上手な別れ方。相手を傷つけずに別れるには?【体験談】

「上手な別れ方を知りたい。相手を傷つけずに別れるには、どうしたら良いのでしょうか?」」と、悩むあなた。

 

上手な別れ方とは、誠実な気持ちで会ってハッキリ別れを伝えて別れること、今まで楽しかったことや幸せだったことを伝え、感謝の気持ちを伝えることです。

 

そうすることで、相手は気持ちの整理がつきやすくなります。

 

どのような理由があろうと、別れを告げられるのはつらいものです。

 

相手がまだあなたを好きならなおのこと、傷つかずに別れるのは不可能に近いでしょう。

 

それでも、できるだけ相手の立場になり、傷を浅くしてあげられる別れ方が大切です。

Sponsered Link

別れをハッキリ伝える

別れ話をするときは、ハッキリ別れたいことを伝えましょう。

 

もう気持ちがないことをハッキリ伝えてあげた方が、相手も気持ちを切り替えやすくなります。

 

あやふやな態度はいけません。

 

あやふやな態度は相手を余計に不安にさせ、つらい思いをさせてしまいます。

 

例えば、相手を傷つけたくないからと「まだ好きだけど…」「少し時間を置けば気持ちが変わるかもしれない」など、あいまいなことやウソをつくのは、やってはいけない別れ方です。

 

また、相手に期待を持たせてしまうと、復縁を期待してしまうでしょう。

 

別れたいという気持ちは言葉にしなくても、何となくわかるものです。

 

別れ話をするのは心苦しいものですが、ずるずると引きのばしてもお互いにとってよくありません。

 

早めに気持ちの整理をつけ、新しい恋をさがした方がよいのです。

 

そのためにも、あなたの正直な気持ちと、別れたい理由を相手に伝えることが大切です。

 

また、 別れる理由を相手の責任にせず、言い訳や反論をしないことです。

 

もしかしたら、あなたが別れを告げた時、相手は悲しみなどから感情的になり酷い言葉を投げつけられるかもしれません。

 

しかし、あなたまで感情的になり言い訳や反論をしてしまっては、堂々巡りになります。

 

それでは、別れる事が出来ません。

 

特にモラハラタイプや感情的になりやすい相手には、あえて「あなたについていけなかった自分が悪い」と下手に出る事(相手の責任にしない)が必要な時もあります。

 

恋人同士だったときは幸せだったはずです。

 

そのときは幸せだったこと、幸せな時間をもらえたことに対して感謝の気持ちも伝えることが大切です。

 

相手もその言葉に力をもらい、「もう二度と恋なんてしない」などと思わずつらい別れを乗り越えていけるでしょう。

 

心理学の本にも次のように書かれています。

恋愛関係の終わりが「別れ」だ。別れ方には様々なパターンがあるが、一方的に終わらせる場合は、その伝え方に苦心するものである。別れを告げられた方にとっては、相手を失うというダメージに、自分を否定され誇りを傷つけられるツラさが加わるからだ。

相手を責めるようなことを口にせず、もうつき合えない理由をキッパリと伝えることが大切。またふたりの関係が自分にとって良い経験であったことや感謝を伝えるのも、相手に納得してもらうために必要だ。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇著 朝日新聞出版

 

別れ話にメールやlineは使わない

別れ方で大切なのは、会って誠意を持って別れ話をすることです。

 

別れ話をメールやlineですませてはいけません。

 

もし、メールやlineで「別れたい。今までありがとう。ごめん」だけで終わらせようとすれば、相手は自分の存在価値を否定された感じ、深く傷ついてしまうでしょう。

 

また、メールやlineでは言いたいことがうまく伝わらず、誤解を招いてしまうかもしれません。

 

つらい気持ちを抑えきれず、あなたに電話やメール、lineなどで責め続ける可能性もあります。

 

きっと、あなたは「相手の顔を見るのがつらい」「泣きつかれたくない」、という思いはあるでしょう。

 

しかし別れ話をされる方はもっとつらいのです。

 

相手の気持ちを考えた別れ方をしましょう。

関連記事:遠距離恋愛の別れ方。会って別れるのがいい?【体験談】

 

恋人と別れて後悔しないために

もしかしたら、あなたは「最近相手にときめかなくなってきた、マンネリ化してきた」などの理由から、別れを選んでいませんか?

 

恋愛をする以上、相手に「何かをしてもらう」だけでは関係は成立しません。

 

あなたが相手に思っている事は、相手も思っています。

 

思いがすれ違っているのならば、相手としっかりと話し合いましょう。

 

話し合った上で「解決が出来ない」のであれば、別れを選ぶのも一つの手段です。

 

ただし、後悔だけはしないようにしてください。

 

カップルが別れると言う事は、友人には戻れないケースもあります。

 

それだけは忘れないでください。

 

そして、「別れ」と言うのは、どうしてもネガティブな雰囲気になります。

 

しかし、色々な理由があるにせよ、彼氏(彼女)は、あなたを愛して幸せにしてくれた人です。

 

最後は、感謝の感謝の気持ちを伝え、笑顔で別れを告げましょう。

Sponsered Link

別れ話を切り出した体験談

私(Y.M:女)も別れ話を切り出した経験があります。

 

一時は夢中になった彼氏でしたが、気持ちが冷めてしまってからは、顔を見るのもつらくなりました。

 

一緒にいても楽しくないし、相手の行動などにイライラしてしまうことも。

 

そんな気持ちでいても、「別れましょう」と自分からはなかなか言い出せませんでした。

 

ある日、彼と電話でしゃべっていたとき、「何か変だよ。どうしたの?」と言ってきたのです。

 

やはり気持ちが離れていることは気付かれてしまうものなのですね。

 

ここで言わなければ、と気持ちを決めて「もう、あなたのことを男性としては見られない。恋人でいることをやめたい」と言いました。

 

無言の時間が過ぎ、ものすごくいたたまれない気持ちになりました。

 

自分からは何も言い出せませんでした。

 

そのときの彼は大人でした。

 

しばらくして「わかった。でもものすごくつらくなったら、電話をしてもいいかな?」とだけ。

 

私は「もちろん。友達としてなら」と言いました。

 

私の気持ちが冷めていたことに、気付いていたのでしょう。

 

何も聞かず、そう言っただけでした。

 

その後、1ヵ月くらいしてから、1回だけ「元気?」というメールがありましたが、その後は何もありません。

 

自分では気持ちが冷めたことを隠していたつもりでしたが、相手にはわかってしまうのでしょう。

 

「もっと早く別れを切り出せばよかった」と思いました。

 

その分、相手を苦しめてしまったからです。

 

私は彼に何も言ってあげられませんでした。

 

気持ちは冷めても、幸せだった時間は確かにありました。

 

その思いを伝えたかったと、今でも思っています。

 

人の気持ちが変わるもの。

 

それは仕方のないことです。

 

彼女と上手に別れる方法とは?【体験談】

彼女との上手な別れ方とは、ハッキリ正直に別れの理由を話して別れることです。

 

そして、別れの理由を彼女の責任にせずに、あくまでも「こちらの都合で別れたい」と伝えます。

 

長く続いた彼女なら、LINEなどで別れを伝えるのではなく、会って別れる理由を話しましょう。

 

LINEは顔が見えないため、気持ちを読み取ることに時間がかかることもあります。

 

しかし、LINEではなく会ってお互いに顔を見ていれば、表情などで別れたい誠実な気持ちは伝わります。

 

また、自然消滅の別れはお勧めしません。

 

なぜなら、連絡をしなかったり会う頻度を減らしたりして、彼女との距離を開け、徐々に別れに向けてのサインを出すことは、彼女を悩ませるだけで、彼女があなたの別れたい気持ちに「気付かない」こともあるからです。

 

実際に、何度も長年付き合った彼女と何度も別れてきましたが、会ってハッキリ別れを伝えて別れる理由を伝えました。

 

そうすることで、彼女たちは泣いていましたし、もし少しゴネても別れの最後は理解してくれました。

 

別れる彼女が「別れは、どうしようもなく仕方なかった。理由を聞けて良かった。本当にありがとう」と思えるように、誠実に会って別れの理由を伝えましょう。

 

まとめ

 

気持ちが冷めて別れようと思ったなら、できるだけ早く伝えてあげましょう。

 

別れるときは相手に期待させるような言葉は使わず、はっきりと気持ちを伝えてあげた方が相手も気持ちの整理をつけやすいのです。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link