試しに付き合うって、どう思う?体験談

「試しに付き合うってどう思いますか?男性に、『試しに付き合おっか』と言われて迷っていますが、彼はどんな心理なのでしょうか?」という、あなた。

 

試しに付き合うのは、お互いよく知り合う意味では良いことです。

 

ですが、男性に「遊ばれる」という危険もあります。

 

もし、あなたに「迷う気持ちがある」なら、まずは友人関係から始めて、その後に「好き同士になれたら付き合う」という選択もあります。

 

また、「試しに付き合おう」と話す男性心理は、あなたの顔がタイプだったり雰囲気や性格が好きだけど、お互いに分からない部分もあるから「試しに付き合ってみよう」という気持ちです。

Sponsered Link

試しに付き合うとは?

もし、あなたが「軽い付き合いがイヤ」なら〝お試しの付き合い〟は、やめた方が良いですね。

 

〝試しに付き合う〟ということは、食品で言えば「どんな味か試す」ということです。

 

美味しかったら、また購入するだろうし、口に合わなければ、お試しで終ります。

 

付き合いも同じです。

 

正式に交際するより「お試しで付き合う」方が、二人が性格等が合わなかったとき等に、別れやすいのです。

 

もしあなたが、「やっぱりキミとは合わないから付き合えない」と言われても、振られた方は何も言えません。

 

その理由は、お試し期間だからです。

 

お試しイコール誰得か?と言われたら、もしかしたら「遊びで付き合おう」と思っている相手です。

 

本格的に付き合ってる訳ではないので、彼女や彼氏になりません。

 

ですから、お試しで付き合っていても束縛されることがないのです。

 

お試しで付き合うと言うことは、悪く言えば都合の良い関係の言葉です。

 

キス等も「お試し」と言ってしまえば、それまでだからです。

 

「試しに付き合おう」と言う男性の心理

「試しに付き合おう」と話す男性心理は、あなたの顔がタイプだったり雰囲気や性格が好きだけど、お互いに分からない部分もあるから「試しに付き合ってみよう」という心理です。

 

また、試しに付き合うことで、男性の欲も満たされる心理もありえます。

 

お試しなので交際を軽く始める事ができ、その目的に達する可能性があるからです。

 

また、お試しなので「別れがカンタン」という心理もあるかもしれません。

 

試しに付き合うメリットとデメリット

試しに付き合うことは、お互いに深く知り合い理解しあえるメリットがあります。

 

二人が理解しあえて好き同士になれたら、本格的な恋人関係になりやすいのです。

 

ただ、お試しなので付き合うことに覚悟が少ないことがデメリットです。

 

「お試しだから2人が合わなければ、別れに逃げることもできる」という気持ちが働き、関係がカンタンに終わってしまう可能性もあります。

 

例えば、本来のカップルなら我慢できることや相手を思いやることもできないまま、すぐに別れに逃げてしまうこともありえます。

 

試しに付き合うって、どこからどこまで?

お試しの付き合うとは、どこからどこまでなのか?

 

それは個人によって違います。

 

あなたが決めて良いのです。

 

「軽い女にになるのはイヤだし急ぐ必要も無い」と考えても良いですし、または逆の考え方もあります。

 

「お試しだからキス以上はなし」という人もいれば、「お試しなんだから全ての相性を知るのも大事」と考える人もいます。

 

試しに付き合う期間は、いつまで?

「試しに付き合う期間は、いつまでなの?」という疑問もありますよね。

 

それも個人によって違います。

 

1ヶ月目でお互いに本当に好きになれて「そろそろ、本当に付き合わない?」と、お試しを終わることもできます。

 

なかなか会えない二人なら、3カ月でお試し期間が終了し、本格的に恋人関係になれるかもしれません。

 

ですが、遊びが目的の男性にとっては「もうちょっとお試しで付き合いたい!」と言うかもしれません。

 

そんな男性にとっては、お試しの期間が〝女性に飽きるまでのエンドレス〟なこともありえます。

Sponsered Link

試しに付き合った女友達の体験談

私(S:女)の友達は、付き合う前に「好きじゃないと付き合わない」とよく言います。

 

自分から交際の間口を狭くしてしまうタイプの女性です。

 

最近も、紹介した男性が彼女に好意を持ち「付き合いたい」と言われたそうです。

 

ですが彼女は「嫌いじゃないけど好きかと言われると疑問で・・・」と悩んでいました。

 

私は彼女に、「まずは試しに付き合ってみれば??それからでも判断しても遅くない」とアドバイスしました。

 

彼女は男性に「まだ、あなたを好きか分からないから、お試しで良ければ付き合う?」と言いました。

 

男性は「OK、お試し期間で好きになってくれるように頑張るよ」と言い、2人の付き合いはスタートしました。

 

遊園地に行ったりドライブなどのデートをして普通のカップルのように付き合い楽しんでいた2人。

 

その後、2ヶ月を過ぎた頃、お試しの付き合いというのを彼女も男性も忘れて、旅行の計画を立てていてました。

 

普通にキスや彼氏の家に泊まりに行くこともあり、お試しの付き合いかどうかは関係なく付き合いは続きました。

 

私は彼女に「お試し期間終わったの?」と聞いてみたところ、「あ、そう言えば、お試しとか言っていたよね、たぶん自動更新されたね」と笑っていました。

 

彼女と男性は、お試しの付き合いから始まりましたが、特にお試しで付き合う期間の終了ということもなく付き合いは続いています。

 

まとめ

 

付き合う勇気がないので迷っているとき、「お試しの付き合いなら・・・」と、一歩前に進むことができます。

 

それは恋に臆病な人のための、前向きな「お試しの付き合い」かもしれません。

 

ですが、合コンた飲み会などの軽い場所で男性が言う「お試しの付き合い」は、「とりあえず付き合う?」という軽い気持ちで、さほど付き合うことを慎重に考えていません。

 

その場合は、たとえお試しで付き合うようになっても長く続かない可能性もあります。

 

もし、お互いに合わない場合に「お試しだから」と、逃げることもできるからです。

 

やはり、恋愛は多少の覚悟も必要です。

 

そして、お互いに理解しあうことも長く付き合うためには必要です。

*関連記事:付き合うか付き合わないかで迷ったら、どう考えるべき?

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link