男の気持ち 男性心理 彼女

恋愛でNGな勘違いと、OKな勘違いとは?

投稿日:2017年3月30日 更新日:

「恋愛の勘違いって?」と、疑問のあなた。

 

NGな勘違いとは、相手に恋愛感情がまだ無く、恋人同士ではないのに、彼氏(彼女)のような振る舞いをすることです。

 

ただ、恋愛において、「OKな勘違いもある」のも事実です。

Sponsered Link

 

恋愛でNGな勘違い

「○○クンが、付き合ってないのに彼氏のような態度してて、すっごく『・・・』なんだけど。きっと○○クンは、私に恋愛感情があると勘違いしているのかな?」

 

ある女性から相談を受けて、話してくれたコトバです。

 

その女性は、まだ付き合ってない友人の男性と、動物園に行きました。その時、彼女には男友達に恋愛感情は無く、単純に動物園でデートでした。

 

彼女の気持ちは、「男友達の○○君と二人で動物園を楽しむだけならOK」だったのが、彼氏のような振る舞いをされたら「ちょっとまって・・・。勘違いしてない?」と、なりますよね。

友人の男性は、勘違いをしてしまい、彼女への態度の順番を間違えてしまったのです。

 

つまり、彼女が、その友人を「彼氏」と認めてから、そのような振る舞いや態度をすればOKでした。

 

彼女と恋人関係ではない時に、彼氏のような振る舞いをせず、友人同士ということを、わきまえて接していけば良かったのです。

 

そうすることで、彼女にイヤがられることもなく、二人の、その後の展開も違ってきた可能性があります。

 

その男性は、せっかく好きな女性と動物園に行ったのに、とてももったいないことです。

 

恋愛でOKな良い勘違い

恋愛では、OKな勘違い(思い込み)が、一歩前に進むためには必要なこともあります。

 

『絶対、彼女は好きになる』位に思ってないと、好きな女性に対して押せません。ですので、「勘違いがよくない」とは言い切れません。

 

男性の思い込みの勘違いから、恋愛が始まることも実際あるからです。

 

また、彼女の気持ちに配慮しながら、「もしかして、○○クンは、私のこと好きなのかな?」と思ってもらえるような行動を、男性側がしていくのは、OKな勘違いだと感じます。

 

男性側が勘違いするのではなく、「私の勘違いかな?」と、女性に思ってもらう。

 

女性に対して、優しかったり、いつも思いやりがあったり、彼女の求めることを、いつも考えて行動したりです。

 

あなたの好きな彼女にとって嬉しい事をすることは、あなたも彼女にもデメリットはありません。

 

もっとも、あなたが気もない女性に、勘違いさせてしまうような行動をするのは、彼女にとって、「・・・。」かもしれません。

Sponsered Link

まとめ

 

勘違いから始まる恋愛もあります。

 

しかし、自分の勘違いや思いだけで「彼女にイヤだな」と思わせてしまう勘違いは、二人にとってマイナスです。

 

思い込みも必要ですが、彼女の気持ちに沿って、あなたの好きな女性が喜ぶような、『もしかして○○クンは、私のことを好きなの?」そんな風に思ってもらえるようにできたら、良い恋愛が始まっていくかもしれません。

 

あなたの悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈ってます。

Sponsered Link

-男の気持ち, 男性心理, 彼女

執筆者:

関連記事

彼女を嫌いになりそう。どうしたらイイ?3つの対処法

「彼女のことを嫌いになりそうです。どうしたらイイのでしょう?」と、悩むあなた。   付き合っている期間が長くなるほど、相手の短所が目につくようになるのはフツーのことです。   そし …

すれ違いの恋愛を乗り越える5つの方法とは?【体験談】

「恋愛のすれ違いを、どう乗り越えたらいいの?」と、悩むあなた。   恋愛ですれ違ってしまったときに大切なのは、いかに相手に歩み寄り、お互いに「理解しよう」と思えるかどうかです。   …

振った側の男性に未練はありますか?【体験談】

「振った側の男性に、未練の気持ちはあるのでしょうか?」と、疑問のあなた。   振った側の男性に未練はあることが多いですね。   未練がない時は、あなたを振った元彼に新しい彼女がすで …

彼氏より友達を優先する彼女の気持ちって?

「彼氏より友達かよ!」   もし彼女が、あなたとのデートよりも〝友達を優先して遊んでいる〟と、不満や疑問をもってしまいますよね。   「彼女と一緒にいたいのに、友達と彼氏、どちらが …

彼女が許してくれないとき仲直りするために必要な3つのこと

「彼女を怒らせて謝っても謝っても許してくれない」と、悩むあなた。   きっと、あなたは、彼女のLINEも既読にならず、無視されて「どうしたらいいのだ・・・」という気持ちかもしれません。 &n …