バーテンダーの彼氏。どう付き合ったら良い?

「バーテンダーをしている彼氏なのですが女性関係に不安があります。どのように付きあっていけば良いのでしょうか?それと結婚についても不安があるのですが、どう思いますか?」と悩むあなたに、実際にバーテンダーの男性AKさんがお答えします。

 

気持ちはわかりますが、あなたへの愛情がある彼氏なら不安にならなくて大丈夫です。

 

あまり彼氏を疑うという姿勢を出さないようにしましょう。(不安不安と言われると彼氏が離れてしまいかねません)

 

バーテンダーはチャラい男性だけではありません。

 

例えば、もし自分の店を持つバーテンダーなら「女遊びをしている余裕などない」のです。

 

さらに言えば、真面目に付き合える女性を求めているバーテンダーの男性もいます。

 

また、〝バーテンダーとの将来の結婚についての不安〟にも、お答えします。

Sponsered Link

バーテンダーの男性が女性客を口説くことは無い

きっとあなたは、「バーテンダーの男性は女性が一人で来て何度も通うなんてことは当たり前。その中に気に入った女性がいたら口説くんでしょう?」というようなイメージがありませんか?

 

しかし、それはあくまで「一般の人が想像で言っているだけ」とハッキリ言えます。

 

実際にバーテンダーの僕を含めて僕の友人のバーテンダーも皆が口をそろえて言うことは、「店のイメージを壊せない」ということです。

 

例えば、もしバーテンダーの男性が「お店に来た若い女性客や色んなお客さんに手を出す」なんてことをしたら、簡単にお店の評判が悪くなります。

 

このご時世、SNSで話はあっという間に広がります。

 

「あの店は危ないよ」そんな噂が流れたら、それだけでお客さんは遠のいてしまいます。

 

夢を持って出した店は、自分の生活もかかっています。

 

悪い噂が広がってお客さんが来なければ、自分の生活も圧迫することが目に見えているのです。

 

もしキレイで可愛いお客さんがいても、それはお客さんでしかありません。

 

もちろん「人として応援したいし、悩んでいたら力になりたい」という気持ちはあります。

 

ただそれを踏まえても、「一線を超えることは無く程よい距離感を保ちながら今後とも長い付き合いでいてほしい」という気持ちだけです。

*彼氏との付き合いに不安になったら、こちらの記事を参考にして下さい。

⇒ 彼氏を好きだけど不安。どうすればいい?

 

バーテンダーの男性は遊びたい願望が薄い

「バーテンダーは遊んでいる」というイメージがある方もいるでしょう。

 

女性がうっとりするようなカクテルをつくって、甘い言葉で誘っている。

 

しかし、それはドラマの世界です。

 

実際のバーテンダーは、わざわざ遊べる女性を誘うことなんてしません。

 

なぜなら、それは時間とお金を無駄にしているからです。

 

「将来を考えられない人と、お金と時間を割いて遊びたいとは思わなくなっている」と言えるでしょう。

 

バーテンダーとしてお店を出す男は、以前は女性との接触もそれなりにあった方が多いです。

 

しかしそんな経験があるから、バーでお酒を飲みながら色んな人と話をすることができるようになったのです。

 

ただ、女性に接していることが続いていくと思うことがあります。だんだんと惰性で女性と接触していくようになるのです。

 

僕はバーテンダーとして、男性はもちろんですが女性の悩み相談も聞きます。

 

様々な話を楽しそうに親身になって聞いています。

 

もちろん心の距離は近づくでしょう。

 

ただ、プライベートでも一緒にいたいとは思いませんし、一人の人間の話として楽しんでいるだけです。

 

そこに恋愛感情はないし、下心を持とうという気分にはならないのです。

 

もちろん「お客さんとのプライベートな付き合いも営業として必要でしょ?」と言う人もいます。

 

それは否定はしません。

 

ですが、そもそも僕は「彼女います」とハッキリ言います。(きっと、あなたの彼氏もそうでしょう)

 

バーテンダーの彼氏のお客さんの話はサラッと聞こう

バーテンダーの彼氏との付き合い方の注意点は、バーに来るお客さんのことを詳しく聞こうとしないほうがいいということです。

 

ただサラッと「普段どんなお客さんが来ているの?」「大変なお客さんいる?」という位なら問題はありません。

 

しかし、「若い女性が来たときにはどんな接し方をするの?」「昨日はどんなお客さんが来たの?女性が多かった?」など、細かく聞くのはご法度です。

 

バーデンダーの彼女として女性のお客さんに嫉妬してしまう気持ちは分かります。

 

しかし、もし若くてキレイな女性がいても、上記のように彼氏にとっては「お客さんはお客さん」です。

 

カウンターを挟むという距離感を保ちながら接客しているのです。

 

そこに毎日のように細かく質問されてしまうと、彼氏としては「信用されて無いんだな」と、気分が悪くなるだけでしょう。

 

*「どうしても、嫉妬してしまう」というあなたは、こちらの記事を参考にして下さい。

恋愛の嫉妬を抑える3つの方法とは?

 

バーテンダーの彼氏のスマホは見ないようにしよう

バーテンダーの彼氏のスマホを見ることは絶対にしないほうがいいです。

 

彼氏が女性客とのLINEやメールのやり取りもしていることがあります。

 

もしあなたが見たら「やっぱり怪しい!」と勘違いしてしまいます。

 

しかし実際は、ただの営業メールでしかありません。

 

お店に来て飲んでもらうための方法の一つで、彼にとっては女性とのLINEも仕事なのです。

 

バーテンダーの彼氏の生活スタイルを理解しよう

バーというお仕事は基本的に夜が中心となっているところが多いですよね。

 

その中で営業時間も一応決められています。ただ、あくまで一応です。

 

バーテンダーの中には、「お客さんがお店に残っていれば時間を気にせず続ける」という人もいます。

 

僕もその一人です。

 

それをあなたが理解しないと、「閉店しているはずなのに彼から連絡が来ない!」と、落ち着かない気持ちになってしまいます。

 

彼が真面目に仕事をしている中で、鬼のようなラインで「まだ終わらないの?何してるの!?」と送ってしまいたくなるのではないでしょうか?

 

しかし、彼女からのそのようなLINEが来ると彼氏はキツイと感じてしまいます。

 

つまり、優しく見守るような女性でいて欲しいのです。

 

バーには普段は考えつかないような厄介なお客様が来ることもあります。

 

そのような方の対応もしなければいけません。

 

自営業ですと事務作業なども自分でやります。

 

実は、見た目ほど楽な仕事ではないのです。

 

ですので、バーテンダーの男性は、愚痴も聞いてくれたり「昨日もお疲れ様」という一言を送ってくれる女性を求めているのです。

Sponsered Link

バーテンダーの彼氏との結婚①:「金銭面の不安について」

バーテンダーの彼氏との将来の結婚について一番の不安は、バーテンダーの彼氏と結婚したときの金銭面や経済状況ですよね。

 

しかし不安定なバーテンダーの収入を二人で支え合える関係であれば、金銭面にそこまで不安を持つことはありません。

 

ただ、もしあなたが「結婚したら私は専業主婦になりたい」と思うのであれば、バーテンダーの彼氏との結婚は難しいでしょう。

 

正直に言いますと、「大手企業のサラリーマンに比べたら収入は少ない」と言えます。(もちろん、お店の状況によって収入は変わります)

 

そもそも飲食の店員は、拘束時間のわりに給料は少ない方でしょう。

 

しかし結婚していたり、結婚を真剣に考えているバーテンダーはお金に対して切実な男性もいます。

 

浪費している人は、僕を含めて周りにはいません。

 

余裕がない分、しっかりと毎月のお金の使い方を考えています。

 

もし一人暮らしをしていれば、住んでいるアパートの家賃なども、しっかり稼いでいます。

 

ですので、あなたも金銭的に自立していれば、お互い自分の生活をする力がある二人が結婚することになります。

 

全く生活に不安はなくなるでしょう。

 

得に彼氏が自分でお店を経営していれば、売り上げが良いときは一気に収入は増えます。

 

もちろん、良いときもあれば悪いときもあります。

 

ですが、結果的に年間を通して結婚生活ができる状態であれば良いのです。

 

自らがお店を持てば、年金や保険なども自分でかけなければいけません。

 

そのような保証がない状態ではあります。

 

しかし今では大手企業に働いていても、リストラもあります。

 

また、保証されている仕事があるのか?と言われると難しいのが現状の時代です。

 

その点では自営のバーテンダーにはリストラはありません。

 

働く場所を自分で作りだしたのですから。

 

バーテンダーの彼氏との結婚②:「働く時間帯についての不安」

もしかしたら、あなたは〝バーテンダーの彼と生活の時間帯が合わない〟ということも不安にあるかもしれません。

 

バーテンダーは、どうしても夜が中心の仕事です。

 

しかし彼と結婚したら一緒に住みますから顔を合わせる事はできます。

 

そして、もし彼氏が独立して自分でお店を持つことになれば、営業時間帯は自分で動かすことができます。

 

休みの日だって自分で決められるのです。

 

実際に僕も、時には連休をとって彼女と泊りの旅行に行くことも何度もありました。

 

また、僕の友人バーテンダーは子供ができて保育園の送り迎えがありバーの営業時間を変えました。

 

このように臨機応変に営業時間や休みなどを変更できるのです。

 

例えば夜の時間が難しくなれば、営業時間帯を昼にすることも可能です。

 

〝ランチを出して夜は早めに閉める〟ということもできるでしょう。

 

店のスタイルは変わることになりますが、その位のことができるのも自分の店だからです。

 

僕の店は普段から昼から開けていますので、昼飲みが可能です。

 

料理も出していますから、ご飯も食べることができます。

 

このように、お店をコントロールするのは自分というのが自営のバーテンダーのメリットと言えるでしょう。

 

結婚したら結婚した時の生活時間のスタイルの合わせていけるのです。

 

バーテンダーと結婚することは、不安もあるかもしれませんが良いところも沢山あります。

 

あなたが彼を理解して支えていく気持ちがあれば、必ず幸せな結婚生活が待っています。

 

あなたから支えられる彼もまた、あなたを「支えたい」と思うはずです。

 

バーテンダーは普段から色んな方との話をして、叱咤激励を受けています。

 

様々な人の気持ちを考えることができる、優しい男性が多いです。

 

その中でも、あなたに一番の愛情を与えるのが彼なのです。

 

バーテンダーがお客を口説く時は本気の時です【体験談】

これまでの話の中で、「じゃあバーテンダーは女性に言い寄ることは無いの?」というと、それは嘘になります。

 

実際に僕は今の自分のバーで一人の女性に言い寄りました。

 

それが今の彼女です。

 

バーテンダーも人間です。男なら彼女と言う存在が欲しいのは皆と同じです。

 

僕はその時に求めていた女性は、安らぐことができる飾らない女性でした。

 

普段からお客様の話を聞きながら、時には慰め、時には戒めることもあり。

 

いじられることもあれば、変にいちゃもんをつけられることもあります。

 

正直、心を休めることができる人を求めていました。

 

自然と笑って話せる女性、それが今の彼女です。

 

何度か通ってくれて性格が分かり始めてから、僕から誘ってデートを重ね…今に至ります。

 

付き合い始めのころに彼女は僕に言いました。「まだ本当は貴方のことを信用はしていない」と。

 

でも一緒にいて楽しいからそれでも付き合っていたんだと思います。

 

バーテンダーをしている僕が言えることは、本気の女性には本気で行きます。

 

それは遊びでは無く、「将来的にも一緒にいてほしい」という気持ちを込めてアプローチをかけているのです。

 

まとめ

 

バーテンダーの男性は安心できる人の方が多いです。

 

実際に僕の友人のバーテンダーも何人かいますが、みんな結婚していたり彼女がいます。

 

時にぶっちゃけトークもしますが、誰一人粗相をしているということはありません。

 

バーテンダーという一つの仕事に本気で取り組んでいます。

 

色んな人との会話をしている分、様々な考え方や人間性を把握しています。

 

それもあって、器のある人間になっているのです。

 

むしろ、あなたにとってもバーテンダーの彼氏は誇れる存在となっているでしょう。

 

せっかく付き合っている彼氏なのですから、その彼を信じて楽しい時間を過ごしてください。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link