同棲の家事を彼氏がしない時、どうすれよい?

「同棲している彼氏が家事をしない・・・」と、悩むあなた。

 

同棲の家事は、彼女が一人でするものではありません。

 

仕事をしていれば尚更、料理をして洗濯もして何もかもをしていては疲れるだけです。

 

そして、それが当たり前になってしまえば彼氏との時間も作れません。

 

それにあなたは家政婦ではないのですから、彼氏と話し合い家事の分担制にしてしまいましょう。

 

そうすることで彼氏に家事の大変さもわかってもらえます。

 

また、料理を一緒に作ることで彼氏との共通の時間を作る事もできます。

Sponsered Link

家事の分担表を作ろう

同棲中の彼氏が家事をしない場合は、2人で話し合い家事の分担表を作りましょう。

 

ただ、分担表を作って彼氏に家事をお任せするのであれば、絶対にしてはいけないのは「文句やダメ出し」です。

 

男性は女性と違い、母親の仕事を見ているとは限りません。

 

簡単に言ってしまえば、彼氏の家事は全くのド素人だと思えば良いのです。

 

特に一人暮らしをした事がない男性なら、効率の良い家事の仕方等わかるはずがないのです。

 

ですので、もし分担表を作って彼氏に家事をお任せするのであれば、監視するのではなく見守ってあげましょう。

 

ただし、家事をしてくれることに感謝をするのを忘れてはいけません。

 

あなたが家事をして当たり前ではないように、彼氏が分担した家事をするのも当たり前ではないのです。

 

分担していてもお互いに手が空いたのであれば、担当外でも手伝うようにしましょう。

 

同棲の家事を彼氏に任せてみよう

彼氏に任せる家事は簡単なものでOKです。

 

例えば、「ゴミ出し」は意外と力仕事になりますので、彼氏にお任せしても良いでしょう。

 

また、「洗濯物を干す」作業や「料理」などは二人の距離を縮める一つの手にもなるので一緒にやってみても良いでしょう。

 

お風呂掃除やトイレ掃除などは男性にもできますから、彼氏にお任せしましょう。

 

同棲の家事に疲れた時は休む

家事は仕事ではないのですから、毎日毎日ノルマを達成しなければならないものでもありません。

 

疲れた時は、たまにはさぼって休んで良いのです。

 

誰も文句なんて言いません。

 

もし彼氏が文句を言ってくるのであれば、彼氏にやって貰えば良いのです。

 

そうすれば、家事の大変さもわかるでしょうし、あなたの家事の負担も減ります。

 

また、初めから完璧に出来る人なんていません。

 

私(女)も初めは料理を3品作るのに2・3時間かかるのなんて当たり前でした。

 

母には「手際悪いねぇ」と毎回言われていたくらいです。

 

しかし、今は普通に同じ品数を1時間で作れるようになりました。

 

家事や料理は慣れが必要なのです。

Sponsered Link

 

同棲の家事にイライラした時は、どうすれば良い?

同棲していて、彼氏が家事をしないのでイライラする時は喧嘩もOKです。

 

あなたの不満が爆発する前に、徹底的に喧嘩をしましょう。

 

彼氏には、「なぜ怒るのかわからない」と言われるかもしれません。

 

その時は、「別れ」を選択するか、「将来のあなた好みの夫として育てるか」を選択するかは、あなた次第です。

 

彼氏は、あくまでもあなたの「パートナー」です。

 

また、あなたが不満を溜め込んでいるように彼氏も不満を溜め込んでいます。

 

喧嘩をする時は「お互い」に「すっきり」出来るように、言いたい事はお互いに言い合いましょう。

 

ただ、お互いに我慢する事も必要です。

 

しかし、「これだけは我慢できない」と言う事を「伝え合う事」で、お互いに〝理解し合うこと〟ができ、2人の関係が継続します。

 

まとめ

 

同棲の家事は一人で完璧にする必要はありません。

 

完璧を目指してあなたから笑顔が消えてしまったら、彼氏は逆に悲しくなるのです。

 

そして、同棲生活の家事は一人ではなく、二人で協力して作り出していくものです。

 

「一人で完璧」が当たり前になってしまうと、あなたが疲れるだけです。

 

洗濯は2日に一度で良いですし、ご飯だってたまには外食でも良いのです。

 

掃除機だって毎日かける必要はありません。

 

ゴミ出しの前日に一緒に掃除機をかける位でちょうど良いのです。

 

家事は慣れれば手際も良くなり、自然と出来るようになります。

 

なので、無理に初めから完璧を目指さなくても良いのです。

 

そうして、「二人のペース」で協力して、より良い同棲生活を作り上げて行ってください。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、同棲中の彼氏と笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link