「彼女とのラインの頻度に悩む」あなたへ。5つの考え方【体験談】


「彼女のラインが減った気がします。ラインの頻度って、どれ位がいいのでしょうか?」という、あなた。

 

付き合い始めて、ある程度の時間がたち、お互いの気持ちが落ち着けば、信頼関係が生まれるのでラインの回数も減っていくことも多いものです。

 

彼女の気持ちが冷めたわけではなく、「無理に連絡を取り合わなくても大丈夫」と安心感が生まれるためです。

 

そして、ラインの頻度は1日に2~3回というカップルもいれば、2~3日に一度というケースもあります。

 

大切なのは、ラインの頻度が多い少ないではなく、お互いが負担にならない頻度でラインをすることです。

 

その上で、ラインの頻度についての考え方は5つあります。

① お互いの負担にならない頻度が大切

② ラインの頻度は人それぞれ

③「彼女だからLINEの返事がある」という固定観念は捨てる

④ 忙しい彼女はLINEの返信が出来ない場合もある

⑤ ラインの返事が無い彼女には「待ってること」を伝えよう

Sponsered Link

お互いの負担にならないラインの頻度が大切

「ラインの回数が多いからよい」、「少ないから悪い」ということはありません。

 

大切なのは、ラインでお互いが負担にならないことです。

 

ラインをあまりしない人にとって、頻度が多いと返信も面倒になってしまうでしょう。

 

反対に何度もラインで連絡を取り合いたい人は、返信がないだけでも不安になることもあります。

 

大切なのは、お互いが自分の気持ちを強要しないことです。

 

返信がないからと責めたり、怒ったりしないこと。

 

しつこいからと既読スルーをしないこと。

 

相手のラインの使い方を理解し、お互いが負担にならない頻度や方法を見つけましょう。

 

ラインや電話など連絡手段や頻度に対する考え方が異なるようであれば、一度話し合ってみるとよいでしょう。

 

ラインの頻度は人それぞれ

ラインの頻度は人それぞれで、「好きだから何度も連絡を取るはず」とは100%言い切れるものではありません。

 

そのため、「女性はマメに連絡をしたがるのに、彼女から連絡が来ないのは気持ちが冷めてしまったのでは?」と不安になる必要はありません。

 

心理学の本には、次のようなことが書かれています。

好きな相手にあえて既読スルーをしてみるという人も少数存在しており「好きなことをあからさまにしたくない」というあまのじゃくなタイプ、恋愛の駆け引きを楽しもうとするタイプに多い。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇監修 朝日新聞出版

思ったよりも彼女からの連絡が少なくても、焦る必要はないのです。

 

彼女は彼女で、「しつこく連絡をしたら彼氏の負担になるかも」と思っているかもしれません。

 

または、マメな性格ではなく、ラインをそれほど利用しない女性なのかもしれません。

 

ラインの適した頻度は、それぞれのカップルによって異なるものなのです。

 

「彼女だからLINEの返事がある」という固定観念は捨てる

きっとあなたは「自分の彼女だからマメに連絡を取るはずだ」と思っているかもしれません。

 

しかし、女性によって考え方や性格は人それぞれです。

 

LINEで連絡をすることを「縛られているようで面倒だ」と考える女性も多くいます。

 

そんな自由奔放な性格の彼女からの連絡を待っていても、あなたが疲れるばかりです。

 

もしかしたら彼女は、友達とのLINEの頻度や連絡の取り方も彼氏のあなたと同じ可能性もあります。

 

ですので、彼女と会った時にLINEの頻度について聞いてみて確かめてみましょう。

 

彼女なりの考えがあるかもしれません。

 

以下の本にもあるように、人それぞれ性格があります。

男も女も十人十色

例えば、「女は怖い」「女はみんな嘘つきだ」「女は感情的な生き物だ」とか、「男はずるい」「男はみんな浮気性だ」「男は理性的だ」など。
でも、それは語り手の男性観や女性観を言い表しているにすぎません。
特に性格的な側面においては、「男はこう」「女はこう」というステレオパターンのイメージは成り立ちません。

「自分らしい恋に出会う気になる彼を引き寄せる 恋愛心理テク」より引用   中嶋真澄 著 株式会社あさ出版

 

ですので、彼女の性格や考え方を受け入れることに努めましょう。

Sponsered Link

忙しい彼女はLINEの返信が出来ない場合もある

もし仕事が忙しい彼女であれば、単純に連絡がとれない状況か、もしくは疲れてLINEの返事をする余裕もない場合もあります。

 

ある程度の時間がないとLINEをしない人もいます。

 

急ぎで、すぐに返信できる人もいます。

 

LINEのやり方は、人それぞれです。

*関連記事:彼女がLINEを未読無視する理由とは?【体験談】

 

そんな彼女に対して、「なぜ連絡してくれないの?」などと問いただすのはやめましょう。

 

彼女に問いただすことで、あなた自身がしんどい気持ちになりますし、忙しい彼女も辛い気持ちになり二人の恋人関係が危うくなりかねません。

 

ですので、忙しくて連絡できない彼女を理解することに努めましょう。

*関連記事:忙しい彼女、どう付き合えば良い?

 

ラインの返事が無い彼女には「待ってること」を伝えよう

LINEの返事をしない彼女には、どんな時でも待っていてLINEの連絡がとても嬉しい事を伝えましょう。

 

もしかすると彼女は、あなたの生活リズムなどを気にかけてくれていて返信できない場合もあり得ます。

 

例えば、「きっと彼は仕事で忙しいだろう」「もう寝ているかもしれないからやめておこう」と考えている事もあるのです。

 

ですから、そのような彼女のために「いつでもあなた(彼女)からのLINEは待っているし嬉しいよ」と伝えましょう。

 

また、あなた自身も「もし、LINEを読んですぐ返信できなくても必ず時間がある時に返すからね」と伝え、彼女を安心させましょう。

 

付き合い始めはラインの頻度も高くなる

付き合い始めは、ラインの頻度も自然と高くなるでしょう。

 

相手のことをもっと知りたいという思いや、「ラインが来たら返信しないと嫌われてしまうかもしれない」といった思いがあるからです。

 

大学生など時間があれば、多ければ朝、昼、夜と5~6回程度連絡を取り合ったりするカップルもいるでしょう。

 

社会人ともなると仕事があるので、1日に2~3回といったところのようです。

 

ただし、遠距離恋愛では相手との会えないことから、最低でも1日に2~3回は連絡を取るもの。

 

直接会えない分、ラインで近況報告をするからです。

Sponsered Link

彼女とのライン頻度は1日2,3回だった男性社会人の体験談

管理人(男)の場合は、彼女とのラインの頻度は1日2,3回位でした。

 

多くても、次に会う日を決めるために5.6回位です。

 

お互いに社会人だったため、たいていは夜でした。

 

正直、ラインの頻度については、あまり気にしませんでしたね。

 

彼女からlineが来ることもあれば、自分から「お疲れ様」と送ることもありましたが、基本的には彼女がlineをしたい時に合わせていました。

 

その位の気持ちでいた方が、楽に付き合っていけるからです。

 

ラインの返事が3日後の女性の体験談


私(M.K:女)の友達にも、なかなかLINEが既読にすらならず返事が返ってくるのに3日~5日かかる女性がいます。

 

その女性は看護師さんで夜勤などもあり、私と生活リズムが合いません。

 

ですから、聞くまでもなく「忙しいから」LINEを読まないんだと思います。

 

そして、その子は元々がマメな方ではないので連絡事項も私からしないとしてきません。

 

話の内容的にこちらが急いでいるような時でも、いたってマイペースです。

 

LINEの返信が遅い事を問いただすと、「忙しい」「見て納得する」「生活リズムが違うから気を使った」「異論がないので返事しなかった」というような事を言っています。

 

彼女とは30年来の親友として今も信頼しています。

 

ですから、彼女のLINEの返信がこない、遅い・・・そんな事でケンカをしたり別れを考えるのではなく、焦らず大きな包容力で彼女を包み込んで下さい。

*関連記事:彼女の連絡が少ない理由と3つの心理

 

まとめ

 

恋人同士なら頻繁に連絡を取りたくなるものです。

 

ですが、女性だからと言ってLINEがマメで話好きとは限りません。

 

自由奔放な性格の女性で「LINEで縛られることが嫌」と、付き合っているからという見えない鎖でさえも嫌悪感を感じる女性もいます。

 

例えそれが愛している彼氏であっても、いちいち連絡して言葉で会話することが嫌な女性もいるのです。

 

あなたは、そんな彼女の気持ちを理解してあげることができないと、恋人関係は長く続きません。

 

彼女が生活の中で何を優先的に考えているかを理解し、彼女の気持ちに対してあなたが彼女に何ができるか?を考えましょう。

*関連記事:彼氏(彼女)から連絡が減った(こない)時の対処方法を解説

 

また、毎日朝のあいさつは必ずする、夜はおやすみの連絡をするなど、自然と取り決めができているカップルも少なくありません。

 

しかし、ラインや電話の適した頻度は、人によって異なるものです。

 

どちらかが強要しても、負担になってしまうだけ。

 

二人のちょうどいい頻度を見つけることが大切ですよ。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link