長く付き合うコツとは?

「長く付き合うコツって、ありますか?」と、疑問のあなた。

 

大好きな彼氏(彼女)とは、できるだけ長く付き合いたいですよね。

 

長く付き合うためのコツは4つあります。

① 恋人を愛しすぎない。期待しない

② 感じた事を恋人に話して理解し合う

③ 恋人を気遣い恋人にとっての癒しの存在になる

④ 長く付き合うために二人共通のビジョン(目標)をもつ

Sponsered Link

恋人を愛しすぎない。期待しない

長く付き合うコツは恋人を愛しすぎないこと。期待しないことです。

 

実際に、管理人(男)が、20年以上も長く彼(ご主人)と一緒にいる女性に話を聞いたところ、「長く付き合い一緒にいるためには相手に期待しないこと」と話してくれました。

 

例えば彼氏を愛しすぎたり期待してしまうと、求めることが多くなってしまい、それが彼氏にとっての重荷になりがちです。

 

もしあなたが、「なぜ、こんなに愛しているのに彼氏は答えてくれないの?」という気持ちになってしまうと、長く付き合うのが困難なってしまいます。

 

例えば、休日にデートの約束をしていて、彼氏の仕事の都合でキャンセルをされることもあります。

 

そんな時に彼氏を許すことができず、「仕事と私のどっちが大事なの?」と言ってしまったりすると、彼氏に嫌われてしまうこともあります。

 

もし嫌われなくても、彼氏が重荷に感じ、あなたから〝離れる〟ことを考えてしまいます。

 

恋は盲目と言われますが、長く付き合うために彼氏を愛しすぎない期待しないように注意しましょう。

 

恋人に感じたことを話して理解し合う

長く付き合うコツは、お互いに感じた事を話して会話をするようにすることです。

 

あなたが思ったこと感じたことは、彼氏に話すようにしてください。

 

そうすることで、お互いに理解しあえます。

 

二人にとってのピンチも乗り越えやすくなります。

 

「恋人同士だから伝わるでしょ?そんなこと分かってよ?」と考えては、よくありません。

 

恋人を気遣い癒しの存在になる

長く付き合うためには、あなたが彼氏(彼女)を気遣うことです。

 

また、彼氏が疲れているときは〝癒しの存在になる〟ことも大切です。

 

「男性は女性に何を求めるのか?」というと、母性なことが多いです。

 

仕事で疲れストレスもある男性が多い現在。

 

そんな時、癒してくれる彼女の存在は男性にとって最高の幸せであり女神のような存在です。

彼氏のためにできることって?彼氏が喜ぶ8つのこと

癒したい彼女へのプレゼントは何がいい?癒された体験談

 

二人共通のビジョン(目標)をもつ

長く付き合うコツは、二人の共通のビジョン(目標)を持つことです。

 

例えば「3年後に結婚して、その後はお爺さんお婆さんになるまで仲良く一緒にいること」などです。

 

二人の共通の目標があると、二人の関係がピンチの時に乗り越えやすくなります。

 

ケンカをしてしまったり、二人が忙しくて会えない時も、二人の目標があるから踏ん張ることができて長く付き合う事ができます。

 

実際に、4年半以上付き合った管理人(男)も、遠距離恋愛の彼女と共通の目標がありました。

 

もしその二人の目標が無かったら、二人の関係を諦めてしまっていたかもしれません。

Sponsered Link

 

長く付き合うカップルの特徴とは?

長く付き合うカップル特徴は、必要以上にイチャイチャしません。

 

周りが見えてない電車のカップルをよく見かけますが、周りが見えていないカップルは、相手のことも見ていないのです。

 

相手が見えていないのは〝熱しやすくて冷めやすいカップル〟で、長く続かないカップルの特徴かもしれません。

 

長く付き合うカップルの特徴は、しっかり相手を見て、お互いに理解しあっています。

 

そして、自分がされたら不快な気分になることを彼氏にしません。

 

例えば、もしあなたが仕事でツライとき、彼氏から「愚痴とか話さないでくれる?」と冷たく言われたら、悲しい気持ちになりますよね。

 

体調がツライときに「デートするって約束したでしょ?」と優しい言葉ヒトツないと、一緒にいることがイヤになってきますよね。

 

全て「もし自分だったら?」と、逆の立場で考えてみてください。

 

思わず愚痴を話したときに「なるほどね・・それは腹立つよね」と共感されたら、嬉しいはずです。

 

体調がツライときに「大丈夫?ゆっくり今日は何も考えずに寝てね」と言われたら、一緒にずっといたい相手になります。

 

それは当たり前のことのようですが、実は当たり前ではありません。

 

付き合い始めて、お互いになれてくると〝自分の欲が先に出てしまいがちになる〟からです。

 

それでは恋人関係が長く続きません。

 

長く続くカップルの特徴は、お互いの立場や気持ちを考えて理解しあえる尊重しあえるカップルです。

 

長く付き合ってきたコツと体験談

私(女)は3年付き合って結婚し、それから5年が過ぎました。

 

合計で8年一緒にいます。

 

付き合っている時から、お互いたくさんケンカをして言いたいことを言い合いました。

 

もちろん「別れる!」と、感情的になったことは多々あります。

 

それでも長く付き合ってきたのは、やはり、サヨナラしたくない、失いたくない男性だからです。

 

どんなにケンカしても、数日で彼氏のことが気になりました。

 

「このまま、連絡しないまま別れることになるのかな?本当にそれで良いの?」と思い、「それはイヤだ」と思うのです。

 

そして「自分も反省するべきことがある」と考えた時は、素直に謝ります。

 

結婚してからも、2人で話す時間は他の夫婦よりも長いかもしれません。

 

旦那さんが仕事で遅くなっても、必ず寝ないで起きて、旦那さんの愚痴や話を聞いています。

 

週1回は外食をして、外で会話することで、新鮮な恋人同士のような関係に戻れます

 

2人で一緒に部屋にいる時も、テレビを消して音楽をかけるだけでも、チョットした特別な気持ちになれるものです。

 

長く付き合うコツは、二人の新鮮さを失わないための日常のチョットした努力なんだと思います。

 

長く付き合うと結婚が遅くなる?

長く付き合うことは良いことですが、少し問題もあります。

 

長く付き合いすぎると、お互いが空気のような存在になり結婚が遅くなるケースがあります。

 

「結婚しなくても今の関係が一番いいかも?」と思ってしまうのです。

 

長く付き合うと言っても、結婚せずに10年以上付き合うのは長すぎるかもしれません。

 

やはり長く付き合うラインは、5年程度で抑えておきたいものです。

 

その後、結婚することにより、もっと長く本当の意味で付き合うことができるのです。

 

あなたの疑問と悩みが解決し、笑顔になれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link