遠距離恋愛なのに連絡が少ない彼氏。どうしたら良い?【体験談】

「遠距離の彼氏からの連絡が少ないです。どうしたら良いのでしょうか?」と、悩むあなた。

 

遠距離恋愛中なのに、なかなか電話をくれない時は次の5つを試してみて下さい。

① 電話をくれない男性心理を把握する

② 電話がないと不安な気持ちを伝える

③ お互いに負担のない連絡手段を相談する

④ 連絡のルールを決める

⑤ 遠距離恋愛を楽しむ余裕を持つ

 

女性は彼氏からの電話がないと不安になりますが、男性はそうではない場合もあります。

 

それは彼女への愛情がなくなっているからではありません。

 

彼女としては男性心理を理解すると同時に、彼氏の愛情を信頼する強さを持つことが大切です。

Sponsered Link

電話をくれない男性心理を把握する

彼氏が電話をくれないのは、男性心理のせいかもしれません。

 

電話をしない男性心理を把握しましょう。

 

遠距離だと余計に彼氏からの連絡が少ないと不安になるものですよね。

 

不安になる理由は、彼氏の気持ちが読めずに不安になっているからです。

 

「もう、私のこと好きじゃないの?浮気でもしているの?」と疑心暗鬼になっているからです。

 

しかし、そうとばかりは限りません。

 

彼氏が電話をくれないのは、あなたに対する気持ちの問題ではないということです。

 

電話の回数が少なくても、彼氏のあなたへの愛情が少ないわけではありません。

 

むやみに不安になり、自分の気持ちにストレスを与えないようにしましょう。

 

心理学の本にも次のようなことが書かれていますので、ご紹介します。

男性は、電話を道具的コミュニケーションであり、「情報伝達のツール」であると捉える傾向にあります。そのため要件を伝え終わるとすぐに電話を切ろうとしがちなのです。

『面白いほどよくわかる!「男」がわかる心理学』より引用 齊藤 勇監修 西東社

 

電話がないと不安な気持ちを伝える

遠距離の場合、会えない分電話で声が聞けないと寂しいものですよね。

 

いくら男性心理を把握しても、彼の声が聞きたいものです。

 

その気持ちをストレートに彼に伝えましょう。

 

例えば、「遠距離なのに連絡がないと、不安だし浮気を疑ってしまう」、「もっと連絡が欲しい。声が聞けないのは寂しい」と自分の気持ちを伝えることです。

 

彼氏はあなたが寂しい思いをしていることに気づいていないかもしれません。

 

あなたに男性心理がわからないのと同様、彼氏も女性心理を把握しきれないものです。

 

彼女を寂しがらせていると知れば、彼氏の行動も変わってくるでしょう。

 

お互いに負担のない連絡手段を相談する

電話が好きではない男性もいます。

 

彼女を寂しがらせたくなくても、電話が面倒に感じる男性もいます。

 

それが負担になるのは避けたいことなので、お互いがストレスにならない連絡方法を話し合いましょう。

 

彼氏にも、あなたにとってもストレスや負担にならない連絡方法、頻度などを決めてみるのも良いでしょう。

 

彼氏と話し合って連絡のルールを決める

連絡の少ない彼氏には、二人で話し合い連絡のルールを決めることです。

 

そして、彼氏がめんどうにならない連絡の取り方を決めましょう。

 

例えば、ラインをやってる彼氏なら「毎週火曜日はLINEすること!」と、ルールを決めます。

 

または、「空いた時間にフェイスブックくらいは必ず見てね!」と伝えるのも良いですね。

 

SNSでお互いの連絡を取り合うのです。

 

最初は「めんどう」と感じる彼氏も、1ヶ月もすれば馴れるはずです。

 

今の時代、ツイッターやインスタ、フェイスブックをやっていない人は少ないですよね。

 

もし彼氏がSNSアカウントを持っているなら、あなたが更新していれば「いいね!」くらいは押せるはずです。

 

また、もしSNSが好きではない彼氏なら、アナログな手紙やハガキでの文通も良いですね。

*関連記事:  遠距離恋愛の手紙は重い?どんな内容の手紙がいい?

 

もし手紙等も受け入れない彼氏なら、「そのような男性の彼氏なのだ」と、あなたが受け入れて、彼氏を信じて我慢するのも方法の一つです。

 

遠距離恋愛を楽しむ余裕を持つ

遠距離恋愛は寂しいものです。

 

しかし、それを楽しめるくらいの余裕を持ちましょう。

 

あなたに余裕がなく、心配ばかりしていると、彼と連絡を取れたときややっと会えた時に、愚痴を言ったり、彼を責めたりしてしまうでしょう。

 

自分の気持ちをわかってほしくて、泣いてしまうかもしれません。

 

せっかくのデートで、会う時間も限られているのですから、会える時には楽しく過ごしたいものです。

 

そのためにも、あなたに心の余裕が必要です。

 

まずは、彼氏を信じましょう。

 

彼氏からの電話やメールがなくても、あなたへの愛情は変わっていないことを信じるのです。

 

彼氏と会えない時間は、次回彼氏と会える日を楽しく過ごすためのプランを考えましょう。

 

彼氏へのプレゼントとして何か手作りのものを用意するのもよいですね。

 

彼氏の喜ぶ顔を想像しながら、プレゼントなどを用意していれば不安を感じることなく、むしろワクワクしながら時間は過ぎていくでしょう。

Sponsered Link

連絡をめんどくさがる遠距離の彼氏との体験談

私(S:女)の個人的な気持ちは、遠距離恋愛の連絡の切れ目は縁の切れ目だと思っています。

 

それだけ、会えない月日は不安があるからです。

 

信用している彼氏でも、普段会えない分だけ話たいことはたくさんあります。

 

彼氏に気持ちを伝えて双方で話合ったところ、彼氏的には「電話が面倒」と感じるようでした。

 

たしかに電話は彼氏の時間を束縛してしまいますし、タイミングも気になります。

 

また、彼氏は「LINEやメールは文字を打つことが、めんどう」と言っていました。

 

「どんだけ、めんどくさがり屋なの?」と思いましたが、2人で遠距離恋愛の連絡について話たときに、私に対する愛情はある気がしたので、少し安心して心に余裕ができました。

 

「LINEの文字を打つのが面倒」と感じている彼氏に、私が考えた方法はLINEスタンプだけをお願いしました。

 

文字ではなく「おやすみ」とか「おはよう」レベルのスタンプです。

 

毎回、同じスタンプですが「私のことを考えてくれているのかな・・・」と思い、彼からの連絡を待つよりはマシになりました。

 

スタンプであれば数十秒ですし、フェイスブックの「いいね!」数秒です。

 

しかもスタンプは、種類も多くハマることもあり、楽しめることもありますよね。

 

彼氏に会えないので仕事に没頭した女性の体験談

私(Y.M:女)の場合、遠距離とまではいきませんでしたが、会社帰りに会える距離ではありませんでした。

 

平日も会いたかったですよ。

 

でも会えないので、仕事に没頭しました。

 

ただ、彼は毎日電話をしてくれたので、心配や不安はなかったですね。

 

1回に話す時間はほんの2~3分程度でした。

 

週末はどこに行く?何をする?などデートのプランを相談していると時間はアッという間に過ぎていきます。

 

お互い翌日も仕事なので、長電話は滅多にしませんでした。

 

次のデートのことを考えるとわくわくして、そのワクワクで1週間を乗り越えた感じです。

 

まとめ

 

もともと男性は女性よりも連絡不精な生き物です。

 

特にLINEやメールよりも、電話派という男性も多いのです。

 

ですので、もし、もともと連絡が少ない彼氏なら「愛情がなくなったとか、好きじゃない」という感情ではありません。

 

ですので、心配する必要はありません。

 

単純に「連絡がめんどうなだけ」のケースもあるからです。

*関連記事:遠距離恋愛の悩みに体験談からまとめて解説

 

もし彼氏の愛情を確認できたら、後は彼氏を信じ、愛されていることを信じ、自分の時間を有意義に過ごしましょう。

 

ただし、寂しい時にはその気持ちを彼氏に伝えることも大切です。

 

あなたの悩みと疑問が解決し、笑顔になれる幸せな恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link