失恋を思い出す。どうしたらいい?【体験談】

「失恋を思い出すのが辛すぎる・・・忘れたい」という、あなた。

 

私自身(女)も失恋の経験があります。辛くて何も手につかないし、夜も眠れないこともありますよね。

 

しかし、そんな時ほど「あなたは一人では無い」ことに気づいてください。

 

失恋の辛い気持ちを紛らわすためには、信頼できる親友などに思う存分話して泣くことです。

 

そして、失恋を忘れるための方法は、まず今まで彼に割いていた時間を、あなた自身の成長のための時間にして、新しい出会いや恋をすることです。

Sponsered Link

失恋を思い出すときは泣く

あなたには、家族や友人など落ち込んでいるあなたを見て、心配してくれている人が必ずいます。

 

そんな信頼できる人に、あなたの悲しみを聞いてもらい、我慢せずに思いっきり泣いてください。

 

誰かと一緒に泣くことで、まず気分がスッキリします。

 

気持ちが落ち着いて来たら、「一人で落ち込んでいただけでは分からなかったこと」に気付くことができます。

 

例えば、自分の至らなかった点に気付いたら、反省して次の恋愛に生かせます。

 

また、「彼の方にも問題があったのかも?」と、失恋を吹っ切るきっかけになるかもしれません。

 

何より、あなたのことを思ってくれる家族や友人の存在に気付き、そんな人達に感謝することで、あなたの人生は、より豊かなものになります。

 

失恋や好きな人を忘れる方法

失恋や好きな人を忘れるためには、まず、今まで彼のために割いていた時間を、あなた自身のために使うことです。

 

趣味や仕事、勉強など、なんでも構いません。

 

彼のことを思い出す暇が無くなるくらい、真剣に何かに打ち込みましょう。

 

最初は、すぐに彼のことを忘れることは出来ないかもしれません。

しかし、徐々に自分がスキルアップしていくことで、ある日ふと「毎日が充実している」と感じられるようになります。

 

そんな自分に気づいた時、あなたは以前より輝いています。

 

そして、また新しい恋を引き寄せます。

 

辛い体験を乗り越えて、成長したあなたには、より素敵な出会いが待っているものなのです。

 

その時、現在の失恋を忘れる事ができます。

Sponsered Link

 

失恋を忘れられた体験談

私(女)も、過去に辛い失恋をしたことがありました。

 

彼の気持ちが冷めてしまい、私が振られる形です。

 

「なんとか元に戻れないか」と復縁を迫ってみたものの、駄目でした。

 

辛くて辛くて、職場に行く途中の通勤電車の中でも涙が止まらない状態でした。

 

失恋の辛い気持ちを吹っ切る為に、ジムに通ったりエステに行ったりと、色々とお金もかけました。

 

しかし、何よりも私の助けとなったのは、「話を聞いてくれて、一緒に泣いてくれる親友」の存在でした。

 

親友は、私のぐちゃぐちゃな気持ちを受け止めて、冷静に慰めてくれました。

 

そうして、話を聞いてもらうことで、不思議と気持ちが落ち着きました。

 

また、我慢せずに思いっきり泣くことで、なんだか自分自身スッキリしたのです。

 

そして、失恋を乗り切ることができました。

 

数年経った今では、たまに「○○は■■君に振られて、思いっきり泣いてたよね〜」なんて、笑い話にされて、私と彼女で楽しい思い出話になっています。

 

そんな風に笑って話せるようになった今、たまに失恋を思い出しても、「吹っ切れた」と思えるのと同時に、親友に心から感謝しています。

 

まとめ

 

失恋を思い出すことは、彼と過ごした時間が素敵な時間だったからこそ、彼が居ないことで空白を感じてしまいます。

 

そんな失恋の辛さに効く薬は「時間」です。

 

時間とともに、その辛さは減っていきます。

 

失恋を忘れるまでの期間は、人それぞれです。

 

あなた自身が、一歩前に踏み出すまでの時間が、失恋を忘れさせてくれるまでの期間です。

 

あなたは今、「また新たなスタートラインに立つための準備期間にいる」とイメージして下さい。

 

一歩前に踏み出して、新しいスタートラインにたち、今の辛い時期を乗り越えることで、いつかきっと新しい出会いがあります。

 

その時に、以前よりも〝心身共に成長したあなた〟でいれるように、今は、精一杯自分自身を磨いてください。

 

そうすることで、失恋を忘れる事ができ、後に「失恋は、素敵な出会いのチャンスだったんだ。ありがとう」と思えます。

「失恋し振られた後、どうしたら良い?」を、まとめて解説

 

あなたの悩みが解決し、笑顔でハッピーになれる恋愛ができますように。幸運を祈っています。

Sponsered Link