メンヘラな彼氏と上手に付き合う7つの方法【体験談】

「メンヘラ彼氏との付き合い方ってありますか?どうしたらうまく付き合っていけるのでしょうか?」という、あなた。

 

メンヘラの彼氏と、うまく付き合っていくための方法は7つあります。

① 不安にさせない

② 大袈裟でわかりやすい愛情表現をする

③ 彼氏を否定しない

④ 冷静でいる

⑤ 連絡は質より量を心がける

⑥ メンヘラ彼氏との付き合に悩んだら自分の気持ちと向き合う

⑦ 別れを選んだ方がよい場合も

 

メンヘラな彼氏と付き合うには、さまざまな面での配慮が必要です。

 

惜しみない愛情を彼氏に注ぐことで、メンヘラ彼氏は言葉では何を言おうがあなたから離れられなくなるでしょう。

 

しかし、別れた方がよい場合もあるので、つらくなった場合は二人の関係を客観的に見つめ直すことが必要です

 

ここでは、実際にメンヘラの彼氏と付き合った経験がある私(森伊リリー:女)の体験などから解説します。

Sponsered Link

彼氏を不安にさせない

メンヘラの彼氏のことは絶対に不安にさせないようにしましょう。

 

もしあなたが、しばらく彼氏をかまえない時間が増えてしまい彼氏を不安にさせてしまうと、彼は「自分に関心を寄せてくれる他の人」を探して浮気をしたり、自傷行為をはじめとした問題を起こしたりしてあなたからの関心を惹こうとするでしょう。

 

また、メンヘラな彼氏が「彼女を束縛したい」、「彼女の自分に対する愛情を確認せずにはいられない」という気持ちの場合は、不安にさせるともっと束縛することがあります。

 

ですので、メールやラインはこまめに、いつでもあなたから連絡をするようにしましょう。

 

また、彼氏の前で他の男性の話はしてはいけません。

 

どのような話でも、彼氏にとっては「ほかの男性のことを考えている」と受け取ってしまいます。

 

「自分への愛情がなくなった」、と極端に考えてしまうのもメンヘラ男性にはよくあることです。

 

そう思わせないためにも、他の男性の話はしないこと。

 

できるだけ飲み会などにも参加しない方がよいでしょう。

 

大袈裟でわかりやすい愛情表現をする

メンヘラの彼氏に対して「好きな気持ちは言わなくても伝わる」という考えは通用しません。

 

わざとらしくてもいいので、毎日何度も愛の言葉を口にしましょう。

 

メンヘラの彼氏の問題行動の多くは、彼女からの自分への興味や関心を確かめたくて起こしています。

 

そんな彼が確認することも疑うこともないほどの愛情表現をして、彼を安心させましょう。

 

また、メンヘラの彼は「彼女から愛されている」という自信を持てないため、卑屈になったり、束縛したりしてしまうことがあります。

 

彼氏が自信をなくしているようなときには、褒めて、なぐさめ、抱きしめてあげましょう。

 

褒めことが人を変える可能性について、心理学の本には次のように書かれています。

相手の長所について指摘すればするほど、その長所は伸びる。相手の長所を認め、それに言及することによって、あなたは相手のその長所を意識させることができる。ほめることは大変効果的で、ほめられた相手はますます長所を伸ばそうとする。

あなたから資質を認められた相手は、「自分にも長所がある」と確信し、あなたに好意を抱く。人は誰でも自分のことをよく思いたがるから、「あなたには優れた資質がある」と言われれば、それを本気で否定しようとする人はまずいない。

以上のふたつによって、他人を変えることはできる。

『心の持ち方 完全版』より引用 ジェリー・ミンチントン著 ディスカヴァー携書

彼氏の魅力を言葉にして、「そういうところが大好きよ」と言ってあげてください。

 

少しずつ「自分は人から愛されている」という自信がつけば、精神的にも強くなっていでしょう。

 

彼氏を否定しない

メンヘラの彼氏は自分を受け入れて無条件に肯定してくれる相手を探しています。

 

ですので、あなたが彼の問題行動に対して否定してしまったり、感情を理解せずに機械的に対応してしまったりすると、たちまち彼は疎外感を感じて暴走してしまいます。

 

ですので、彼氏の行動や言動をできるだけ否定しないことです。

 

メンヘラ彼氏は精神的に弱く、自分に自信を持てないため、否定されればもっと自信をなくし、卑屈になってしまうでしょう。

 

正論を言っても、ケンカになるだけです。

 

間違っていると思っても、頭ごなしにそれを指摘しないこと。

 

なぜそう思うのか、なぜそんなことを言うのか、彼氏の気持ちに寄り添ってあげましょう。

 

ただし、メンヘラであることを自覚してもらうことも必要です。

 

自覚をすれば、自らメンヘラな自分と向き合い改善していくこともできるでしょう。

 

冷静でいる

メンヘラの彼氏が過剰に怒ったり、自傷行為に及んだりしていても、あくまであなたは冷静でいなくてはなりません。

 

これは上記の項目とは違い、あなたを守るために大切なことです。

 

メンヘラの彼氏の感情や情緒の波はジェットコースターのように急下降と急上昇を繰り返します。

 

それにあなたが深入りしすぎると、あなたの仕事中にも問題を起こしてくるなどして、社会生活に大きな支障を与えてしまいます。

*関連記事:怒る彼氏の心理って?どう対応したらよい?【体験談】

 

連絡は質より量を心がける

メンヘラの彼氏への禁止事項は連絡を減らすことです。

 

あなたからの連絡がない間、彼は「あなた(彼女)が僕(彼氏)を嫌いになってしまったのでは」「他の男性とあっているのでは」などと考えて暴走してしまいます。

 

とはいえ、あなたも忙しく彼にかまいきれないこともあるでしょう。

 

そんなときは話題を探して意味のある会話をするのではなく、とりあえず内容は気にせずにline等で数多くの連絡をしましょう。

Sponsered Link

メンヘラ彼氏との付き合いに悩んだら自分の気持ちと向き合う

メンヘラの彼氏との付き合に悩んでしまったら、まずは、あなたが本当に彼氏のことが好きなのかを認識しましょう。

 

メンヘラな彼氏は自己中心的だったり、嫉妬深かったり、情緒不安定だったりします。

 

自分が弱いことで、あなたを傷つけてしまうような言動もあるでしょう。

 

「それでも彼氏のことが好き、付き合っていきたい」と思うなら、メンヘラの彼氏の気持ちを理解し、彼氏の気持ちになって接していく必要があります。

 

自分のことを理解してくれるあなたを、彼氏はもっと好きになり、手放したくないと思うでしょう。

 

別れを選んだ方がよい場合も

メンヘラな彼と別れを選んだ方がよいケースもあります。

 

誰にでも精神的に弱い部分があり、時には恋人を傷つけてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、過剰になった場合は、注意が必要です。

 

彼の暴言が多い、暴力をふるうなどの行為があれば、すぐに別れを考えましょう。

 

すでに彼氏は自分をコントロールできなくなっている状態です。

 

行動がエスカレートすれば危険です。

 

暴力は振るわなくても言葉の暴力は精神的ダメージが大きいものです。

 

あなたが負担になり、心が病んでしまう前にきっぱり別れを決めましょう。

 

別れを決めたら、はっきり別れを告げることです。

 

少しでも復縁を期待させるような言い方はしてはいけません。

 

万が一でも、彼氏が逆上して暴言を吐いたり、泣いてすがったりしないよう、別れ話は人の目がある場所でした方がよいかもしれません。

 

もしくは、二人きりにならず、誰かに付き添ってもらいましょう。

 

別れた後は、連絡を一切取らないこと。

 

二人の関係は終わったことを、彼氏に認識してもらうことが必要です。

 

メンヘラの彼氏と付き合った女性の体験談

私(森伊リリー:女)もメンヘラの彼氏と付き合った経験があります。

 

私のお付き合いしていた人は自傷行為などはないものの、幼少期に家庭でのトラウマがある人で何度もその話を聞かされました。

 

少し放っておくと大量の着信とスクロールが必要な長文、さらに最後には別れるという旨の連絡が何度もありました。

 

また浮気もひどかったのですが、私も含め誰に対しても本当の愛情を注げない人でした。

 

ひどい束縛もありS N Sは全て消去され「他の男と目を合わせるな」とも言われていました。

 

全ては自分に対する愛情を確かめたいがゆえの行動から来ていたものです。

 

別れ話をする際には「かわいそうな自分」を全面的に演出し号泣されて大変だったのですが、すぐにあっさりと次の彼女を作っていたのをみると常に自分に関心を抱いてくれるキープを抱えていただろうな、と思います。

 

まとめ

 

メンヘラの彼氏とこれからも仲良く付き合っていくためには、とにかく彼氏に不安を感じさせないようにしましょう。

 

具体的には 彼氏からあなたへの愛情よりも、あなたから彼氏への愛情表現が多いということが彼に伝わるとより良いです。

 

そして、彼氏の気持ちの寄り添うことが大切です。

 

彼氏への愛情をたっぷり注ぎ、彼氏に自信をつけさせてあげてください。

 

ただし、彼氏が自分のメンヘラを自覚し改善するどころか、メンヘラが悪化した場合は要注意です。

 

あなたが疲れてヘトヘトになる前に、二人の関係を考えた方がよいでしょう。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link