彼氏が結婚したがる。どうしたら良い?3つの選択肢

「彼氏が結婚したがる。どうしたら良いの?」と、戸惑うあなた。

 

もし、あなたが「彼氏を嫌いではなく〝別れる〟という気持ちはない」場合、次の3つの選択肢があります。

① 保留して彼の様子を見る

② 結婚する

③ 後に結婚する

 

結婚する年齢には、適齢期というものがあります。

 

ですが、「結婚するタイミング」は、明確な判断基準は存在しません。

 

例えば「出会ってから何年後」・「彼氏の年齢が何歳以上」という目安はありませんので、最終的には、あなたの結婚に対する考え方(結婚観)を知ることが、あなた自身にとって最良の選択をしてくれます。

Sponsered Link

保留して彼氏の様子を見る

結婚したがる彼氏に対して、「今は、少し冷静になろう」と話し保留する方法もあります。

 

もしかしら、現在の「結婚したい」と言う彼氏は、気持ちが高ぶっている可能性もあります。

 

特に、とても大好きな女性と付き合い始めたばかりのときの男性は、冷静さを欠いていることも実際にあります。

 

また、あなたより年下の若い男性は「結婚を理解していない」可能性もあります。

 

結婚という二人にとって、とても大切なことを考えるよりも、あなたと「一緒にいたい」という気持ちだけで〝結婚〟という言葉を使っている可能性もあり得ます。

関連記事:付き合ってすぐ「結婚 したい」と話す男性心理とは?体験談

 

あなたが保留して、彼の様子を見ることで「彼に本当に結婚の意志があるのかどうか?」見極め知ること事ができます。

 

例えば、もし彼に本当に結婚の意志があるなら、保留をしても、あなたに理解を示すはずです。

 

そして二人で話し合い、彼氏自身も「結婚準備のための貯蓄をする」等、具体的な行動があるはずです。

 

彼氏と結婚する

「結婚したがる彼氏と結婚する」という選択肢もあります。

 

お付き合いの年月にかかわらず、彼氏の気持ちが本気かどうかは、あなたが一番よく分かっているはずです。

 

親の反対や金銭的なトラブル等、あなたと彼氏の恋路に何か障害物はありますか?

 

もし、あなたに多少の不安や心配があるなら、「結婚」という新しいことに慣れていないだけの可能性もあります。

 

「彼との結婚に具体的な問題がない」のであれば、彼氏の勢いにあやかって流れに身を任せることも方法の一つです。

 

後に結婚する

彼が結婚したがるとき、後に結婚することもできます。

 

もし、あなたの気持ちに「いくらなんでも急すぎる」、「どうしても今は結婚に目が向けられない」などがあるなら、あなたのご両親に相談してみましょう。

 

もしかすると、彼氏は焦っているだけかもしれません。

 

「あなたを特別だと思っている」のは、愛情表現の一種です。

 

ただし、「あなたのことを誰にも取られたくない」という気持ちは、ただ単に、あなたを束縛や独占したいだけです。

 

「愛情」と「束縛と独占」は表面的な行動がかなり似ていますが、実際には別です。状況に応じて雰囲気を嗅ぎ分けましょう。

独占欲の強い彼氏。どうしたら良い?その特徴と心理とは?

 

また、恋愛は彼とあなたの問題ですが、結婚は家と家との「繋がり」でもあります。

 

彼氏に直接言ってもダメな場合は、「今すぐの結婚は、親が反対している」などと話し周囲を味方につけましょう。

 

とは言っても、彼氏の渾身のアピールをいつまでも宙ぶらりんにしておくのは非情すぎます。

 

せっかくの「結婚して安心したい、させたい」という彼氏の好意が薄れてしまっては、いざあなたの心の準備が整ったときには「時すでに破局」になりかねません。

 

そんな悲劇を招く前に、結婚のタイミングの判断基準の例をいくつか挙げます。

・ 自分の仕事タイミングに合わせてもらう

・ 「子供がいつまでに欲しいか?」を話し合って逆算する

・ 「貯金がいくら貯まったら結婚する」、と具体的な期限を決める

 

個人的には、一番最後がオススメです。

 

さりげなく時間を稼ぎつつ、「そろそろ結婚するか」と腹をくくった時に、ちゃっかりまとまったお金が手元に揃っているからです。

Sponsered Link

 

結婚したがる彼氏にプロポーズされた体験談

私(女)も、あなたと同じように結婚したがる彼氏と付き合った事があります。

 

7歳年上の彼氏と付き合ってから1年ほど経ったある日、お休みの日に車で出掛けていた日のことです。

 

ドライブの帰り道に突然連れて行かれたのは、なんと近所の市役所だったのです。

 

スタスタと入口を通り過ぎてしまったので慌ててついて行き、受付台でボールペンを走らせる彼氏の背中を、私は不思議そうに見ていました。

 

すると彼氏は、婚姻届に自分の名前の欄だけ記入し、キョトンとする私の顔に突きつけ一言、「これくらい本気だから」と言いました。

 

謎のシチュエーションにトキメキながらも、当時19歳だった私は「ひとまず落ち着こう」と正式な手続きはせず、家まで送ってもらいました。

 

今思えば、〝若気の至り〟というワケの分からないものを、この場で発揮していなくて、本当に良かったと思います。

 

まとめ

 

結婚したがっている彼は、仕事関係の事情や、親からのプレッシャーなどの理由があるのかもしれません。

 

そんな時は、きちんと2人で結婚のタイミングを話し合ってください。

 

物理的にも精神的にも余裕がない彼氏との結婚は、正直リスキーです。

 

あなたの結婚したいタイミングを尊重してくれる、理解ある男性と一緒になりましょう。

 

ノリと勢いと雰囲気に任せて結婚すると、自分のバランスが崩れ、他人のバランスも乱し、物事の順番が狂い始めることになります。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link