彼氏に「好きかわからない」と言われた。どう対応したらいい?【体験談】

「『好きかわからない』と彼氏に言われました。どう対応すればいい?」という、あなた。

 

彼氏の気持ちが「好きか分からない」という、はっきりしない場合の対応方法は4つあります。

① 好きかどうかわからなくなった理由を彼氏に聞く

② 自分の行動を振り返る

③ 彼氏と距離を置く

④ 友達として付き合う

 

人の気持ちは目に見えるものではなく、本人でさえわからなくなることもあります。

 

好きかどうかわからないということは、嫌いになったわけではないということ。

 

なぜ彼氏がそのような気持ちになったのか、二人で話し合ってみましょう。

 

もし、彼氏の態度がつらいなら、距離を置いて様子を見るのも一つの方法です。

Sponsered Link

好きかどうかわからなくなった理由を彼氏に聞く

彼氏のあなたへの気持ちがわからなくなった理由を聞いてみましょう。

 

好きという感情の変化に、理由などないかもしれません。

 

しかし、何か原因があって、気持ちに変化が現れたのかもしれません。

 

例えば、「付き合ってみたけれど価値観が違い一緒にいても楽しくなくなった」、「仕事や勉強などが忙しく恋愛どころではなくなった」、「他に気になる女性ができた…」など、彼氏の本当の気持ちを聞いてみましょう。

 

二人の今後に関係することなので、じっくり彼氏の話を聞いてみることです。

 

何を言われても感情的にならず、きちんと彼氏と向き合ってみてください。

 

自分の行動を振り返る

彼氏に対する自分の行動や言動を振り返ってみましょう。

 

彼氏の気持ちが変わってしまったのは、あなたの振る舞いが原因かもしれないからです。

 

心理学の本には、次のようなことが書かれています。

スーッと気持ちが冷めていく瞬間。とても単純なのです。とても簡単に愛という気持ちは冷めていくのです。少々の嘘も、多少の見栄も、思いっきりのわがままや自分勝手も、昨日と同じ服を着ていても、そんなもので男の気持ちは冷めません。むしろ、当たり前と思う感覚が伝わった瞬間、駄目になるのかもしれません。

『「男」についての100の質問』から引用 松本一起著 株式会社三笠書房

自分は恋人なのだから、彼氏から愛情をもらうのが当然、と思っていませんか?

 

それが態度や言動に出ていることはないでしょうか?

 

彼氏からもらったプレゼントにケチをつける、ごちそうしてもらっても「ありがとう」を言わないなど、ちょっとしたことを忘れていませんか?

 

そのちょっとしたことが、二人が長く付き合うには重要だったりするものです。

 

彼氏は愚痴を聞いてもらい慰めて欲しいだけなのに上から目線で物を言うなど、彼氏の気持ちを考えていない振る舞いをしていなかったでしょうか?

 

それが積み重なれば彼氏の気持ちが冷めていくこともあるでしょう。

*関連記事:彼の気持ちが冷めた。どう対処したらいいですか?【体験談】

 

彼氏と距離を置く

彼氏との距離を置き、少しの間離れてみましょう。

 

彼氏の気持ちがあなたから離れかけている状態で距離を置くのは不安なものかもしれません。

 

しかし、そのままべったり付き合っていても、彼氏の気持ちがますます離れてしまう可能性もあります。

 

好きかどうかわからない、と言われた人と付き合っているのはつらいことです。

 

彼氏の気持ちをつなぎとめようと、すがりついてしまうかもしれません。

 

すがりつけば、相手は逃げたくなるものです。

 

泣いたり、責めたり、彼氏を困らせるようなことをたくさんしてしまう可能性もあります。

 

失ってみてわかることもあるように、距離を置くことでお互い見えてくるものもあるはずです。

Sponsered Link

友達として付き合う

恋人関係を解消し、友達として付き合ってみるのも選択肢の一つです。

 

あなたの気持ちが彼氏にある以上、距離を置いたり、会話もできなくなってしまったりするのはつらいことでしょう。

 

それなら、恋人ではなく友達として付き合ってみるのです。

 

恋人ではなくなったとき、彼氏への接し方も変わるでしょう。

 

異性としての目線ではなく、人としての目線でお互いを見てみることです。

 

その結果、やっぱり一緒にいたい、と思えば復縁すればよいのです。

*関連記事:恋人から友達に戻ることはできますか?【体験談】

 

「好きかわからない」と言う彼の心理って?

「好きかわからない」と言う彼氏の心理は、「彼女をキライなわけではないけれど、どうしたものか」という気持ちで、少し疲れている心理状態かもしれません。

 

ですので、今は彼にあなたの要望などを言わず、少しの期間(彼から連絡があるまで)そっとしてあげてみて下さい。

 

そして、〝彼の気持ちを理解すること〟に努めてください。

 

そうすることで、「仲良い二人に戻れる」こともあります。

 

例えば、現在、あなたの彼氏は仕事が忙しく、ほぼ休めていない状態だとします。

 

家に帰るのは寝るだけです。

 

そんな時、あなたからの要望が多いと、彼があなたとの付き合うことに疲れてしまう場合もあります。

(例えば管理人(男)も、彼女に「好きかわからない」と言う時は、そんな気持ちになります)

 

忙しい彼の気持ちは、「彼女の要望に今は答えたくても答えられないので、現在を理解して欲しい。俺ばかりにならずに、彼女にも他の何かをやって欲しい」と思っているかもしれません。

 

そんな時、もし彼女が「もっとかまって欲しい。もっとデートしてお出かけしたい。もっとLINEしたり、『好き』と言って欲しい」などの要望ばかりになってしまっていると、彼は心の逃げ場がなくなります。

 

ですので、彼は「今は、それどころじゃないんだよ・・・」と言う気持ちになり、彼女の存在が負担になってしまい、彼女への気持ちは無くなっていきます。

 

その心理状態が、「好きかどうか気持ちがわからない」という言葉につながっている可能性もあります。

 

彼は、「彼女はオレの今の状態や気持ちを考えてくれてないな。この先、付き合っていけるのかな?別れたほうがいいかもしれない」と思ってしまいます。

 

しかし、あなたが彼ばかりになってしまう気持ちもわかります。

 

例えば、彼からの連絡がなく、かまってくれなかったりすると「私たち付き合ってるんだよね?」という不安な気持ちになりますよね。

彼女として、もっと愛情が欲しくなりますし「彼氏彼女なんだから!」という思いになるはずです。

 

ただ、それは彼女だけの気持ちで、「今の彼の状態を理解できてない」可能性があります。

 

ですので、そんな時は「今、あなたは忙しいのだし私のことはかまわないでもいいから、身体に気おつけて過ごしてね」と、一言あなたが言うだけでも彼の気持ちは違います。

 

そのように彼女に言われた彼は、「自分を理解してくれてる良い彼女だな。今は本当に申し訳ないけど、時間ができたら彼女の気持ちに答えなきゃならん」と、彼女への好きな気持ちや愛情が増えるかもしれません。

 

もちろん、彼がどんなに忙しくても彼女にLINEをしたり、「今は忙しいから、デートなどの要望には答えられない。ごめん。あと一ヶ月位は我慢して欲しい」と、彼女に伝えて理解を求めることも必要ですね。

 

彼氏に「好きかわからない」と言われた女性の体験談

私(Y.M:女)も20代の頃付き合っていた彼氏から、「君のことが好きかどうかわからなくなった」と言われたことがあります。

 

さらに、「君は本当に僕のことが好きなの?」と言われました。

 

私は彼に恋をしていました。

 

しかし、彼氏の前では本来の自分の姿になれず、会話もできないほど。

 

楽しく笑うこともできなかったと思います。

 

それなのに、他の男性とは楽しそうにしているのを、彼氏は何度も見ていました。

 

意識していない異性とは普通に接することができるだけなのですが、お互い若かったこともあり相手の気持ちを察することはできませんでした。

 

不慣れな恋愛で、素直に自分の気持ちを伝えることができず、彼氏に誤解を与えてしまっていたのです。

 

不安を抱えた彼氏は、もう恋人ではいたくないと思ったようです。

 

まとめ

 

人の気持ちをコントロールすることはできません。

 

好きという感情が失われていく理由は、誰のせいでもないこともあれば、どこかに原因がある場合もあります。

 

原因があるのなら、それを解消すればよいのです。

 

「好きかわからない」というのは、気持ちがすっかり冷めてしまったのではないということ。

 

また、『好きかどうかわからない』という彼の言葉は、彼氏自身の「今の俺の立場と気持ちを理解できていますか?」という、メッセージかもしれません。

 

あなたと彼が、どのような状況か詳細はわかりません。

 

ですが、彼が「好きかどうかわからない」と言ってくれる彼なら、あなた次第で〝元の二人に戻る可能性はあるのでは?〟と、管理人は感じます。

 

もし、彼にあなたを思う気持ちが「全く無い」なら、そんなコトバも言わないまま離れる男性もいるからです。

 

彼氏の気持ちがすっかり冷める前に話し合いをして、お互いの関係性や自分の振る舞いを見直してみましょう。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、好きな彼氏と仲直りできますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link