同棲

同棲を親にどう伝えたらイイ?挨拶で注意すべき5つのこと

投稿日:2018年7月5日 更新日:

「同棲するには親にどう伝えたらイイ?挨拶で注意した方がいいことって?」と、お悩みのあなた。

 

恋人と同棲をするために親に挨拶に行くにあたって、伝えるべき大切なことは「なぜ、結婚ではなく同棲なのか?」という親の疑問に答えることです。

 

ですので、事前に彼氏(彼女)と結婚についてのプランを話し合っておくと良いですね。

 

また、「同棲をいつ伝えたら良いのか?」と「挨拶をする上で注意したい5つのこと」を、ご紹介します。

① まずは女性側の親に挨拶に行く

② 挨拶の場所はどこがいい?

③  清潔感のある服装・髪型をする

④  手土産は必ず持っていく

⑤  まず自分から挨拶をする

Sponsered Link

 

親に同棲の挨拶を、どう伝えたらよい?:「結婚について考えておく」

お互いの親に会うと、まず自己紹介から始まり、手土産を渡し、団らんが進んでから「同棲への意思を伝える」ことになります。

 

どちらの親に挨拶する場合も、同棲の話を切り出すのは男性からが良いですね。

 

この場合、親が最も聞きたいことは「なぜ結婚ではなくて同棲なのか?」ということです。

 

これは、特に女性の年齢が20代後半、30代と上がるにつれて確実に気になる所です。

 

ですので、結婚についてどう考えているのか事前に2人で話し合っておきましょう。

 

間違えても、「お試しで…」なんて言葉は使わないで下さい。

 

娘親からすると、「お試しで娘に主婦をさせるのか、そしてダメなら捨てるつもりか?」となります。

 

次のように伝えると良いですね。

・「結婚を前提として真面目にお付き合いをしていること」

・「同棲は、結婚に向けて前向きに進んでいる形であること」

 

一番のオススメは、「結婚までの期限」を決めることです。

 

逆に言うと、そのような覚悟がないのであれば同棲はやめておくべきです。

 

親も納得できないでしょう。

 

同棲を親にいつ伝えるべき?

同棲を親に伝えるタイミングは、〝同棲生活を始める前〟〝住む部屋の契約をする前〟にして下さい。

同棲前に親に挨拶に行くメリットとは?

 

親に隠れて同棲を始めて後に伝えると、親の信頼を得ずらくなりかねません。

 

そして、あなた自身も大変になるかもしれません。

付き合ってすぐに同棲すると、どうなる?

 

また、もし親が遠方に住んでいて仕事の都合などで日程が合わない場合は、住所が変わる前に電話で挨拶をしておきましょう。

 

電話だけでも丁寧に挨拶することで、誠実さが少しは相手親に伝わります。

 

親に同棲の挨拶をするとき注意したいこと①:「先に彼女の親に挨拶」

同棲するために親に挨拶に行くときは、先に彼女の親に挨拶に行きましょう。

 

その後男性側の親には、「報告」という形で問題ありません。

 

先に彼女の親に挨拶をする理由は、同棲をして妊娠のリスクを負うのが女性ですし、もし同棲後に破局した場合、世間体にマイナスなイメージを受ける可能性が大きいのも女性だからです。

 

また、「娘が同棲をする」というのは、娘親にとって一大事なのです。

 

親に同棲の挨拶をするとき注意したいこと②:「挨拶の場所はどこがいい?」

挨拶の場所は、それぞれの家か近くのレストランも良いですね。

 

また、「事前に彼女が親と相談して挨拶する場所を決める」のも良いですね。

 

その時に、簡単に彼の情報(年齢・仕事・出身地など)を親に話しておくと、親も心の準備ができますし、落ち着いて当日を迎えることが出来ます。

 

親に同棲の挨拶をするとき注意したいこと③:「清潔感ある服装・髪型にする」

男性はスーツかカジュアルスーツ、髪も短めが好印象です。

 

女性は露出度の高い服や裸足は避けて下さい。

 

ネイルやアクセサリーも、控えめの方が良いですね。

結婚の挨拶はワンピースを着ていくのが良いですか?

 

親に「不潔」「チャラい」などの印象を与えてしまうと、自分の子が一緒に生活する相手として、心配になります。

 

親に同棲の挨拶をするとき注意したいこと④:「手土産は持っていく」

同棲の挨拶で彼女(彼氏)の親に会うとき、手土産は必ず持っていきましょう。

 

つい忘れがちになりますが、親側からすると「手土産はあって当たり前」です。

 

菓子折や、お酒などが良いですね。

 

親に好きなものがある場合は、それに合わせるのも良いです。

 

特に美味しいものだと、それだけで全体の雰囲気が穏やかになります。

 

親に同棲の挨拶をするとき注意したいこと⑤:「まず自分から挨拶をする」

相手の親に会った時は、まず自分(あなた)から挨拶をしてください。

 

それだけで、好印象になります。

 

これについて詳しく書いている本がありましたので、一部を抜粋して紹介します。

第一印象は、出会ってわずか10秒で決まると言われています。

人に会ったら、まず自分から挨拶しましょう。

「はじめまして」「よろしくお願いします」

こんな一言の挨拶でも、相手は「しっかりしているな」「いい人かも」という印象をもつものです。

まずは自分から積極的に挨拶をして、話をしやすい雰囲気づくりをし、よい印象をあたえましょう。

また、初めての人に会うときにとにかく実行して欲しいのは、あいさつに加えてアイコンタクトを送ることです。

たいていの人は優しい視線を送る相手を拒否できません。

穏やかにアイコンタクトを取り、微笑んでお辞儀をすれば、「感じのいい人がきた」という印象を持ちます。

挨拶は、相手が視界に入った瞬間にしましょう。その場で立ち止まり、「アイコンタクト」⇒「会釈」の順でメッセージを送って下さい。

「会話がとぎれない!話し方66のルール」/ 野口敏 著/すばる舎」より引用

 

同棲を親に反対されたら、どうしたら良い?

「同棲」に良い印象をもっていない親は少なくありません。

 

だらしない印象がありますし、妊娠の心配もあります。

 

また女性の親の中には、「彼の気持ちや覚悟を知るために、とりあえずは反対してみよう」という人もいます。

 

当人からすると、「いい大人だから、好きにさせて欲しい」と思うかもしれません。

 

ですが、何歳になっても、親からすると大切な子供です。

 

繰り返しになりますが、「同棲をしてお試しをしたい」という考えは、親からするといい気分はしません。

 

あなたが恋人との同棲を真剣に考えるなら、「挨拶の機会に婚約すること」を考えてみることをオススメします。

 

婚約者として同棲するのであれば、親の見方もまた変わってきます。

 

一旦婚約をして同棲がダメな方向にいけば、婚約を破棄すればよいのです。

 

「結婚はどうしてもまだ考えられない、そして親にも反対されている」となれば、それは「今は同棲する時期ではないのだ」と考え、今回は諦めるのもひとつの手です。

Sponsered Link

 

親に同棲の挨拶に行った体験談

今まで結婚を全く考えてなかった人でも、親に挨拶に行くことで、将来を意識し始めることが出来ます。

 

そしてそれは、2人にとっていい方向に進むキッカケになるはずです。

 

私の友人(女性・29歳)も、彼氏とお付き合いをして2年ほどたった時に、同棲をする話が出たことがあります。

 

お互い近くの1Rマンションにそれぞれ一人暮らししていましたが、常にどちらかの家で一緒に過ごす半同棲状態でした。

 

料理好きな彼女が「大きなキッチンを使いたいなぁ」と呟いたことから、「同棲すれば今の家賃のままで2LDKほどの家に住むことが出来る」と至ったのでした。

 

早速2人は、まず彼女の両親に挨拶をするために、新幹線で2時間ほどかかる彼女の実家を訪れました。

 

元々彼女が母親に電話で、彼の人となりや仕事について話していたこともあり、彼に対して信頼はしていたようです。

 

彼は1週間前に美容院に行き、スーツを着て手土産も持ち、完璧な状態でした。

 

そして挨拶も良い感じのまま、皆で夕飯を食べていた時です。

 

彼女の父が突然、彼に聞いたのです。

 

父親:「それで、2人はいつ結婚するの?結婚式は?まさか結婚しないなんてことはあり得ないよね?」

 

彼:「そうですね…。半年後くらいにします」

 

沈黙が数秒続いたあと、彼はこう答えました。

 

その時の彼女の驚きは相当だったようです。

 

今まで彼から結婚の話は一度も出たことがなかったのですから、当然ですよね。

 

そして「お父さん、ナイス!」と心の中でガッツポーズ。

 

本当は、彼女の「大きいキッチンを使いたい」という彼への提案は、裏で「結婚したい」ことを匂わせていたようですが、彼は同棲という提案をしてしまったのでした。

 

彼女は「同棲をしてしまうと、このままずっと結婚のタイミングが遠のくのではないか?」という不安があったのと同時に、結婚の言葉が出ない彼に「実は結婚願望がないのでは?」と、自分から結婚の話題を話すのが怖かったのです。

 

「挨拶に行くまで、結婚はまだまだ先だと本当に思っていた。だけれど彼女の両親に会って、きちんとしないといけないと感じた」というのが彼の気持ちでした。

 

2人は、続けて男性側の親にも挨拶に行った後に同棲を始め、その半年後には本当に結婚式を挙げて籍を入れました。

その後2人の子供が産まれ、今は4人で仲良く暮らしています。

 

同棲前に親に挨拶に行くメリットとは?

恋人の親に挨拶に行くとなると、「緊張する」「面倒だ」と考える人も多いと思います。

 

しかし、親に挨拶に行くことのメリットもあるのです。そのメリットを3つ紹介します。

 

① 2人の仲が深まる

 

「親への挨拶」というイベントを2人でこなすわけです。

 

そしてお互いの親に会うことで、「家族」を意識することになります。

 

これらは2人の今後について考えるきっかけになると共に、2人の絆も深まることでしょう。

 

② 親が安心する(恋人に対して好印象を持つ)

 

親元を離れて住んでいる子が、どのような人とお付き合いをしているのか知ることは、親の安心につながります。

 

同棲前にきちんと挨拶に行ったのであれば、反対されようとも、その誠実さは伝わるはずです。

 

特に将来結婚すると同じ家族になるのですから、良い印象を与えておくに越したことはありません。

 

③ 親に隠れてコソコソする必要がなくなる

 

例えば彼女の親が泊まりに来るときに、「彼のものを全て片付け、彼は友人の家に泊まりに行く…」なんてみっともないですよね。

 

後から同棲していることが分かった場合、親からの印象が悪くなることは容易に想像できます。

 

親に対しては、「気づいていない」と思うことでも、実は「気づいていて言わないだけ」ということもよくあるのです。

 

逆にいうと、挨拶をしないということはそれだけ「デメリットがある」ということです。

 

「もう大人だし自由に…」ではなく、いい歳をした大人だからこそ「人様の大切な息子・娘である」ことを理解し、誠実な対応をしていきましょう。

 

それは今後のあなたにも、必ずプラスに働くはずです。

 

まとめ

 

同棲についての親への挨拶は、結婚の挨拶と同じような感覚で臨んで下さい。

 

そして、同棲をした先の将来のことについても答えられるように準備をしておきましょう。

彼氏の実家に初めて行くときに心がけたいことって?

彼女の家に行くときに注意したい6つのこと

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link

-同棲

執筆者:

関連記事

付き合ってすぐに同棲すると、どうなる?

「付き合ってから、すぐに同棲するのは、どう思いますか?付き合ってから同棲するまでの期間は、どれ位が良いですか?」と、疑問のあなた。   もしあなたが、彼氏(彼女)と結婚を考えているなら、同棲 …

同棲の家事を彼氏がしない時、どうすれよい?

「同棲している彼氏が家事をしない・・・」と、悩むあなた。   ここでは、〝同棲の彼氏に家事でお願いすべき3つのこと〟と、〝家事の事でイライラした時は、どうすれば良い?〟をお届けします。 Sp …

同棲の引越し費用って、どれ位?【体験談】

「同棲をしたいけど引越し費用は、どれ位かかるのだろう?」と、疑問のあなた。   同棲するための引越し費用は、数万円かかります。   同棲する場所への移動距離や、荷物の量によって引越 …

同棲してる彼氏に浮気されたら、どうしたら良い?

「同棲中の彼氏に浮気をされた。どうすれば良いの?」と、悩むあなた。   浮気をされるのは、とても辛くショックですよね。   彼氏との関係をどうすべきか?は、あなたが「浮気をした彼氏 …