束縛しない彼女の心理。6つの気持ちとは?【体験談】

「束縛しない彼女の心理は、どんな気持ちなのでしょうか?」という、あなた。

 

束縛しない彼女の心理には、次の6つの気持ちのいずれかがあります。

① 信頼している

② 「束縛すると嫌われる」と思っている

③ 束縛されたくない

④ 恋愛よりも楽しいことがある

⑤ 彼氏に”依存している”と思われたくない

⑥ 「大人の女性だ」と思われたい

 

彼女が束縛せずに放任主義だと、一見ドライで冷たく感じられます。

 

しかし実際は、あなたへの愛が大きすぎるゆえの態度だったり、恋愛以外にもバランスを考えた上での行動だったりするだけです。

 

いずれにせよ、あなたへの束縛が無いから「好きではない」ということではありません。

 

ただし、無理をして強がっている場合もあるので、彼女への愛情表現はきちんとするようにしましょう。

Sponsered Link

信頼している


彼女があなたを束縛しないのは、あなたを信頼している気持ちのため、その必要がないのでしょう。

 

彼女はあなたに愛されている、という自信があるため、束縛をしたいと思わないのです。

 

あなたの愛情が、きちんと彼女に伝わっている、ということですね。

 

「束縛すると嫌われる」と思っている

彼女が一切束縛をしないのは、「干渉するとあなたに嫌われる」と思っているからかもしれません。

 

もしかしたら彼女は以前に束縛をしたり、もしくはされたりした経験があったりするなど、苦い経験をしている可能性はないでしょうか?

 

そういった経験があると、「束縛することで彼氏は去ってしまう」と思ってしまいます。

 

好きだからこそ気になり、SNSを常にチェックする、彼氏が飲みに行くと言えばいろいろと詮索をするなどの行動に出るものですが、度が過ぎれば相手はストレスを感じます。

 

会話をするのも面倒になり彼女に対して冷たい態度を取ってしまうものです。

 

そんな彼氏の態度に傷つき、嫌われてしまったのでは?ほかに好きな女性ができたのでは?と余計に気になりさらに束縛をしてしまいます。

 

そういったことを繰り返したくないので、今の彼氏であるあなたのことを詮索したり、束縛したりしないようにしているのです。

 

心理学の本には、次のように書かれています。

束縛する側からすれば「大好きだからやっていること」なのだが、束縛された側は強いストレスを感じるに違いない。ここまで極端な場合、以前の恋愛でひどいフラれ方をした、浮気をされたなどの経験から、自分に自信がなくなっていることが原因の場合がある。

『男女がうまくいく心理学辞典』より引用 齊藤 勇監修 朝日新聞出版

Sponsered Link

束縛されたくない

束縛しない彼女の心理は、「彼氏に束縛と干渉をされたくないから自分も束縛しない」という気持ちの場合もあります。

 

きっと彼女は、大学の友達や職場の人など、多種多様なコミュニティに属しているはずです。

 

「家族」というカテゴリにあなたが昇格しない限り、あなたとの恋愛も他とのコミュニティも、彼女にとっては同じくらい大切な居場所です。

 

「時間が合えば一緒にごはん」、「休日の度に必ずお出かけ」というような、スキマ時間に彼氏とばかりベタベタ過ごしてもいられない女性もいます。

 

きっと彼女は、「家族水入らずで過ごしたい」「たまには友人と遊びに行きたい」という時にスパッと断ると、あなたが傷つくと思っているのかもしれません。

*関連記事:彼氏より友達を優先する彼女の気持ちって?

 

恋愛よりも楽しいことがある

束縛しない彼女の心理は、趣味や仕事などを楽しむ気持ちから、そもそも恋愛の優先順位が低い可能性もあります。

 

「『恋愛よりも楽しいことがある』と考えている人は、男女合わせて60%以上いる」と言われています。

 

また、恋愛を楽しんでいる人の中でも「彼氏と会わなくても平気」という、淡白系あっさり女子は一定数存在しています。

 

これはなにも、あなたに興味がなくなったわけではありません。

 

あなた以外に興味が増えただけなのです。

 

恋愛に重きを置かず、日々チャレンジしている女性はたくさんいます。

 

実際に、私(A.F:女)も同じです。

 

やりたいことが多すぎて、恋愛に重きを置きません。

*関連記事:彼に会わなくても平気な女性の心理7つ【体験談】

 

彼氏に「依存している」と思われたくない

束縛しない彼女の心理は、「彼氏に依存していると思われたくない」気持ちの場合もあります。

 

女性の多くは、男性との交際回数を重ねると「彼氏を束縛して愛情が重すぎると、ドン引きされる」ということを学びます。

 

そして、彼氏に魅力的に見られたいがために、次のようなのプライドの心理があります。

「恋愛、もしくは彼にのめり込んでいると思われたくない」

「趣味や友達が少ないやつだと思われたくない」

 

またこのタイプの女性は、自分の愛情表現を必要最低限に留めようとします。

 

相手より自分の方が愛しているような態度は、絶対にとりません。

 

ですので、嫉妬や干渉をしてくる彼氏をウザがりながらも、心の中ではちょっと喜んでいます。

 

つまり、プライドの高さが彼氏への愛情を見えにくくしているだけなのです。

 

もし彼女に冷たくされても、気にしないことです。

Sponsered Link

「大人の女性だ」と思われたい

彼女はあなたから、「大人の女性だ」と思われたいのかもしれません。

 

精神的に自立している女性だなあ、と思われたいのです。

 

それは過去の経験からかもしれないし、彼女の理想である場合もあるでしょう。

 

または、あなたが彼女に大人の女性であることを求めている、ということも。

 

あなたが意識していなくても、行動や言動に、大人の女性が好き、という気持ちが出ているということも考えられます。

 

彼女はそれを感じ取り、あなたの理想の女性になるためにがんばっているのかもしれません。

 

彼を信じているから束縛しなかった女性の体験談

私(Y.M:女)は基本的に束縛や詮索はしないほうなのですが、一度だけ、とても気になってしまい、束縛のようなことをしたことがあります。

 

それは、彼氏がほかの女性と仲良くしているのを見たときです。

 

その彼は性別に関係なくフレンドリーに接する人でしたが、一人だけ特別仲がよかった女性がいました。

 

お互い気を遣っている風でもないのに、やけに馬が合っているという感じでした。

 

まだ、彼氏と付き合い始めで、彼氏の気持ちにも不安があったため、彼女のことを根ほり葉ほり、聞いてしまったことがあります。

 

彼氏は辛抱強く、ていねいに彼女との関係を説明してくれて、「異性として見ていないから」ときっぱり言ってくれたことで、束縛や嫉妬心などがスーッと解けていきました。

 

それから彼氏を信じられるようになり、詮索や束縛をする気持ちはなくなりましたね。

 

 束縛しない彼女と付き合っていた男性の体験談

管理人(男)も付き合ってきた彼女たちの全ての女性が束縛をしない女性でした。

 

束縛はされませんでしたが、それで愛情がなかったかと言えば、そんなことはありませんでした。

 

むしろ、もし彼女たちの束縛が強い女性であれば、愛情を感じることは無かったと言えます。

*関連記事:恋と愛の違いとは?【体験談】

 

もちろん、ほんの少しの束縛のようなことはありました。

 

例えば、彼女が仕事で自分が休みの日に「何してたの?」程度です。

 

束縛しない彼女と付き合っている男性の体験談

私の友人(男)にも、20代前半の束縛しない彼女がいるのですが、彼曰く「サバサバしすぎて逆に分かりやすい」そうです。

 

「自分からも必要なときにしか連絡しないし、彼女も会いたい時は素直に言ってくるから、変に気を使わなくて楽」なのだそう。

 

私からしたら、この女性は「気分によってツンデレをうまく使い分けてる」としか思えませんが、彼からしたらちょうどいいのかもしれませんね。

 

まとめ

 

束縛をしないのは、あなたに愛されている、あなたは浮気をしない、と信頼しているからです。

 

そのため、余計な心配をすることもないので、束縛する必要もないのでしょう。

 

または、彼女が「束縛する彼女になりたくない」と無理をしている場合もあります。

 

彼女の笑顔が心からのものであれば心配ありません。

 

しかし、つらそうだったり、無理をしていそうだったりするなら、「僕のこと気にならない?」と声をかけてあげましょう。

 

あなたが気を遣ってあげれば、彼女は正直な気持ちを言えるはずです。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。

Sponsered Link