恋愛の始め方って?【体験談】

「恋愛の始め方がわからない男です。どう始めたらいいのでしょうか?」と、悩むあなた。

 

恋愛を始めるためには、まずは恋愛をムリに始めようとしないで、あなたの今現在を幸せな日々にして自分を好きになることが必要です。

 

その後に女性と出会うことで、あなたを好きになってくれる人や好きになれる人が現れて自然に恋愛が始まります。

 

その上で、恋愛は次の3つの順番で始まっていきます。

① 「好きになれる女性は、どんな人か?」を具体的に知る

② あなたの求める女性に出会って好きになる

③ 好きな女性にアプローチし告白して(告白されて)付き合いだす

*関連記事:「彼女できる気がしない」あなたが彼女を作るために必要なこと

 

Sponsered Link

自分を好きになる

恋愛を始めるためには、まず自分を好きになり今現在のあなた自身が満たされていて幸福なることが必要です。

 

自分を好きになれないと人を好きになりづらいですし、好きになってもらいづらいです。

 

そして、あなた自身が満たされると、自分自身を好きになることができるので魅力的になってキラキラしだすのです。

 

結果、恋愛が始まっていきます。

 

例えば、あなたに魅力を感じて好きになってくれる人が現れたり、あなた自身も本当に人を好きになれます。

 

ですので、自分を好きになるために一度恋愛を頭からはずして下さい。

 

そして、あなた自身が幸福感で満たされて自分を好きになれることを実践してください。

 

例えば、あなたの好きなスポーツを頑張ってみたり、夢や目標のために仕事や新しい何かにチャレンジしてみるのも良いですね。

 

恋愛の始め方①:「好きになれる女性を具体的に知る」

恋愛を始めるためには、あなたに好きな人がいないと始まりません。

 

あなたが好きな人を作るために、あなた自身に次の質問してみてください。

 

「自分は、どんな女性が好きなのだろう?」

 

回答は、例えば次のように具体的だと、出会いやすくなります。

・ 「顔は、あまり気にしない」or「芸能人の○○さんみたいな人」

・ 「性格は思いやりがあって尊敬できる人」、「面白くて一緒にいて楽しい人」

・ 「年齢は、あまり気にしない」・「同年齢か年下がいい」

 

上記以外にも、あなたの「恋愛相手に求める大切にしたいこと」があるかもしれません。

 

例えば、「年収」や、「趣味が同じ人」、「体系(ごついorきゃしゃな体系)の人」などです。

 

好きになれる人は、頭の中でイメージするのも良いですが、ノートに書きとめておくのも良いですね。

 

その理由は、記憶に残りやすくイメージが具体的になるからです。

 

人を好きになるのは、「突然の、一目ぼれ」というのも、あります。

 

ですが、一目ぼれも「自分自身の好きなタイプを知っている」から「ピンとくる」のかもしれません。

 

また、あまり考えずに「好きになった人が好きな人」というタイプの人もいます。

 

もし、あなたがそのようなタイプの人なら、どんどん出会いを増やしていけば、好きな人は現れるはずです。

*関連記事:好きな人の見つけ方って、どうすれば良い?体験談

 

恋愛の始め方②:「好きになれる女性と出会う」

あなた自身が「好きになれる女性は、どんな人か?」を具体的に知れたら、次に女性との出会いを増やしてください。

 

ネットのSNSでも良いですし、出会いのアプリも良いですね。

*関連記事:ネットで知り合う方法【体験談】

 

または、合コンでも良いですし、偶然の出会いもアリですし婚活パーティなどの出会いの場もあります。

 

積極的に参加してみてはどうでしょうか?

 

または、信頼できる友人からの紹介で出会うのもアリです。

*関連記事:紹介で付き合うってあるの?恋愛に発展する2つのプロセス

 

恋愛の始め方③:「女性にアプローチして告白し付き合いだす」

好きな人ができ、その人と付き合うためには「相手を知り、よく理解して、あなたを知ってもらうこと」が必要です。

 

お互いをよく知り合うためには、「LINEやメールなどでマメに連絡を取り合う」ことです。

 

LINE等でマメに連絡し合うことで、相手にあなたを知ってもらうことができ相手もあなたを知ることができます。

 

まったく知らない相手を好きになることはありません。

 

ですので、この連絡を取り合う段階は、2人の関係にとってとても大切です。

 

連絡をマメに取り合い2人に信頼関係が出来たら、「一緒に遊びに行く」ことや「夕ご飯に誘う」ことをして、アプローチしましょう。

 

2・3回、2人で遊びに行って、その後に告白し(告白されて)付き合う関係になります。

*関連記事:2回目のデートで告白は早い?告白のベストなタイミングとは

 

恋愛が始まるキッカケって?


恋愛が始まるキッカケは、「恋愛したいー!」と思って始まるのではなく、結果として恋愛が始まることが多いです。

 

実際に、以下の「恋が始まったきっかけランキング(exciteニュースのアンケート結果)」でも、何かをしていて「恋愛が結果として始まっていた」というのがランキングに現れています。

1位 「仕事関係で」

2位 「学校内で恋に落ちた」

3位 「自然に恋に落ちた」

4位 「一目ぼれ」

5位 「紹介されて意気投合」

6位 「合コン」

7位 「これからわかる」

「恋が始まったきっかけランキング」(exciteニュースより引用。調査元はNTTドコモ みんなの声 での投票結果より)

1位の、「仕事関係」というのは、わかりやすいですね。

 

仕事は恋愛が目的ではないので、仕事に前向きに取り組んでいるときに人間性を見て「素敵だな」と、何か感じるものがあるから恋愛が始まっていく。

 

それが1位という結果になったのかもしれません。

 

2位の、「学校内で恋に落ちた」については、大学なら、ゼミや、サークルなどのスポーツや、同じ研究室、学際などがきっかけでしょうか。

 

これも、学校内で何かに取り組んでいます。

 

3位の、「自然に恋に落ちた」というのも〝自然に〟というのが理想的ですね。

 

「恋愛したい」と思ってたわけじゃなく、自然に気がついたら恋愛が始まっていたのです。

Sponsered Link

恋愛が自然に始まった体験談

管理人(男)の体験でも、1年以上付き合った恋愛が始まる時は必ず、今現在(恋愛が始まる前)が、自分の目標のために仕事などを頑張っていて、とても充実してて幸せな時です。

 

例えば、仕事中のランチで行ったお店に後に彼女になる同級生の女性がいたり、友人の紹介があったりなど、たまたま出会った人と両思いになり付き合っていたことが多いです。

 

逆に、高校生の頃に恋愛がしたくて友人女性に「女性を紹介してー!」と話して紹介してもらっても付き合いだすことはありませんでした。

 

また、管理人(男)の出会いは次のような出会いでした。

・ 仕事をしていて、偶然、同級生と出会えた

・ ネットで仕事をしていて偶然SNSで出会った女性

・ 友人の家にタイプの女性がいて紹介された

・ 出会いのアプリを利用した

多くの出会いと恋愛を経験しましたが、自分自身の好きなタイプを知っていたのが良かったです。

 

もし、自分のタイプを知っていなければ、そのまま素通りしてしまいアプローチもしないままで恋愛関係になっていません。

 

まとめ

 

恋愛を始めたいときほど、ムリに「恋愛を始めよう」とするのではなく、あなた自身を好きになり幸せになることを考えてください。

 

今の寂しさに負けずに、まずは「恋愛以外の何か」に前向きに取り組んでみてください。

 

結果、あなたが幸福感で満たされた後に恋愛は自然に始まります。

 

その上で、あなた自身が「好きになれる人」を知りましょう。

 

具体的になればなるほど、好きな人に出会いやすくなり恋愛が始まっていきやすくなります。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈ってます。

Sponsered Link