年上彼氏の作り方って?年上に好かれる7つのポイント【体験談】

「年上の彼氏が欲しいです。どのようにすれば年上の彼氏が作れますか?」と疑問のあなた。

 

年上の彼氏を作るためには、まず年上の男性に好かれる女性になりましょう。

 

年上の男性に好かれる女性のポイントは7つあります。

① 頼り上手な女性になる

② 頑張る姿を見せてアピールする

③ 礼儀正しく気遣いができる

④ 若さを活かす

⑤ ミステリアスな女性になる

⑥ 会話は聞き役になる

⑦ 年上の男性を甘やかす

 

年上の男性に好かれるあなたになった上で、次の4つの順番で年上彼氏を作る事ができます。

① 年上男性に出会う

② 彼と心の距離を近づける

③ 彼のリードでデートをする

④ 彼に未来を想像してもらい告白してもらって付き合いだす

Sponsered Link

頼り上手な女性になる

年上男性に好かれる女性とは、頼り上手な女性です。

 

その理由は、年上の男性には、年下の女性に「頼られたい」という男性心理があるからです。

 

年上の男性は、年下女性に「頼りにされている」、「甘えられている」という状況が大好きなのです。

 

実際に、このサイトの管理人(男)に聞いてみても、「付き合ってきた年下の彼女は例外なく頼りにしてくれたことにも魅力を感じた」そうです。

*関連記事:付き合うまでのプロセス。男が好きになるポイントって?

 

年上の男性に頼るためには?

あなたが頼り上手になるのは、難しいことではありません。

 

例えば、年上男性ができそうなことを頼んだり、彼の得意分野について質問をしてみてください。

 

ただし、彼の知識や技量を超えた頼り方をしてはいけません。

 

彼には対処できない頼み事だった場合、彼の〝年上男性としてのプライドが傷つく〟からです。

 

例えば、彼があなたに「かっこ悪いところを見せた」と思ってしまうと、あなたへの気持ちにブレーキがかかってしまいます。

 

ですので、年上男性に頼る前に、「彼ができそうなこと」をリサーチしてからが良いですね。

 

もし、彼の知らないことや、できないことを頼んでしまった場合は、必ずフォローをしてください。

 

例えば、「一緒にやってもらえますか?」「手伝ってもらえますか?」など、男性のプライドを傷つけない言葉を付け加えるのです。

 

また、年上の男性に頼る目的は彼に頼って彼に良い格好をしてもらうことです。

 

そうすることが、気になる年上の彼に近づくチャンスになります。

 

例えば、もしあなたが仕事上で「重いものを持つ」時があれば、それは男性を頼る絶好の機会になるのです。

 

実際に私(ミツバチ:(女))の場合も、仕事で重くて大きな荷物を運ぶ機会を利用しました。

 

気になる男性が自分の近くを通ることを知って、わざと頑張って大きな荷物を自分で運ぼうとしたのです。

 

すると、重いものを持とうとする私の姿を見た男性が、慌てて私を手伝いに来てくれました。

 

そして、手伝ってくれた男性には、「大袈裟かな?」と思う位に感謝の言葉を伝えました。

 

重いものを持ってもらったことをきっかけに、その男性との距離を縮めて、お付き合いすることができました。

 

そして、あなたが年上男性に助けてもらった際には、少し大げさに感謝の気持ちを伝えましょう。

 

感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。

 

多少わざとらしいくらい感謝するほうが、あなたの気持ちが男性に伝わります。

 

頑張る姿をアピールする

年上男性の心を射止めるためには、頼るだけでなく、あなたの〝がんばる姿を見せること〟も大切です。

 

なぜなら「生き生きと、がんばる女性の姿」は、男性の目にとても魅力的に写るからです。

 

あなたのがんばる姿を見れば、年上男性は「助けてあげたい」「力になりたい」と思うのです。

 

そして、男性があなたを助けるために手を差し伸べた時には、彼に大いに頼り甘えましょう。

 

あなたが男性に甘えることで、男性の満足感や達成感を満たしてあげる事ができます。

 

礼儀正しく気遣いができる女性になる

年上男性と付き合うためには、礼儀正しく常識のある女性になりましょう。

 

その理由は、社会経験の多い年上男性は、礼儀に厳しい傾向にあるからです。

 

あなたは普段の生活で、正しい言葉遣いや挨拶、お礼などがきちんとできていますか?

 

また、年上男性にモテる女性は、ガサツな性格よりも、細やかな気遣いや配慮ができる性格の女性の方がモテるのです。

 

年上男性は、あなたのことをしっかり見ていますしチェックしています。

 

また、男性には「自分が付き合っている女性を周囲の人に見せつけたい」という気持ちがあります。

 

もし、あなたが礼儀正しく、誰に会わせても恥ずかしくない女性であれば、年上男性のプライドを満足させることもできます。

 

年上彼氏を作りたいなら、彼が自慢したくなる礼儀正しい女性になりましょう。

 

若さを活かす

年上の彼には、〝年下女性の新鮮さ〟を感じてもらうことが大切です。

 

男性は、年下のあなたの若さゆえの「無邪気さ・可愛さ・頼りなさ」や、「ストレートな愛情表現」に魅力を感じます。

 

それらのあなたの魅力は、彼と同年齢の女性との恋愛では感じずらいのです。

 

ですので、年相応に自然体で楽しむ「あなたらしさ」を大切にしてください。

 

例えば、あなたが年上の彼とデートをする場合も、年上の彼に合わせて、服装や話題を背伸びをする必要は全くありません。

 

背伸びをすることは、逆に年上の彼にとっては「違和感を感じる」からです。

 

そして、時にはあなたから、彼にストレートな感情をぶつけてみてください。

 

例えば、彼に「彼女の有無」や「好きな女性のタイプ」を質問してみるのです。

 

彼に直接、「好き」という気持ちや「あなたが彼を気になっている」ことを伝えるのも良いでしょう。

 

すると、年上男性は、照れや気持ちの高揚感を覚え、あなたを意識するようになります。

 

また、あなたからグイグイとアプローチして、男性を飽きさせないのも、年上男性にモテるコツです。

 

ミステリアスな女性になる

年上男性に好かれるためには、ミステリアスな女性になりましょう。

 

最初から、あなたの全てをさらけ出してはいけません。

 

その理由は、あなたの謎を彼に残しておくことで、「もっと彼女のことを知りたい!」と彼に強く思わせることができるからです。

 

あなたについての謎は、「普段何をしているのか?」「酔うとどうなるのか?」など、何でもかまいません。

 

彼があなたについて疑問に思い、想像を巡らせる余地を残すのです。

 

良いところで終わってしまうドラマと同じように、あなたも良いところでデートを終えてみてください。

 

そうすれば、男性はミステリアスなあなたに興味を持ってあなたに近づいてきます。

 

会話は聞き役になる

年上の男性と会話するときは、話の聞き役になることです。

 

あなたが聞き役に回れば、自分の事は語らずにすむので、ミステリアスな存在でいられます。

 

さらに、大袈裟に相槌を打っていれば、男性は気持ちよく話してくれるので、あなたの好感度も上がり、一石二鳥です。

 

そして最後は、男性が「もっと話したかった」と物足りなさを感じる位で、会話を終わらせてください。

 

男性が、「またあなたと話したい」と思う可能性が高くなります。

 

他にも、男性に話すと効果的なフレーズがあります。

 

気になる男性には、「お酒は信頼してる人としか飲まない」と宣言するのです。

 

すると男性は「信頼された人しか知らない酔ったあなたの姿」が気になりだします。

 

そしていざ、あなたから飲みに誘えば、男性は「自分は信頼されている」と喜びます。

 

あなたから信頼されていると知り自信を持った男性は、あなたに積極的になってくれるでしょう。

 

年上の男性を甘やかそう

いつも仕事などで気を張っている年上男性を、たまにはあなたが甘やかしてあげましょう。

 

男性だって疲れますし、時には女性に甘えたくなるものです。

 

具体的には、「お疲れ様です」と男性を気遣ってあげたり、マッサージや頭をポンポンするなど、優しいボディタッチをして彼を甘えさせてください。

 

年上の男性にとって、「かっこ悪く弱い自分」をさらけ出せる場所は、とても貴重です。

 

あなたが彼を癒してあげる居場所になることができれば、すぐ打ち解けることができます。

 

彼を甘やかして、彼の精神面を支えてあげましょう。

 

男性心理の本にも次のように書かれていますので、ご紹介します。

”男は自然に甘えられる女性が好き。その瞬間、心の中の愛情の引き出しがいっせいに開きだすのです。”
『この言葉、この行動、どういう意味?男の「心理」を知りたいときに読む本』より引用 潮凪洋介著 王様文庫

Sponsered Link

年上の男性と出会う

年上彼氏と出会うために、男性の多い場所に積極的に行きましょう。

 

例えば、あなたが高校生や大学生である場合、部活やサークルに参加したり、バイトをすれば年上男性と身近に接することができます。

 

また、社会人ならば、職場や趣味の活動で男性と出会えますし、友だちの紹介に期待することもできます。

 

そして、年上彼氏を作る成功率をあげるためには、女性が少なく男性の多い場所へ行くと良いでしょう。

 

男性が多い場所では、女性の希少価値が高くなり、あなたが魅力的に見えやすいのです。

女子学生を例にとると、大学の理工学部、サッカー部や野球部のマネージャー、社会人になれば商社などの受付嬢、ビジネスクラスのCA、男子校の教師などが狙い目です。
〝「恋ゴコロ」のすべてがわかる早稲田の恋愛学入門〟より引用 森川友義著 東京書店

 

年上の彼と心の距離を近づけよう

気になる年上男性と出会えたら、次は彼との心の距離を縮める努力をしましょう。

 

具体的には、どんな話題でも笑顔を絶やさず彼の話を聞くことが大切です。

 

もし彼が、よくわからない話題をはじめた場合は、どんどん質問をします。

 

その理由は、あなたが質問することで、年上の男性が「ちゃんと話を聞いてくれている」「理解しようとしてくれている」と感じるからです。

 

つまり、あなたが聞き上手になり、年上男性に居心地の良さを感じてもらえれば、彼との距離を近づけることができます。

 

また、上記のように年上男性は礼儀正しい子がとても好きです。

 

あなたが聞き上手になれば「年下なのにしっかりした子」というイメージがつくので、あなたは彼に好意を持たれやすくなります。

 

年上の彼のリードでデートをしよう

年上男性との距離を縮め、2人で会うことになったら、彼にリードを任せましょう。

 

なぜなら、年上男性は「優位に立ちたい」という気持ちが大きいからです。

 

例えば、食事の場所は彼に決めてもらうのが良いですね。

 

おそらく彼は自分のテリトリーであるお店を選ぶので、彼があなたをリードしやすくなります。

 

また、お会計を彼がすることになったら、あなたは素直に甘えましょう。

 

ただし、会計時にはあなたも必ずお財布を出して、自分も払う意志を見せてください。

 

そして、おごってもらった場合は、少しオーバーな位に感謝を伝え「次は私が出します」と言います。

 

そうすることで、「礼儀のある子」という印象になりますし、「次がある」という期待を感じさせることができるのです。

 

年上男性とのデートは一緒に楽しむ

年上男性とデートする時は、「年下の無邪気さ」を出すのが効果的です。

 

例えば、食事のメニューなど何かを決めるときに、ゲームを用いてみてください。

 

じゃんけんやあっち向いてホイ、くじ引きやあみだくじなど簡単もので大丈夫です。

 

何かを決める時、男性に譲る事は簡単ですが、ゲームすれば彼とワクワク感や一体感を楽しめます。

 

そうすれば、彼と心の距離はグッと近づくのです。

 

あなたの年下らしい無邪気で可愛らしい姿をみせることができれば、次回に繋げることができるでしょう。

 

年上の彼に未来を想像してもらって告白してもらう

年上彼氏を作る最後のステップは、彼に「この子と付き合ったら楽しそう」と思ってもらい、告白してもらうことです。

 

そして、彼に手の届きやすい、あなたとの未来を想像させるのです。

 

例えば、彼に「温泉に行きたい」「動物園に行きたい」など、少しリサーチが必要だけれど簡単に行ける場所をリクエストしてみましょう。

 

彼にできる範囲のデートなら彼も張り切ってくれますし、リサーチ中はあなたのことを一生懸命考えてくれるはずです。

 

もし彼があなたの希望をかなえてくれたなら、あなたは大げさに喜び楽しんでください。

 

男性は、ちょっとした事で喜ぶ女性に純粋さを感じ、デートに達成感を覚えます。

 

そして彼に「この子と一緒にいると楽しい」と思わせることができれば、あなたは年上の彼氏に告白されて、すぐにでも彼と付き合うことができるでしょう。

 

男性は満足感や達成感を感じると、「居心地が良い」と思い女性の事を独占したくなります。

 

つまり、彼からあなたに自然と告白をしてくれて、お付き合いへと発展していくのです。

 

もし彼が「なかなか告白をしてくれない」場合は、他の男性からアピールをされているなど男性の影をチラつかせて少し焦らせる事も有効です。

 

年上男性の場合、フラれる事がこわくて告白しない事も多くあります。

 

ですので、男性を焦らせる事によって「怖気ついている場合じゃない、他に取られるくらいなら当たって砕けろだ!」と勢いをつけてもらい告白を促すのです。

関連記事:好きな人に告白させる方法とは?

 

年上男性を癒すテクニックとは?【体験談】

あなたは子どものころにやっていたイタズラを覚えていますか?

 

ちょっとしたイタズラが年上の彼との距離を縮める手段として使えます。

 

あなたの無邪気さを見せつつ、ナチュラルに彼に触れることができるイタズラをご紹介しますね。

 

まず、彼の肩をトントンと叩きます。

 

そして、振り返った彼のほっぺに指をチョンとくっつけます。

 

最後に、「引っかかりましたね」と告げて、ニコッと無邪気な笑顔をすれば完ぺきです。

 

2人の間には暖かく平和で優しい空気が流れ、年上の彼を癒すことができるでしょう。

 

彼は癒しを与えてくれるあなたに、居心地の良さを感じて心を開いてくれます。

 

ぜひ、学校や仕事で疲れている年上の彼にしてみて下さい。

 

あなたの可愛いいたずらと可愛い笑顔に、彼はキュンとくるはずです。

 

年上彼氏を作った体験談

私ミツバチは高校時代、サッカー部のマネージャーをしていました。

 

その時は、よく、できないのにリフティングやシュートの真似事をしていました。

 

すると、年上男性は全然できない私に「こうするんだよ」と教えてくれます。

 

私はすかさず、少しオーバー気味に相手を褒めていました。

 

また、シュートの体験もさせてもらっていました。

 

もちろん素人の私にシュートができるはずもなく、気になる彼と一緒に楽しむためにやっていたことです。

 

こうして無邪気にふるまう女性の姿が、部活動を頑張る男性にとって、束の間の安らぎの存在となるのです。

 

職場で年上の彼氏を作った体験談

バイト先や職場の先輩の男性と距離を近づけるために、私は「わからない事は積極的に質問」していました。

 

もちろん、質問することは自分のためににもなりますし、「仕事に積極的な子」として自分の評価も上がります。

 

それだけでなく、男性の「頼りにされると嬉しい」心理を利用していたのです。

 

気になる相手には「他の人より俺に頼る回数が多い」と思われるよう、3~5回に1回は頼っていました。

 

また、重いものを運ぶのを手伝ってもらうなど、物理的に男性の力も借りることもしていました。

 

そして、男性に助けてもらった時は必ずお礼をして、頼りにしていることをさりげなく伝えます。

 

頼りにすることで、年上男性の「教えたい」「助けになりたい」という気持ちを満たすことができるからです。

 

ただし、頼りすぎると逆効果になりますので、頑張る姿もしっかり見せましょう。

 

こうして距離を縮めて親しくなった後に、ちょっかいをかけて自分の存在をアピールします。

 

これを何度か繰り返すことで、男性から連絡先を聞かれるようになりました。

 

まとめ

 

年上彼氏を作るために最も大切なのは、上記の流れを自然にすることです。

 

無理やり自分を作っても男性にはすぐわかってしまいますし、「わざとらしい」「慣れていそう」と思うと、男性は一気に引いてしまいます。

 

あまり気を張りすぎず、チャレンジしてみてくださいね。

 

もし、あなたが「男性を落とす方法」や「好きな人と付き合うまで」についてを詳しく知りたいなら、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

参考記事:男性を落とす方法

参考記事:付き合う前の好きな人(気になる人)と付き合うまでを解説

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link