彼女を好きじゃなくなる時の男性の態度って?【体験談】

「男性が彼女を好きじゃなくなる時、どんな態度するのでしょうか?」と、疑問のあなた。

 

男性が彼女を好きじゃなくなるときの態度は3つあります。

① 何かに誘っても態度が曖昧

② 自分から、ほとんど連絡しなくなる

③ 約束をして遊びに誘うことが減る

 

その理由は、〝小さな不満の積み重ね〟から自分から彼女を求める気持ちや、「彼女を大事にしよう」という思いがなくなるからです。

 

または、〝他の女性の存在〟や、〝なんとなく付き合い始めたこと〟も考えられます。

 

実際に私(d.r:男)も、彼女を好きじゃなくなった時、上記のような態度を取ったことがあります。

Sponsered Link

何かに誘っても態度が曖昧

彼女を好きじゃなくなった男性は、遊びに誘われても態度が曖昧です。

 

例えばデートに誘っても「そうだね。そのうち行けたらいいね」などと言って具体的に動こうとしません。

 

曖昧な態度でのらりくらりとかわし、できるだけ予定を入れないようにします。

 

もしあなたが彼氏とやりたいことが沢山あるのに、「彼氏がぜんぜん応えてくれない」ということがあるなら要注意です。

 

好きの気持ちやモチベーションが下がっているのは明らかです。

関連記事:彼氏に好かれてない。どうしたらいい?【体験談】

 

自分から、ほとんど連絡しなくなる

もし、「今まで彼氏の方から連絡することが多かったのに、最近は全然連絡してくれない」なら、それは好きじゃないサインかもしれません。

 

彼氏に「彼女と遊びたい」とか、「話したい」という欲がなくなっているので、「許されるならずっと放っておこう」という気持ちになっています。

 

実際に私(d.r:男)も彼女への気持ちが薄れたとき、わざと返信を遅らせたり、LINEのやり取りが途切れても数日放置したりしていました。

 

極力やり取りしないでいいようにして、自分が好きなことを優先させたんです。

 

つまり、自分の中で彼女の優先順位が落ちていました。

 

約束をして遊びに誘うことが減る

男性は好きな子への扱いは丁寧で、きちんと約束をして遊びに誘います。

 

対して遊びの関係や、好きじゃなくなった子への扱いは雑で、その日いきなり遊びに誘うことが増えることもあります。

 

例えば、あなたも彼氏に予定を組んだデートに誘われることが減り、いきなり呼び出されることばかりになってはいませんか?

 

彼氏があなたの都合よりも自分の気持ちばかり優先させているなら、都合のいい扱いをされている可能性が高いです。

関連記事:大事にしてくれない彼氏と別れる方法とは?

 

好きじゃないサインのある彼氏とは話し合う

彼氏が好きじゃないサインを出しているなら、早めにきちんと話し合ってください。

 

そしてあなたの気持ちを伝えて、彼の気持ちも確認してください。

 

真剣に話し合えば、気持ちが戻ってくれる可能性があります。

 

手遅れになってからじゃ遅いです。

 

実際に私(d.r:男)も彼女を好きじゃなくなった経験があります。

 

彼女はかわいくて素敵な子だったのですが、

・ 忙しくてなかなか会ってくれない

・ わがままが多くていつも自分が喋ってばかり

・ こっちがいろいろ言っても面倒臭そうにする

・ 本当に好かれているかよくわからない

といったことが重なり、「かわいいから別れたくはないけど、なんかつまらないなあ」と思うようになったんです。

 

自分から彼女に連絡することが減り、向こうからLINEがあったら相手するという日々が続きました。

 

彼女と話すよりもネット友達の女の子とやり取りする方が楽しく、どんどんネットにのめり込んでいき、彼女との時間はさらに減りました。

 

そんな日が続いたある日、彼女が不安そうに電話してきて「もう好きじゃなくなったの?もっと話したいよ」と言ってきました。

 

半泣きで電話する彼女の声を聞き、彼女が自分をすごく好きでいてくれていることがわかったので、私(d.r:男)の場合は気持ちが戻りました。

 

でも、彼女が電話して来ないまま他の女性といい感じになれたら、正直そのまま別れていたと思います。

Sponsered Link

好きじゃなくなる理由①:「小さな不満の積み重ね」

彼氏が彼女のことを「好きじゃなくなる」理由の一つに、日々のお互いの小さな不満の積み重ねが、ある日をキッカケに「無理だ。好きじゃなくなった」と爆発することもあります。

 

例えば、二人が会う頻度が多いと「小さなこと」と受け流すことができるものです。

 

ただ、忙しく会わない日が続くと「あの時も・・・」「前回のデートでも」と、過去のことを思い出してしまうこともあります。

 

彼氏の中で小さな不満が積み重なり、悶々としていたのでしょう。

 

小さな積み重ねが受け流すことができなくなり、ストレスになる時に、「もう。彼女を好きじゃない。小さなことを思い出してイライラするなら別れる」と判断するのです。

 

もし彼氏の性格が、日頃から不満があればクチに出しているような性格なら、突然、「好きじゃなくなる」という結末は防げていたのかもしれません。

 

しかし、普段、温厚で思った事を言わない男性だからこそ、悶々としていた不満が爆発してしまうこともあるのです。

 

好きじゃなくなる理由②:「他の女性の存在」

男性が彼女以外の別の女性を見つけてしまったとき、「今の彼女は好きじゃなくなった」と言う男性もいます。

 

それは彼女への愛情が別の女性に移動してしまったことが理由です。

 

好きじゃなくなる理由③:「なんとなく付き合い始めた」

彼氏が「好きじゃなくなったから別れたい」と言う理由は、「なんとなく付き合い始めた」ことが原因のケースもあります。

 

つまり、最初から好きも嫌いもなく付き合っているので、彼が別れたくなれば「好きじゃなくなった」と言う可能性です。

 

きっと、あなたの気持ちは「何かが不満で好きじゃなくなったなら、二人で解決していけばいいのでは?それが付き合っていくというコトではないの?」と思うかもしれません。

 

しかし恋愛経験が少ない若い男性だと、そこまで考えられないのです。

 

その理由は、精神年齢が高い女性と精神年齢が幼い男性とのギャップも原因にあるからです。

 

突然、「好きじゃなくなった」と露骨に言う男性は、言った言葉の意味を深く考えていないことも多いのです。

 

彼女が「好きじゃなくなった」と言われたことで落ち込むことや、感情的なことを考えることなく自分の気持ちだけをぶつけます。

 

「好きじゃなくなったら別れたらいい。終りにすればいい」と考えています。

 

もし、彼氏がある程度の大人で恋愛経験があったり、本当に彼女を好きなら、好きじゃなくなる前に解決することを考えたり、彼女に伝えるものです。

 

ですので、「好きじゃなくなった」と言う彼氏は、月日が過ぎれば「やっぱり好きかも?」と思うこともあり、復縁の可能性もあります。

 

ただ、それが「本当の好きか?それとも気分的なものか?」それは、あなた自身が判断しないといけません。

 

そうしないと、自分勝手な男性に振り回されてしまいます。

 

「好きじゃなくなった」と言われた女性の体験談

私(女:S)も彼氏に、突然、一方的に振られたことがあります。

 

付き合ってから半年間は本当に仲良くて、「こんなに性格が合うような人はいないのでは?」と思うほどでした。

 

ですが、私が好きになればなるほど彼氏は冷めて行くようで、付き合い始めた時のテンションの高さじゃなくなりました。

 

私は、「冷めて行く彼氏の心をつなぎとめたい」と思って一生懸命になっていました。

 

付き合って半年が過ぎた頃に、彼氏から「ごめん。もう好きじゃなくなったかもしれない。別れよう」と言われてしまいました。

 

私は好きじゃなくなった理由を聞きました。

 

彼氏は「うーん・・・重い。なんか冷めてきた」と言いました。

 

彼氏は私と付き合う前も別の彼女がいて、女性がいないことで悩んだことがあまりないタイプです。

 

彼氏にとっては、付き合うことは友達の延長のようで軽いものだったのです。

 

まとめ

 

男性が彼女を好きじゃなくなったら、態度が曖昧になり自分から連絡しなくなります。

 

また、仮に連絡しても、急な呼び出しばかりで丁寧な扱いをしてくれません。

 

早めに話し合って不満を解消しないと、別れに繋がってしまうと思っておきましょう。

 

また、男性が好きじゃなくなる理由は、彼氏が「なんとなく彼女と付き合い始めた」場合や、つもり積もった不満が爆発して「好きじゃなくなった」という言葉に表れるケースがあります。

 

もしくは、なんとなく好奇心から付き合い始めていたり、彼氏の性格によっては、付き合いの不満を積もらせてしまう男性もいます。

*関連記事:男の気持ちと男性心理を解説

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link