30代の付き合うキッカケと流れとは?【体験談】

「30代の男女の付き合うキッカケと流れってありますか?」と、疑問のあなた。

 

30代になると結婚も意識しますよね。

 

ですが、付き合うきっかけや流れに30代・20代などの年齢は、あまり関係ありません。

 

例えば、友達関係を続けて告白をキッカケに付き合い始める人もいますし、初めて顔を会わせたその日から付き合いが始まることもあります。

Sponsered Link

30代の付き合うキッカケと流れ

30代の付き合いが始まるキッカケは1つではありません。

 

例えば友人関係でデートを何回か重ね、「付き合ってください」と告白して付き合うカップルもいます。

 

または、ネットやアプリで知り合いメールやLINE等の会話でお互いを知り、リアルに初めて会ったその日から付き合う流れもあります。

 

30代になると、なんとなくのニュアンスでお互いの気持ちがわかります。

 

ハッキリと「好きです」とか「付き合ってください」と告白して伝えなくても、付き合い始める恋愛もあります。

 

また、30代は結婚を意識する年齢です。

 

そのため、「付き合うことに慎重になる」場合もあります。

 

お互いに悪い印象は持っていないのに、付き合うまでいかないこともあります。

*関連記事:一緒にいて〝楽しい人〟と〝好きな人〟男の気持ちって?

 

30代の付き合うキッカケと流れ①【体験談】

私(女)の場合は33歳から付き合い始めて結婚しました。

 

30代で比較的に金銭面でも余裕があり、飲み会や合コン的なパーティーにも率先して参加をしていました。

 

ですが、好きになれる人はいませんでした。

 

そんな時に出会った男性は、職場の取引先の男性で35歳の独身男性でした。

 

お互いに「日本酒が好き」なことがきっかけで、意気投合し、日本酒の美味しい飲食店に行くことになりました。

2回ほどプライベートで飲みに行くようになり、2人の距離は近づいていきました。

 

過去の恋愛を話したりして、どちらともなく好意を寄せるようになりました。

 

その後、男性から「付き合おう」と正式に言われないまま、私達はズルズルと恋人同士のように続いていました。

 

数ヶ月が過ぎてクリスマスの日に男性からプレゼントのネックレスを頂きました。

 

「リングはサイズが分からなかったからね、来年のクリスマスにするよ」と、そこで私は始めて「付き合っているんだよね?」と男性に聞きました。

 

彼は「そのつもりだったけど、違った?」と、笑顔で答えてくれました。

 

その後、私達は、付き合って2年目に結婚することになったのです。

 

30代の付き合うきっかけと流れ②【体験談】

管理人(男)と元彼女が30代同士で付き合ったキッカケと流れは次のような形です。

 

① 出会いのアプリで知り合う

② アプリ上のチャットで会話

③ LINEで会話をする

④ リアルに会って呑みに行く

⑤ お互いに顔の好みや性格が合い付き合うようになる

 

管理人(男)と元彼女はスマホの出会いのアプリで知り合いました。

 

知り合った最初の頃は、たわいも無い会話をアプリ上のチャットでしていました。

 

付き合う前の連絡頻度は一日に2、3回のアプリの中での会話です。

 

「お疲れ様 」という挨拶や、彼女の元彼の話などを聞いていました。

 

それを1週間位続け、その後にお互いのLINEの交換をしました。

 

「実際に彼女の声を聞いてみたい」と思いLINEの通話を提案しましたが、元彼女は「通話は苦手」と言われたので、文字やスタンプのみの会話です。

その後、お互いお酒が好きなことを知り、管理人が「呑みに一緒に行こう」と彼女を誘いました。

 

ここまでで、知り合ってから2週間位です。

 

管理人の住む場所の駅で待ち合わせをしましたが、正直、「彼女は本当に来るのかな?」と半信半疑でした。

 

ですが、実際に約束の時間通りに会う事ができ、とても彼女の笑顔の第一印象が良かったのです。

 

その後、一緒に居酒屋でお酒を呑み意気投合し付き合うようになりました。

 

あまりお互いに重くならずに軽い感じの告白から付き合い始めたのを覚えています。

 

正直、彼女とアプリ上で知り合った最初の頃は「付き合いたい」という気持ちは一切ありませんでした。

 

また、流れも意識していません。

 

自然に、たまたまお互いに顔がタイプで性格や趣味が合ったので付き合い始めました。

Sponsered Link

 

30代の付き合いと恋愛

30代の付き合いは駆け引きが多い恋愛かもしれません。

 

10代や20代だと自分の中に自信もあり、「当って砕けろ」と思うことも多いですよね。

 

私(女)も「付き合っているのか、そうではないのか?」白黒をつけたくなるものでした。

 

しかし、30代は「結婚」を意識せずにはいられない。

 

だからこそ慎重になりますし、もし二人が曖昧な関係でも「恋人同士だと信じたい」気持ちになります。

 

「恋人かそうではないのか?と白黒をつけることで相手の本音を聞くことが怖い」と思うのです。

 

「白黒をつけないで曖昧に付き合っている方が傷つかない」と思ってしまう。

(もっと素直に相手に聞いて付き合っていければ良いのですが・・・)

 

ただ、30代の付き合いだからできる恋の駆け引きが楽しいこともあります。

 

「付き合っている」という形の結果を求めるばかりが付き合うこととは言えないのです。

*関連記事:「付き合ってるのかな?」彼氏の気持ちを知る方法

 

まとめ

 

30代の女性は結婚を焦ってしまいがちですよね。

 

ですが、あせらずに自然体でいて下さい。

 

あせって付き合っても、良い関係になりづらいからです。

 

ただ、一番良くないのは付き合っていないのに「30代同士だ」と身構えることです。

 

もしかしたら、あなたも「30代の恋愛だから付き合うか迷う」という気持ちになることもあるかもしれません。

 

そんな時は、考えすぎずに目の前にある恋愛を始めてみることです。

付き合うか付き合わないかで迷ったら、どう考えるべき?

 

そうすることが、案外、結婚まで辿りつける付き合いの始まりかもしれないからです。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link