周りからも好かれます。

 

好きな人とは「一緒にいて楽しいし、楽しければ一緒にいたい」と好循環になります。

 

そんな風になりたいなら、自分を好きになりましょう。

 

自分好きな人とのエピソード【体験談】

私(Y.M:女)の友人に、「一緒にいると不思議と気持ちが落ち着く」という男性がいます。

 

異性としての好きという気持ちはありませんが、苦しいときやつらいときにはその人に連絡をしたくなります。

 

悩みを話しても解決策を言うわけでもありません。

 

ただ同調して聞いてくれるので、心が温かくなってくるのです。

 

自分の趣味の話をするときはとても楽しそうで、時にはやけに自信たっぷりに見えることもあり、頼もしくなることも。

 

ものすごくモテるわけではありませんが、「何となく女性が近寄ってくる」というタイプの人です。

 

彼が他人の悪口を言うのを聞いたことはありません。

 

失敗談などは話しますが、自分のことを悪く言うのはあまり聞いたことがありません。

 

リラックスして生きている、という雰囲気がこちらを楽にさせてくれるのでしょう。

 

きっと、彼のような人を「自分を好きで、自分を大切にしている人」と言うのでしょう。

 

このような人なら、恋人や友達、家族を大切にするに違いないと思います。

 

まとめ

 

自分を好きになることは幸せになれるということです。

 

反対に自分を嫌いになってしまうと、気持ちがすさみ、ストレスが溜まり、不幸になってしまうでしょう。

 

自分が好きな人は周りさえも元気に、幸せにするパワーがあります。

 

そんな人になれるといいですね。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link